ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(8)>太政官札発行から国債発行へ。 ( No.806 )
日時: 2016/03/11 07:50
名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

幕藩体制からの巨大な負債を背負った維新政府。その資金繰りの為に由利公正の発案で太政官札を発行したものの、信用度が低く、地方によっては使わない所もあって、徐々にインフレへの芽を醸成することになってしまった。

だが、旧幕藩の雄藩による連立政権のような維新政府、旧幕府と同じように新政府においても通貨に対する概念は、「御用金」として上からの権力によって集めることが出来るとの甘い考えがまだ残っており、しかし町方は時代転換期の混乱期に入り、町民の生活感覚から新政府が行うフアイナンスをまとには信用していなかった。

だから、出す側としては豪商たちによる献金なのか、富裕税なのか、借金なのかその性格が曖昧な御用金の集まり具合は芳しくなく、総要資金3150万両のうち当初は、384万両だけの御用金しか集まっていない。次の内戦である明治10年の西郷隆盛傘下の不平士族による反乱・対西南戦争の軍費は、大幅に政府紙幣印刷で賄わざるを得なくなっていたのである。

しかも金保有量からしても、全てを正貨で賄うことは不可能になっていたから、西南戦争ではこの政府紙幣は不換紙幣として、当時の税収がまだ300万両程度であったのに対し、1億1千9百万両もの政府紙幣が発行され、翌年には1億6900万両もの印刷不換紙幣がばら撒かれ、通貨価値に対する町方衆の敏感な嗅覚が、インフレを起こしてしまったのである。

西南戦争勃発時の東京玄米相場は、1石5円15銭。それが明治14年では10円48銭と倍増。物価の上昇は輸入商品の増加を通じて貿易赤字を拡大、通貨安との悪循環を繰り返して行く。昨今の世界規模でのマイナス金利を通じての通貨安競争も、当時と同じに見える。本質的に違う要因は、明治維新時のそれは、何の裏付けも無い不換政府紙幣の大量印刷によるものであった。

明治14には、銀貨1円に対し政府紙幣は1円80銭にまで暴落している。ここで中央銀行である日銀が創立され、大蔵卿・松方正義が初代総裁となり、インフレ収束策として有名な松方デフレ政策が始る。

松方の通貨政策は、価値基準に何の裏付けも無い不換政府紙幣が悪性インフレを起こすのは当然であり、これを先ず止めることに通貨政策を180度転換。生活感覚からしても、誰が何の価値基準も持たない通貨を信用するのか、これが私の政府紙幣反対論の最も根幹になっている持論でもある。

松方卿は『政府が自分で紙幣を発行すると言うと、財政少しでも不如意となると、どうもすれば不換紙幣発行になり易い。紙幣は民間経済の動向と貨幣需要に応じて発行されるべきであり、最終権力である政府によって発行されるべきものではない』・・・

勿論、松方もフランスロスチャイルド訪問によって教えられてきたことであろうが、既に通貨に関しては政府と発行主体は分離すべしとの意味を真に理解していたようである。イングランド銀行やFRB創立の過程では、ユダ菌金融資本の恣意がモロに入っていたが、わが国の場合は、結果オーライであるにせよ、中央銀行の独立性の真意が既に盛り込まれていたのである。

当時の松方通貨発行論の趣意を、「紙幣整理」を通じて更に読んでみると、『種々議論はあった、アメリカ流の国立銀行制にするか、英国他の中央銀行制度にするか、という両論に分かれておったのであるが、政府紙幣引換え方法について種々苦心をした結果、大体米国の制度にならって公債を発行して政府紙幣を引き揚げ、その公債を以てこれを「抵当」として兌換券を発行する国立銀行を創ることになった。』

“公債を以てこれを抵当とする”、そこに通貨に債務性を持たせることによって、通貨に価値基準を持たせ、それを維持すべしとの、庶民価値観に基づく通貨哲学が盛り込まれている。

(エピソードを挟むと、その不換太政官札を偽造しニセ札を造っていた福岡黒田藩を見破って摘発したのも、この松方卿である(笑)。

それ以前では、現在の代表的日本企業の元を400社も創った渋沢栄一が、パリ万博見学ついでにフランス国債売買を経験し、『殊に日本では、貸借のこととなると絶対秘密にする恥辱感の強い風習と違い、フランスではこれを公の事として日常的に売買している様は、一驚に値する』とまで書いている。生活感覚というか、武士は食はねど高楊枝というような外見を重視する我が国文化では、ビックリするような制度であったかも知れない。

だがせっかくのこの、経済価値観は、それを担う民間活力に任せるべきで、政府権力とは切り離しておくべしとの哲学も、これもまた日本文化から生まれついて来た、「志」「神道」「義」というような漢字で表現される右翼軍部的な思想によって、壊されて行く。2・26事件であり、その時もまた西欧金融資本にいいように手玉に取られてしまった。

斯くの如く、歴史的にも何度も苦い水を飲まされながら、21世紀にもなってまた、通貨政府権限による政府紙幣論を唱えるバカが出てくる。前稿で申したように歴史は繰り返すである・・・『一度目は悲劇として、二度目は喜劇として(カール・マルクス)』。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存