ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

行き過ぎた事を言わせる前に、も少し現実のシステムを理解されては如何・・(3) ( No.835 )
日時: 2016/03/26 13:25
名前: 満天下有人 ID:jFfAi0tY

銀行についてのシステムの事実誤認しかりです。信用の創造による預金マネーが悪い、だから騙していくらでも国債が買えるのだ、銀行による信用マネーは根絶しろと、システムの現実を全く理解せずに間違えた言及になっている。マネーストックは、経済活動に要する現金オカネは常時100%用意しておく必要ない、というだけのことです。何度も約束手形による信用取引を例に上げて説明して来た通り。その増減は経済活動の強弱を現しているものだと理解すれば、それだけのこと。

<実際に実際の紙幣は作られなくても流通している通貨の総量は、何京円と言われていますが>

これは初めて聞く話です。誰がそんなこと言っていますか?これも明らかに金融商品の取引残高と、キャッシュフローを混同している話だろう。

<ましてや、日銀に対して政府が全く無力であると言う考えは正当ではないと考える。
その証拠に、政府の要求に従い、日銀は大量の借換債を発行してまでも国債の発行を続けてきました。>

こkまで来ると、もう滅茶苦茶ですね、何時日銀が大量の借換債を発行しましたか?中央銀行が国債発行するなどと言う話は前代未聞です。そして政府が日銀に対して全く無力?話は逆さまでしょうに・・・やはりクタビレて来ました。

それにしても記事を転載される時は、も少し現実の信ぴょう性を確認してからにして欲しいもの。ハンガリー政府が通貨発行権を獲った、ユダ菌から解放された、右翼だからこそ出来た、などと、すぐに飛びついてしまう。あれは
ユーロ圏で自国通貨フオリンツが使えない苛立ちをEUにぶつけたもの。EU条件である財政規律が保てないなら、EUを脱会すれば良い。その上で政府発行権でやればよろしい。だが出来ない。経済の規模が小さいこともあるが、外がハンガリー国債に投資してくれなくなるのは目に見えている。だから結局、あの危機は、EUに留まり、IMF支援を受けて何とか生き延びた。ギリシャもそうだったでしょう。

類ネットか何か知りませんが、そこで新しい未来の取り組みが盛んだとなると、何でもかも引っ張って来るのは如何なものでしょう。も少し取捨選択されては如何・・・現実認識も間違えている事が多くて土台がグラグラしているのに、その上に何を構築しても作動しないでしょう。部品を間違えた機械では、動かないでしょうに。贅六はんが、未来よりも現実の政治を何とかしろと言われていたようですが、尤もな意見です。ま、それでも現実に対する対処も出来ないのに、未来に先走るのも、それは自由。でもユートピアを・・・という印象が更に強くなるだけ。

更にROM者を混乱させるような記事。<国家が言う預金封鎖とは、このようなものであり、実際に、それをやっても国民資産の所有権が変わるだけの事。実際は購入されている国債の65%は、銀行、保険会社であり、30%は日銀、政府などの公共機関である。要するに国民から取り上げた950兆円の資産は、銀行、保険会社、日銀、政府の懐に入ることになる。そして取り上げた金は、どうして使うのであろう。>・・・

これはちょっとお恥ずかしい限りですよ。取り上げた金はどう使うのか、旧債償還に決まっているじゃないですか。償還を受けた銀行、保険会社の懐には入りませんよ。上記した通り、資産勘定の償還国債分が、現金に変わり、負債の国民預金=預り金と元のようなバランスに戻るだけです。これがバランスしなくなった時、それが銀行破綻です。昭和恐慌の時に多くの銀行がそのようになってしまった。そこえ預金していた国民は、現金資産が消えてしまった、ということです。

政府の懐に入るとは、どういう意味なのか理解出来ないのでパス。日銀は償還された分は、資産の国債が減り、負債である現金または当座政府勘定が、その見合い分減少する。

国民は旧預け金を守れたことになる、但し、自分の手足を食うような形で(笑)。でも何とか旧預金は喰われずに済んだから<これで国民生活が成り立つであろうか>との疑問は、全く関係ないことです。ましてや<これで通貨価値の担保をしたとでも言うのであろうか>ということになると、何の関連があるのか、さっぱり分からないのでパス。

