ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(17)>アジアへの拡張主義揺籃の芽(1) ( No.820 )
日時: 2016/03/20 00:52
名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

それにしても板垣征四郎や石原莞爾などの軍部は、武力によって、更には植民地通貨の操作までをも動員し、何故そこまでやってアジア支配に乗り出したのか、それは「軍」であったからとしか言いようがない面もあるが、石原莞爾などは熱心な法華経の信者でもあったから、欧米列強によるアジア進出が、日蓮上人が唱えた「国難」とイメージが重なり、その国難を勝手に、アジア民衆に押し被せたのだろうか。

軍は軍事思想によって勢力を拡大したがる。でも国家全体として、軍事国家にして何故アジアを支配する行為に出たのか、西欧列強に対抗する為以前に、何らかの国体思想があった筈である。それを代表するのが現総理大臣・安倍普三の祖父岸信介と、かれに思想的影響を与えた思想家である。

勿論、岸信介が信奉し、士族であった曾祖父・佐藤信寛他、吉田松陰の思想を軸に集まっていた伊藤博文、木戸幸一、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、等々、長州は熊毛郡多布施村から発せられた王政復古の狼煙に昭和フアッショを醸成して行く原点がある。それに繋がっているのが岸信介、佐藤栄作、安倍普三である。

イントちゃんの首相官邸スレにレス投稿した分を再掲すると、『長州藩は、長年、南朝の末裔をかくまって来ており、その多布施村の高松八幡宮で王政復古ののろしを上げ、桂小五郎や伊藤博文などが匿っていた南朝の末裔を天皇にして、権力を握ろうとした。それが明治天皇であったから、長州閥は、維新で好き放題やれ、官僚機構も含めて政治基盤を固めることが出来たのだ、と言う説。

事実の推移から見ても、どうも符合が合うことが多く、あながち陰謀論で片づけてしまうのも惜しいような(笑)。

この地域は半島からの渡来人が多く、そしてどうも奇異なことが多いような気がします。半島を席捲していた世界キリスト教神霊統一教会も、日本における基盤をここで固め、後に岸信介による厚遇で、渋谷高級住宅街の岸家の隣に本部を移している。さらには踊る宗教もこの地域から生まれている。シンゾー一派はずっと、統一教会行事には祝電を欠かさないなど、その腰の入れようは、尋常じゃありません。自民党幹事長になった頃には、ホテルオークラに事務所を持っていた彗光塾、対象物に手をかざすと神のお告げが分かると言う如何わしい宗教屋が開催していた有力企業の政治会合で、安倍普三氏は必ず内閣総理大臣になると予言し、その通りになってしまいました。神がかりなのですね・・・』

近代日本が、何となく気持ち悪い国に変貌して来たのも、どうも薄気味悪いこの地域に根があるのかも知れない。昭和史の研究家によれば、ここから出た士族出身政治家には、物事は全て権力を通じてでしか実現できないとする志向が強いのが特徴であると分析している。岸信介自身が、人間には権力欲とか、そういうものが本質的に強い面があると述懐し、自分の理想や考えを実現しようとすれば、その実現に必要な権力が伴わなければ駄目ですと言いきっている。

けだし、政治におけるある真理をずばり言い得ているのだが、さてその自分の「理想」とやらが問題なのである。学校の入門書のような事を言っても始らないが、政治はそこに居住する生活者たちの為のものであって、その総意が政治家個人の理想と一致している場合は良いが、それとは反対の方向に進められる場合が多いので、困ってしまう。そしてその必要な権力なるものが、政治家としての岸信介の経験から培われたものならともかく,得てして誰か思想家の影響によって為され、国民総意から乖離してしまうから困るのである。それは過去のことだと済ませても、尚、さようなゲノムが生き続けているから困るのである。

岸信介の個人資質からすれば、それは国家構成員の為にではなく、民衆なる者たちは最初から「統治すべき存在」としか見られていなかった。だから当時の憲法学者で、天皇主権説を唱えて、天皇機関説論者の美濃部達吉と真っ向から対立した上杉慎吉の思想に傾注し、頑迷な国粋主義団体の興国同志会に入会したのである。彼の思想に影響を与えたのは、この上杉慎吉と北一輝であろうか・・・

まあ、現在でも右翼国粋主義者に見れる傾向は、頑迷で、客観的分析に欠けるのが特徴なのだが、岸信介も東大秀才と言われながら、頑固な思想を持っていたということは、リベラルよりもそれを好み、権力を好む出身地の風土も重なった個人的資質によるものであったろう。

上杉慎吉なる憲法学者が、天皇主権説に走ったのには、訳があった。

若い頃にキリスト教に傾倒し明治39年に憲法を習得する為にドイツに留学。憲法の真髄を学ぶというよりそこで見たキリスト教圏の人間たちが、最後では何事も唯一神教キリストの神の教えに従うと言う背骨、これぞ国家を一つの方向に動かすエンジンだと思い、日本でも何かそれに代わるものがないかと熟考した結果が、「天皇」であった。キリストを天皇に置き換え、無限絶対の存在とすれば、キリストを唯一の拠り所とする欧米列強の精神に対峙できると考えたのである。そして岸信介もその思想に傾倒したのである。

だが、西欧文明の中でキリスト教が、生活規範にまで自然に浸透して来て、民衆にとって日々生活の教訓にまでなっていた文明と違い、上からのお仕着せのような精神の拠り所とするには、当然ながらムリがあろうというものだ。戦時中、天皇に対して別に不満とかそういう感情は無かったにせよ、来る日も来る日も敬愛せよと言われては、何をどうせよと言ってるのか、さっぱり理解できず、ただ教師たちの叱責が怖いから、表向き従っていただけの事であった。左様に、国民本音とかけ離れた国家主義では、行く先の結末は既に見えていたようなものである。

そして天皇主権説を引っ提げて、何故それを日本以外に広めようとしたのか、それは北一輝の思想と大川周明の大アジア主義にに影響されたものである。そして面白いことに、上杉慎吉もそうであったようだが社会主義、共産主義は自分には体質が合わないとしながらも、私有財産制度については疑問を持っていたのである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存