ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2378] 人生論<現代に生きるとは
日時: 2016/02/27 08:01
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:feTh8YOA

現代社会は物質的に豊かになり、あらゆる情報が飛び交い、メディアによってほとんどの人の知るところとなっています。
民主主義の発想と相まって、人々は自分自身のの生き方を考えます。
そういう余裕があるのです。

物事の事象、生命の神秘も科学的に解明され、因果関係などは誰もが知っています。

インターネットの発達により、我々はあらゆる知識を瞬時にして取り込めます。
学者が何年もかかってまとめた知識も、30分もあれば自分のものにできます。
気儘勝手に過ごしている大衆も、時代が時代なら偉大な哲人、科学者、宗教家なのです。

言葉でこそ現せないが、先人が主張してきた様なことは、無意識のうちに体現しているのです。
宗教心についても同じです。

逆に言えば、現代の社会に生きる人々には、人生の指標がないのです。
民主主義は良いとしても、引き換えに人々は自分の人生を自分で切り開くしかないのです。
問題は、70億と言う人口、日本で言えば1億の人々が、皆、自分の人生を自主的に確立できるのでしょうか。

一般的に無気力、怠惰と言う現代人の性癖は、彼ら自身の内面的な葛藤の結果であり、それ以上のものを全ての人に自主的に求めることはできないのではないか。
このままで人類は幸せであるのか。

それを問い直して見ることも必要ではないか。
昔の人生論と対照するに留まらず、新しい可能性を探りたいものであれる。


(人生 その1)

私の住んでいるところは京都北部の田舎町です。
時折、京阪神へ車で行くのですが、途中の内陸部の過疎地域(と言っても私が住んでいる町とそんなに変わらないのですが)と通るとき、ポツン、ポツンとある家に洗濯物が干してある光景が見えます。

こんなところにも家族がいて、奥さんが毎日、毎日家を守って生活しているのだ。
何の刺激もないようなこの場所で、いったい何を張り合いに生活しているのであろうと。勝手に同情して人生の儚さを感じます。

そうして、その後で、何時もの事ですが、人生とは何であろうと言うことへ向かいます。
妻のことを伴侶とも呼ぶように、妻でなくとも人生には伴侶がなくては空しさに耐えられないのではと思います。

そういうものが何処から来るのかは、別の範疇の問題として、人は多くの人とつながりながら生きていることに心の安寧を感じることだと思います。

その結果、1軒屋の生活を寂しく思い、都市部の密集に我を忘れることになるのでしょう。
まあ、密集と言っても「隣の人は何する人」と言いますように密集の中の孤独と言う概念もあります。

また、単につながりと言いましたが、量的なつながりばかりではないはずであり、小さな集団であっても、その深さにおいて量を凌駕することも考えられます。

結局は、その1軒屋の家族が幸せであれば良いのだと、幸せであることを願って、私の心を納得させるころには、車は数キロ先を走っていることになります。

1軒屋の奥さんにとって、まったく御節介な干渉ではありますが、車で通る時、私自身の心が平穏であるときは繰り返し浮かぶ感傷です。

「人生とは何か」と問うとき、
もっともっと、赤裸々な答えを出すことがあります。

人生論の始めに言ってみたかった経験でした。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

お金と人生 ( No.3 )
日時: 2016/05/13 14:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1gpzstmM

銭亡者・守銭奴と言う言葉があります。
概して次のような者に対する形容です。

>強欲な ・ 欲深い ・ 利己的な ・ 私利私欲を追求する ・ がめつい ・ 拝金主義者 ・ 貪欲な ・ 貪婪な ・ 飽かず求める ・ むさぼる ・ エゴむき出しの ・ 我欲むき出しの ・ 意地汚い ・ 卑しい ・ 銅臭にまみれた ・ 我欲むきだしの ・ 金に汚い ・ 守銭奴
けちんぼ ・ がっちり屋 ・ 吝嗇
ちょっと変わった表現に
>世界経済、秩序、貨幣の安定などを一切無視してマネーゲームに
走るアングロサクソンを中心としたヘッジファンドの連中でしょう。

さて、人々は、どうしてお金にそんなに執着するのでしょう。
理由などは、改めて言わなくても、それぞれに思いがあるはずです。

齢、70歳を迎え人生の大半を終了した者として、お金とは、どういうものであったのか。
途中は、ほとんどの方と同じで、必要なお金を得ることに四苦八苦し、それが人生でした。

子供も独立し、住む家も手に入り、あとは余生と言う段階になって、お金に対して余裕が出来たと思います。
いや、なに!
余裕が出来たと言う意味は、十分に溜め込んだと言う意味ではありません。
もう、そんなにお金を追い求める気持ちが和らいだと言う意味です。

実際には年金に頼る生活で預貯金なども、そんなにありません。
現在は、後、2000万円ほどあれば、すき放題、安心して暮らせると、宝くじを買っています。
要するに私にとっては、2000万円程度で理想の人生が手に入るのです。
大騒ぎし、高望みしてきても結局は人生とはお金で測ればそのようなもの。

このような中で、冒頭に出した守銭奴、銭亡者さん、又はそうでなくても自然と大金を手にする富豪の皆さんの、何億、何十億のおかねの意味するものはなんでしょう。

毎日食べるものでも、ある程度、好きな時に好きなものが食べられれば、特に人が食べられない高級食材を食べ続けたいとは思わないし、海外旅行も毎年、何回も渡り歩くよりも、1,2年に一度くらい、計画し家計をやりくりし旅行する方が味わいがある。
大邸宅も、それこそ無用の長物、夫婦で便利で、使いやすい程度の広さで良い。出来れば狭くても庭付きが良い。

だから富豪がうらやましいとは思わないし、望みもしない。
このように言えば成功できなかった者の負け惜しみと蔑む人もいるであろうが、齢、70に達すれば、それが負け惜しみではないことが分かるであろう。



「足るを知り己を知ればいますでに身にあまる幸をおもえ喜ぶ」

「古妻と トソ酌み交わす 老いの春
  寂しくもあり 寂しくもなし」 

(新村 出)

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存