ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2483] 安保条約を破棄して、大和の国独立を。
日時: 2016/07/03 09:10
名前: 倭人の叫び !  ID:SAfTcBqY

今、英国がEU離脱の問題で揺れに揺れていますが、詰まる所、此れは一国の国民が「自らの国を自らで律したい!」と言う、その国に住む人間の基本的な自然権の問題ではないかと思います。
勿論、世界が此れほど狭くなったと言うか、グローバル化が進んだと言うか、独自の規範のみによって生きて行けない時代が来た所為で、周辺諸国との連携が必要に成り、共通ルールを作って皆が其れを守り全体として発展・成長して行くためには、自我の抑制と言う物を強いられる事も止むを得ないと自覚すべきではないかと思われます。

尤も此れは複数の地域・国家間で連携するケースの事で、二国間に於ける取り決めや条約は少し異なって来るかも知れませんが、其れでも基本的な考えは、徹底した相互平等の考えに基づく条約の締結が実現するよう交渉するのがその国の政治家の絶対使命だと断言します。

と言う考えに基づいて現在の「日米安全保障条約」と言う物を俯瞰して見る時、其の余りにも国辱的隷属条約の姿に留まる所を知らぬ憤りを禁じ得ません。

この掲示板に投稿されて居る諸賢、及び閲覧されている諸士の、忌憚のないご意見を承りたいと、敢えてスレッドを立ち上げた次第です。日本の首相、安倍晋三氏は「ニッポンを取り戻す」と言うスローガンを掲げて国民を洗脳しようとして居ますが、「ニッポン」を何から、誰から、取り戻すのか? まことに漠然とした話で我々の心に響く事が有りません。

真に「日本を取り戻す」には何をすべきか? 諸賢、諸兄・姉のご教示を乞い願います。 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 安保条約を破棄して、大和の国独立を。 ( No.1 )
日時: 2016/07/02 12:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Q6Wbufn6

倭人の叫び ! さんへ こんにちは

寄稿してくださったこと、ありがとうございます。


最初に国家とは何かについて検証してみなければなりません。
ウィキペディアからですが、
「国家(こっか)とは、国境線で区切られた領土に成立する政治組織で、地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して排他的な統治権を有する政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能による異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。」と定義されています。

要するに、国家に属する人たちの共生の領域を示します。
現在の国家が出来るまでには、それぞれの国の事情があります。
日本と言う国家の成り立ちを考えますと、3000年前の縄文時代には、狩猟採集の為に数人、数十人が共同生活をしていたようです。
弥生時代に入り稲作が盛んになってからは、環濠集落と言うものが出現し、邑のようなものに発展していました。
生活が安定し、ある程度の人が集まるようになれば、そこには統治の為のシステムが発達し、また利益の独占を試みるものが出て、それが権力者となり、組織を拡大、発達させるようになりました。
豪族の支配する社会です。
ここまでは、まだ国家と言う概念はありませんでした。
今から2000年前、我が国でも各地の豪族を統合する運動が起き大和朝廷が出来ました。
歴史的に見て後世の定義になりますが、日本を国家として認識する最初の出来事でした。

倭人の叫び さんは、「大和」「倭人」と言う言葉を使われることによって、日本の国家の概念(始源)をここにおいておられるものと思います。

日本の場合、国家を形成(認識)する過程において、その地域内に住む人間は(詳細に言えば各地から流れ込んで来た人たちが多く、多人種国家とも言えますが)、他国の成り立ちに比べれば単一民族と言えるような状況でした。
ですから、統一の過程における民族的確執は少なく、現代に至るまで国家と言えば、大和朝廷の末裔として、異論は出てこないようです。




人々が国家を作り共生するのは、食べる為の生活の安定、共生のルールとしての社会の安定、更には国家の発展により、よりよい生活が得られる事を目的としています。

各国の国家形成が終わると、次には、自国の発展の為に他国を吸収(植民地)したり、武力で侵略する帝国主義時代を経て現代があります。

日米安全保障条約などは、その昔、イデオロギーの対立が激しかった頃、共産主義諸国からの侵略に備えて作った軍事同盟であり、それがなかったら日本がソ連、中国に侵略されたか否かは別として、常識的に必要なものであったはずです。
その軍事同盟において当事国の実力に大差がある場合、不平等なものになることは古今東西止むを得ないことでしょう。
そこに民主主義の理論など持ち込めるはずはありません。

現在問題となっている米兵の暴力に関して地位協定によって日本側の裁判権が制約されていることについては、これを是正させる必要はあり、また可能だと思います。
それ以外、日米安全保障条約が必要でないと思われるならば、破棄すれば良いことであり、それは日本国民の意思で出来ることです。
現在我が国に、これだけの経済的実力がありながら、不平等とも思われる日米安保に頼る必要はないのではないでしょうか。
しかしながら。我が国は、今まで安全保障については容易にアメリカに頼る事を選択してきました。
それの方が経済的にも、人材的にも容易であったのです。
ですので、日米安全保障条約を、身勝手なアメリカに押し付けられていると言う認識こそ、身勝手であり、子供のような発想であると思います。
ですが、日本は今までそうであった様に、自国の安全保障においてしっかりとした認識をもっているようには思えません。
旧社会党が主張していた様に無抵抗主義でやっていけるものでしょうか。
大国同士の諍いはともかく、イスラムゲリラなどが暗躍する時代です。
現実社会は天国のようにはまいりません。理想で片をつけられるなら、何百年も前に世界は平穏になっているはずです。

さて、先に日米安全保障条約など、国民の意思で好きなようにできると言いましたが、実際には、それを破棄させない勢力が蠢いていることは確かです。
それが経済のグローバル化の問題です。

武力侵略は鳴りを潜めましたが、経済の分野の侵略行為は凄まじいものがあります。
それは国家ではなく巨大資本による世界の覇権争いです。
その巨大資本の筆頭はアメリカのそれですが、アメリカに関わらず、世界覇権を狙う巨大資本は世界中にあります。
実は帝国主義時代の侵略も影には巨大資本が暗躍していました。
国家をかなぐり捨てた巨大資本は、今や国家そのものも支配下においているのです。
英国のEU離脱を巡る経済の動揺も国家では対応する術もないでしょう。

国家の形成過程で国民は国家に何を期待していたかを考えると、もはや実際の国家は国民の期待の延長ではなくなっていることに気がつかねばなりません。
EU統合などは、はっきりと欧州巨大資本による経済的統合に過ぎません。
どのような美辞麗句を用いようと、それで利益を得るのは巨大資本が大半なのです。

欧州各国でEU離脱の動きが出ていることは、EUが市民が思う国家としての役割を果たしていないことにあるのです。
国民が国家に求めるものは、その領域の安定なのです。
ですがEUの統合は、域内各国の経済的、地理的、習慣的な差異を無視して経済の統合さえすれば全てが上手くいくと言う様に、新自由主義経済論、そのままを当てはめたものなのです。
実際に、それが上手く機能しているか否かは、近年、50年の歴史が証明しています。
アメリカのオキュパイ運動が象徴する様に世界中に経済的格差が広まっていて、失業率も高く、このままでは改善する可能性はありません。

以上、最近の世界の様相を述べて見ました。
現代の国家と言うものが、何を見失っているかを検証する為です。

あなたの提言は、日本が今後進むべき方途を探ることにあると思います。
次回は日本に関して論を進めましょう。
面白く、大きな問題ですね。

他の皆さんも、それぞれの立場で意見を下さる様に期待します。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存