ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re:ハンガリー右翼政権に見る政府通貨発行権 ( No.809 )
日時: 2016/03/13 13:02
名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

いえいえニホンザルさん、気にされることはありません。私の目的は、ハンガリーオノバン首相に呼応する体質は、単純右翼かも知れないと思い、チョッピリ突いてみただけで、政府通貨発行権実現は、右翼の大物であることで、ようやくできたもので、他人がとやかく言うべきことではない、と、自らも右翼であることを認めたのですから、目的は達しました。他のことについては事実誤認が多すぎて、一々事実関係を言ってると、時間と労力が果てしないことになるから、無視しておれば良いだけです。れにしても右翼はやはりすごい。喧嘩屋だと恫喝されちゃって(笑)。でも国を憂う国士、壮士であれば、何を言っても免罪符がついているようです。

維新時の西欧列強による浸食。どの客観的史実を紐解いても、当時の予算案から検証してみると、あんな巨額負債は戦費武器費用じゃないと積み上がる筈がありません。中には、横須賀製鉄所に担保権を設定していたフランス銀行の、ソシエテ・ゼネラル・・・幕府崩壊で担保権執行されかかった所を、かの英オリエンタルバンクを紹介された大隈重信が、50万ドル借り入れて、仏銀行に返済。これって仏から英に借金先が変わっただけ(笑)当時ではまだ外国官監事役であった大隈重信でも、役柄から厳しい交渉事を通じて、外国から借金するなをモットーにし始めていたようです。

これも事実なのに、維新陰謀論で片づけてしまうのだから、すごい!(笑)。

ジャーデインマセソンやオリエンタルバンクとの金融交渉。相手は武器販売を金融の軸にしており、だが由利公正による政府紙幣太政官の信用にも限界があり、交換価値が大暴落。挙句に西南戦争で不換政府紙幣まで出動されたのにこれも陰謀論になるのか(笑)・・・。

ユダ菌は単なる金貸し、大したことはない程度の認識、そうかな?その程度によって我が国は改革までをもネタにされ喰はれっぱなしでやって来ました。現役時代ウン十年間禄をはんだ社を振り返ってみても、ロスチャイルドとのプロジェクトが出世の道でした。金融だけではありません。鉱物資源、、金、鉄鉱石、銅、アルミ、ウラン、原油、船舶、そして基幹食糧、次の3年間、どのプロジェクトをロスチャイルドはやるのか、その分野でロスチャと組めるかによって次期社長が決まっていた。単なる金貸し、そんな甘い相手ではありませでしたね。

ハンガリー右翼政府による通過発行権取得についても、あれはユダ菌に食われて来たたことへの反発だとされているようだが、ではどのように喰われてきたのか、むしろ同国の地勢的経済的、産業的構造原因によるものが多いような気もします。

それに絡めて何でも中央銀行が悪いとする論にも事実誤認が見えます。何かにつけて通貨発行権は中央銀行が握っている、それが経済を歪めているとして、確かに初期の段階ではイングランド銀行、FRBにその形跡が見られるのだが、別の見方をすれば、政府から独立した中央銀行が通貨価値維持を図るとの別の重要な側面もあり、それを有効に活用すれば政府独走も防げるし、中央銀行が持つその側面を有効に活用すれば良いだけのことだと思う。態々通貨の信用チエック機能も無い、独走誘惑が多い政府発行権に委ねる意味がさっぱり理解できない。政府を誰がチエックするのか、否、政府が過去にやったように(太政官札、西南戦争時の不換紙幣大量発行)チエックして止めさせることが果たして出来るのか???維新から満州事変に至る政府独走、誰も止めることが出来なかった事実は、何だったのか?

目下は日本金融財政史をテーマにしているので、わが国のケースで検証してみると、日銀が通貨発行権を握っているから、わが国の経済が歪んでいると言えるその根拠も分からない。日銀法第46条では「日本銀行は銀行券を発行する」としか書かれていない。日銀の誰に聞いても、これを以て中央銀行が発行権を有していると明確に答える人はいない。

第一、日銀法のどこを読んでも、業務について内閣総理大臣または財務大臣の要請に基づき、又はあらかじめその承認を得て行うことが出来るとの規定が、一杯散りばめられている。政府による最大の歯止めは、第49条の「日本銀行は、日本銀行券の製造の手続きを定め、財務大臣の承認を得なければならない」と規定している箇所です。そして国立印刷所での円印刷に関しても、財務大臣の承認を得なければならないと規定されている。

どこを読んでも、日銀が好きにやれる通貨発行権を有している形跡は見当たらないのだが、それでも日銀が発行権を有していることが、経済の足かせになっていると言う。具体的に過去、そんな事実があったかな???むしろ話は逆で、政府独走によって痛い目に何度も会ったことはあるのに、一度でも日銀がノーと言って支障を来した事実にはお目にかかったこともない。バブル醸成にしてもそうだったでしょう。日銀が勝手に円を印刷しまくった訳ではなかったでしょう。ユダ菌からの指令で発行権を行使し印刷しまくった訳でもない。“政府が”アメリカ政府によるプラザ合意押し付けの政治的ひれ伏した結果であって、それに準じて国内で増刷する円の受け皿として創った住専とて、日銀が創ったものでもなかった、政府大蔵省がやったことでしすよね?違いますか?

そして金融機関や痛手を受けた零細企業に対しては、信用保証協会の枠を一杯まで広げて日銀は、円の供給に励んだ、これが事実真相でしょう、違いますか?あの時日銀がノーと言いましたかな?言えない筈です。日銀法第38条に、ノーとは言えない規定が明確に盛り込まれています。だが中央銀行の発行権が経済の形を歪めているとは・・・???要するに右翼独裁志向が、プロパガンダとして政府独裁を望んでいることの現れでしかない、そう想っておけば良しなだけです。歴史を振り返っているだけだとのコメントも右翼らしい。歴史上ひどい思想で国を貶めた右翼、歴史に触れるのを嫌がる。戦争体験者も減ってしまって、風化し始めた歴史は、彼等にとっては好都合なことです。だから事実誤認などヘッチャラなのでしょう。

おっと、そんなこともどうでも良く一々まともに取り上げることもないいのに、事実誤認が多いものだから、長くなりそうになって来ました(笑)。それにしても昨日からの冬の再来、体に応えます。のんびり休ませて頂きます。有難うございます。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存