<結局は、ユダ菌が作った現行の資本主義の理論には逆らうことなくおとなしく従順に守にしくはないと言う意見のようです。極端に言えば、ユダ菌指導による現代のシステムの容認の為に長々と言われていたようにも取れます。>

冗談もいい加減にしてくれませんか。何故ゴールドマン・サックスをテーマにしたか、あれも長々と書きましたが、彼らを批判する記事で埋め尽くした。今回も何故、明治維新にまで遡って書き始めたか、余りにも彼らに食われっぱなしの歴史を書くことで、ROM者にも認識を新たにして頂きたかったからです。それをユダ菌は単なる金貸し、怖れるに足りないなどと、ほんとに甘い認識者が未だに居る。そこをどうかいくぐって生きる道を模索するか、その為にも歴史をレビューして来たのに、それをも維新陰謀論に落とし込まれ、歴史の旅にひたっているだけとの批判しかできない、皮相的な見方で、そして金融システムの初歩実務まで間違えて、私が言うところの部品の「ネジ」も測定出来ずに未来の機械にばかり意識を向ける。何だかおしり丸出しでユダ菌原野を走り回っている光景にも見える。

一連の歴史を探る投稿は、むしろ平和ボケした我日本人に対し警句を発してきたかったことが、主眼でした。何も明治維新陰謀論をデッチ上げる為でもなかった。

<通貨発行権を政府が持った場合に、どのような不都合が起きるか、御高説を賜りたいもの>

それを探る為にこそ、明治にまで遡って通貨財政史として書き連ねてきたのであって、過去の旅にウツツを抜かしていたのではない。御高説はそこに出てくる現実の歴史が示している。政府が発行権を持っているでは、不都合なことが多い、経済は民間のものであり、民間では私法上の債権債務関係が中心になって動いている。通貨にも債権債務の概念なくば、今日のような混乱が起るのである、として、政府発行権を止めさせたのが大隈重信。彼が鳥羽伏見の戦いから西南戦争に至る政府発行権限によって、通貨価値が揺さぶられ続けてきた認識があったので、止めることが出来たのである。それがまた2:26事件を起こした直前に、事実上の政府発行日銀券となり、インフレが起り、ポンド、ドル稼ぎの為の外債起債も出来なくなってしまった。

それにしても我が国は既に、発行権は政府大蔵大臣にあるのに、今更どうして政府に発行権を与えろと叫び出すのですか?日銀法を列挙までしたのに、やはり「一度思い込んだら回りが目に入らなくなる」のすね。

日銀法第4条(政府との関係)
『日本」銀行は、その行う通貨及び金融の調整が経済政策の一環をなすものであることを踏まえ、それが政府の基本方針と整合的なものとなるように、常に政府と連絡を密にし、十分な意思疎通を図らねばならない。』

中央銀行である日銀のどこが、政府の政策を阻害し、通貨発行をじゃましていると言うのですか?

(国に対する貸付)
第34条1項:『財政法第5条但し書きの規定による国会の議決を経た金額の範囲内において担保を懲求することなく行う貸付。』

もう事実上、中央銀行による政府国債の直接引受まで認めているのですよ、民主主義の原則に基づいてまで。そのどこに中央銀行が政府政策の邪魔をしていると言うのですか?

(日本銀行券の製造及び消却)
第49条:『日本銀行は、日本銀行券の製造及び消却の手続きを定め、財務大臣の承認を受けねばならない。』

これ通貨の発行は事実上政府が持っている事の規定です。このどこに日銀が通貨発行量のオプションを握っているから、政府の邪魔をしていると言えるのですか?その通貨の具体的印刷についても、政府管轄の国立印刷所からの指示を待ち、その間は印刷費も仮勘定として計上しておくだけで、現金通貨として市中に流す時も、政府の指示があるまでは出来ない仕組みになっているのですよ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存