ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

公約実現できない無能政治のままで良いのかな?日本(1)>アメリカは変わろうとしている ( No.898 )
日時: 2016/06/08 05:55
名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

参院選挙が近づいてきた。と言っても、参院議員の半数だけを取り換える選挙で、しかも国民有権者は自民一党政治の政治地図に既に変えてしまい、且つ、野党不在のままの選挙だから、国政を大きく変え得る選挙にはなり得ないだろう。

シンゾーによる増税先送り決定は、わが国の経済状況からして二度の増税はムリであることなど最初から分かりきっていたことなのに、その政策変更に当たり、自分が掲げた経済政策の失敗=アベノミクス神話が消えたことによって再増税が出来なくなったのに、それを棚に上げて説明するのだから、聞いている方は、何を説明されているのかさっぱり分からないまま、国会は閉会されてしまった。

アベノミクス路線で経済は良くなる、目標はGDP600兆円だ(笑)と息巻いていたのだから、別に増税など公約する必要も無いのに、別の財政規律政策によって、増税はリーマンショック級の激震が起らない限り実行すると、2014年の総選挙の時に公約した。アクセルとブレーキを同時に踏んだまま・・・更に2015年に予定していた二度目の増税を更に引き延ばすことは絶対にあり得ないと断言していた。

つまり、アベノミクス路線が結実し、増税してもまた景気が後退することはないとの、お墨付きであった。

それがどうだ、増税回避論者の米二大ノーベル経済学者まで呼び寄せて、増税延期のお墨付き、というか、再先送りの口実に使い、G7では欧米と認識が全く違うのに、リーマンショック時と同じ厳しい世界経済を理由に、財政出動の動議を持ち出し、内政失敗の鉾先を巧妙に変えようとしたが、さすが腐っても鯛の資本主義欧米先進国からは、?キョトンとした目で見られる恥をかいてしまった。

まあ、この増税を公約にし、それを破棄したことは、国民にとっては痛し痒しの嫌いがある。シンゾー信者以外の国民も、誰も増税など望まないから、その公約が破棄されたことを以って、公約違反だと騒ぐこともできない(笑)。だからこの問題は参院選でも対立軸になり得ない。それ以前に公約破りなど朝飯前のことくらいにしか考えていないシンゾー一派や支持する国民も、特に驚かないことだろう、公約騙し、それが当たり前だとするのが、彼等の政治スタンスなのだから。

最大の問題は9条は放ったらかしにして戦争できる国にしたこと、及びTPP参加であった。先週は久しぶりに国会前に安保法案反対の群衆が集まっていた。でももう遅い。TPPもそうであった。絶対反対を唱えて総選挙に臨んだジミン・公明が、議席2/3を確保するや、舌の根も乾かぬうちに、会議に積極的に参加を始めた。勿論、中国封じ込めの戦略の一環としてアジア進出を画策する米国に従っただけの事ではあったが、これは自らの先々の国際関係における外交政策の位置付けからそうなったのではなく、隷米の基本姿勢に従っただけのことであった。

それが皮肉にも米次期大統領候補のどちらもが、TPPにはむしろ反対する姿勢だから、米ネオコン政策に従っただけでわが国が自主的に関税無き世界を創ろうとしたものではなく、またTPPが次期米政権によって形が変わって日本が抜けたとしても、それは自らの意思で脱会したことにはならない。

米大統領選、共和党では党内最大の力を持つと言われるライアン下院議長が、トランプを候補として認める発言を行って、トランプが候補に決定。民主党は昨日ヒラリー女史が、指名に必要な代議員数を確保し、これも候補者に決定。そして日を追うごとにヒラリーを追い上げてきた社会主義者と称してはばからないサンダーズ議員を、副大統領候補として指名している。

これは、トランプもそうだが、それぞれを支持する国民有権者の意思が、これまでのようなアメリカ型格差社会は、いくら何でも是正しようよと言う民意が、例えば民主党の場合、社会主義を自称してはばからないサンダーズ議員を副大統領に据えるとの人事になったのであろう。つまり両候補の政策スタンスは、ネオコンであるとか思想集団による利権拡大がかなり後退して今回は、さすがに民意を聞かないとアメリカも凋落してしまう危機感が、「民衆によって」醸成された結果に見える。

シンゾーによる公約変更も、ある意味では選挙が近づき有利に進める為の政策変更にも見えるが、実の所は政策の失敗を覆い隠す自利自略の為の色彩が強い。麻生や谷垣など、公約変更なら衆院も同時に民意を問うべきと言い張っていたが、こちらも党利党略、というか財務省を中心にした官僚の増税先送り回避口車に乗った感じしかない。

そして次の政策は何かと言えば、保育園を充実させ、介護業従事者の月給を月1万円引き上げによって、1億総活性化社会に向かうと言う。社会構造を大きく転換させる能力も無いから、この程度の目先選挙にしか気配りしたとしか思えないような、子供騙しを続ける。

まあそれでも構わない。維新以来、国の危機とは何かと言えば、生活者に対する危機感によってではなく、「国体」という漠然とした機構に対する危機感だけで国というものが把握されて来たのだから、シンゾー政治も行き詰まられては国体に影響が出るから困るとするだけであって、だから国体を守る官僚機構の温存が優先されて来たのであって、この体質は変わらないだろう。それが「日本国」なのであって、米大統領選のように遅きに失した観はあれど、そしてその結果の良し悪しは別にしても、いくらドル基軸体制とは言えこれまでの世界警察官のようなマネは止めよう、世界の大国たる資源の享受は、もう少し格差をなくしてその恩恵を米国内で楽しもうとする方向転換、それと同じような転機を日本に求めてもムリな話なのだ。

民主党ヒラリー、共和党トランプ、米大統領候補政策で我が国に直接大きな影響を及ぼすと思われる項目の概観は次にするとして、アベノミクスの破綻について、それに追随して来た日銀もまた、これ以上の金融政策が出来なくなって、鳴りを潜め始めている。さすがのクロダも、金融通貨市場から受ける変化が気持ち悪くなったのか、3月末の昨年度決算書では、損失引当金を増やし始めている。膨張する中央銀行の決算書に対し、国際決済銀行であるバーゼルクラブBISから、日銀の自己資本比率の悪化傾向が指摘されたのかも知れない。

シンゾー政治にせよクロダ金融政策にせよ、公約が実現できなくなって、それを口先で言い訳するだけの政治によって、果たして国と言うものは存続し得るものなのだろうか?・・・相変わらず舛添都知事への追及が毎日続いているが、とんでもない男が知事になったのも、有権者による選挙の結果である。そればかり突き回して大きな構造の歪みには目が向かないのも、日本国だからであろう。TPP大臣であった甘利大臣の不起訴が決まった。むしろこちらの疑惑の方に巨悪なものを感じるが、世間は甘利よりも公費で家族に美味しいものを食べさせた舛添の方に問題を感じるらしい(笑)。マスコミも舛添一辺倒である。

勿論舛添はとんでもないヤロウではある。だが国の歪みの象徴にしては玉が小さすぎる。それよりもっと大きな事で国の歪み沈没は、徐々に起こって行く。これはある程度、覚悟はしていても、それを支持する有権者が50%近くも居るのだから、段々気持ち悪くなってきた。いくら何でもこのような政治が日本を存続させ絵得るとは、到底思えない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存