ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2483] 安保条約を破棄して、大和の国独立を。
日時: 2016/07/03 09:10
名前: 倭人の叫び !  ID:SAfTcBqY

今、英国がEU離脱の問題で揺れに揺れていますが、詰まる所、此れは一国の国民が「自らの国を自らで律したい!」と言う、その国に住む人間の基本的な自然権の問題ではないかと思います。
勿論、世界が此れほど狭くなったと言うか、グローバル化が進んだと言うか、独自の規範のみによって生きて行けない時代が来た所為で、周辺諸国との連携が必要に成り、共通ルールを作って皆が其れを守り全体として発展・成長して行くためには、自我の抑制と言う物を強いられる事も止むを得ないと自覚すべきではないかと思われます。

尤も此れは複数の地域・国家間で連携するケースの事で、二国間に於ける取り決めや条約は少し異なって来るかも知れませんが、其れでも基本的な考えは、徹底した相互平等の考えに基づく条約の締結が実現するよう交渉するのがその国の政治家の絶対使命だと断言します。

と言う考えに基づいて現在の「日米安全保障条約」と言う物を俯瞰して見る時、其の余りにも国辱的隷属条約の姿に留まる所を知らぬ憤りを禁じ得ません。

この掲示板に投稿されて居る諸賢、及び閲覧されている諸士の、忌憚のないご意見を承りたいと、敢えてスレッドを立ち上げた次第です。日本の首相、安倍晋三氏は「ニッポンを取り戻す」と言うスローガンを掲げて国民を洗脳しようとして居ますが、「ニッポン」を何から、誰から、取り戻すのか? まことに漠然とした話で我々の心に響く事が有りません。

真に「日本を取り戻す」には何をすべきか? 諸賢、諸兄・姉のご教示を乞い願います。 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 安保条約を破棄して、大和の国独立を。ロシアは何時の時代も信用できません ( No.29 )
日時: 2016/08/04 18:33
名前: 倭人の叫び ID:wy1pPSMo

安倍氏は東京都知事選の自民党系“小池氏”の勝利を受けて、かどうか知りませんが、第三次内閣改造をしました。

新聞などはアレコレ講評を試みていますが、その顔ぶれを見てみますと「何れ劣らぬ山家育ち・・」と言うべきか相も変らぬ利権亡者揃い。公明党もガッチリ利権の本山「国交省」を抑えています。

面白いのは、安倍のお気に入り キャピキャピオバちゃんの稲田氏が防衛相だそうで、大臣なんて飾り物に過ぎないと言う事を如実に表して居る事例ですな。

「安倍ちゃん、ペットを可愛がるのも程々にしなよ、幾ら総理だからって、ソコまで遣って委員会?」とタカジンもどきの言葉が言いたくなります。今更言うも詮無きことながら、内閣人事のエエ加減さを国民の目前に改めて曝して呉れました。

其れと、今度の内閣も相変わらず安倍氏はプーチン氏との会談を望んで居る様で、、北方領土問題の進展を図るとか言って居ますが、国民を誑かすお伽話もいい加減にして貰いたいと言う物です。安倍氏はおろか日本中の政治家が束に成って懸っても、北邦領土なんてロシアが返す筈は有りません。日本があれこれ言いよって行く者ですから、プーチンは適当に日本をあしらい、経済問題の美味しい汁だけを吸い取る腹なのです。

ソヴィエトロシアが先の大戦の終末期に、日ソ不可侵条約を一方的に破棄して、上手く漁夫の利を得て労せず北方領土を手に入れた様に、「領土」は戦争に勝利して相手から奪い取るもので、戦争もせずには平和な状況の中で「あの領土、返してちょうだい!」「そうだね返してあげるよ」等と言う話には成りません。北方領土は今の状況では永久に返還されません。将来、50年先か、100年先か、若しロシアが国力を衰微させて、戦争する力を失った時にこちらの軍事力が勝れば、其れを背景にして奪還する事が出来るでしょうが、それ以外では、全く望みは有りません。

ですから日本は、常に北方領土の返還はアピールしながら、経済関係で日本を利する関係を構築して行くべきです。ロシアの甘言に乗って下手に借款などの利敵行為はせぬ事です。

でも外交下手な今の日本にそんな芸当が出来るでしょうかねェ? アメリカン・スクールが幅を利かして居る害務省とそれに負んぶに抱っこの政府では実に覚束無い話です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存