ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2483] 安保条約を破棄して、大和の国独立を。
日時: 2016/07/03 09:10
名前: 倭人の叫び !  ID:SAfTcBqY

今、英国がEU離脱の問題で揺れに揺れていますが、詰まる所、此れは一国の国民が「自らの国を自らで律したい!」と言う、その国に住む人間の基本的な自然権の問題ではないかと思います。
勿論、世界が此れほど狭くなったと言うか、グローバル化が進んだと言うか、独自の規範のみによって生きて行けない時代が来た所為で、周辺諸国との連携が必要に成り、共通ルールを作って皆が其れを守り全体として発展・成長して行くためには、自我の抑制と言う物を強いられる事も止むを得ないと自覚すべきではないかと思われます。

尤も此れは複数の地域・国家間で連携するケースの事で、二国間に於ける取り決めや条約は少し異なって来るかも知れませんが、其れでも基本的な考えは、徹底した相互平等の考えに基づく条約の締結が実現するよう交渉するのがその国の政治家の絶対使命だと断言します。

と言う考えに基づいて現在の「日米安全保障条約」と言う物を俯瞰して見る時、其の余りにも国辱的隷属条約の姿に留まる所を知らぬ憤りを禁じ得ません。

この掲示板に投稿されて居る諸賢、及び閲覧されている諸士の、忌憚のないご意見を承りたいと、敢えてスレッドを立ち上げた次第です。日本の首相、安倍晋三氏は「ニッポンを取り戻す」と言うスローガンを掲げて国民を洗脳しようとして居ますが、「ニッポン」を何から、誰から、取り戻すのか? まことに漠然とした話で我々の心に響く事が有りません。

真に「日本を取り戻す」には何をすべきか? 諸賢、諸兄・姉のご教示を乞い願います。 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 安保条約を破棄して、大和の国独立を。 ( No.32 )
日時: 2016/09/17 08:37
名前: 倭人の叫び ID:GwsyL0VI

先日、或る週刊誌を見て居たら、二人の作家に依る「英国のEU離脱」に関する文章が有りました。

その二人、フレデリック・フォーサイス、とブライアン・フリーマントル、なんですが、何れも離脱賛成派で、英国の独自性と自立性について、国民投票が離脱賛成を選んだ事は当然の帰結だと評価しているのです。

其れに付いては、このページのタイトルが意図する“日米安保に関する日本の独立性確保”を希求する主張と有る部分通ずる所が有りますが、厳密には似て非なる物です。

日本の場合は、「日米二国間」の安全保障条約ですが、英国の場合は複数国に依る連合経済圏の構成とも言うべき物であり、その場合、多数による最大公約数の取り決めが必要であり、個々の独自性は或る程度制約を受けるのが常識と考えられます。
「日米安保」の場合は、弐国間の条約であり、一方がもう一方の保護領か又は信託統治領でも無い限り、弐国は完全に対等の立場でなければ成りません。 此の事は詳述を略しまして、

上記の二人は、英国のEU離脱は二つの理由、ブリュッセルの傲慢で独善的な官僚機構によって、@英国の高額な負担金が吸い取られて居る事、A一方的且つ独断でEUの規則・規制が施行されて居る事、を挙げ、誇り高い英国にとっては我慢ならない事だ! と言うのです。
英国がブレグジットを決めた後も、スエーデンの製薬会社「アストラゼネカ」は3億3000万ポンドを掛けて、ケンブリッジに世界的規模の研究所を建設中だし、多国籍企業の「グラクソ・スミスクライン」も英国の製造工場に2億7000万ポンドの追加投資を行った! と述べて、世界の英国に対する信頼の現われを主張して居ます。

其れは大変結構な事ではありますが、英国がその国民性を発揮して、粘り強く狡猾な交渉をEUと続けて、完全な離脱を完了した後、此れまでの様に諸外国と特にヨーロッパの各国と有利な関税処置に依る貿易が出来るのか、実に悲観的な物が有ります。

英国の事を日本人の私が心配しても大きなお世話と言われるでしょうが、このお二人さん、何か負け惜しみに満たされて居る様で、「ホントにそうなら言う事無しなんだけど?」と言いたくなります。

其れと同様に、日本の「安保条約」も、其れを擁護・維持する論者やマスコミ達に、日本人が洗脳されて居るのでは無いかと思われます。いえ、殆どの日本人は何も考えないか、洗脳されているのです。
とは言え、現在の日本人の民意は現政権を承認し、現在の社会状況を是として居るのですから、最早何をか謂わんや! です。
英国の話よりも気に成るのは、「日本よ何処へ行く?」と言う心配です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存