ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.100 )
日時: 2009/11/23 15:07
名前: 天の橋立の愚痴人間

素人経済学。

>・・・新古典派経済学批判で、経済学だけでは解明できないものがあるとして社会学に脱皮したパーレートの理論のほんのさわりの部分だけを紹介しました・・・参考までに彼の社会構造の分析を紹介しますと・・・(今日でもその構造は変わっていないので)・・・大きく括りますと、社会システム論とエリート周流論から構成されております・・・

パーレートの理論なるもの拝見しました(短い文章でこのように言うのもなんですが)、社会学の興隆が必要だと言ってきましたが、すでに彼のような学者もいるのですね。

ここで既成の経済学者が触れようとしない素人の経済学を述べてみます。

35年以上昔のことですが、ある小さな工務店の経営者から次のような話しを聞きました。
「工務店を大きくするのは馬鹿でもできる。他社より安い請負金額を提示すれば良いだけである」

確かに、当時はそんな状況でした。
要するに、彼が言いたいのはその工務店の営業エリアに合った適正規模というものがある、と言うことです。
そうして適性規模を判断して経営することこそが難しく、それが経営なのだということのようです。

その後、私は田舎に帰ったこともあり、彼が言っていたことを切実に体験することになりました。
何処も彼処も売上げを上げることに懸命で、従業員はどんどん増やし、営業攻勢をかけていました。

私は彼らを冷静に評価していました。
工務店の数はどんどん増えて行き、先発組は拡大をし続けてはいるが、将来とも需要が続くのであろうか、大きくなるのは良いことであるが、どの社も大きくなれる訳ではない。

大きくするならば全国ネットの企業まで、その先は世界ネットの企業まで登り詰める覚悟がなければいづれ頭打ちとなり悲惨な目にあうであろう。

それから二十数年、それらの企業の2/3は無くなったか、もしくは経営体質の比較的良かった企業は従業員を解雇し縮小を図って存続しています。

それでも事業の拡大に無理をせずに手堅くやってきた企業も中にはあります。
概ねの経営者は一旦事業を始めると、自分の企業の業績が拡大していなければ不安になるのでしょう。

それも自然の理でしょうが、経済とは、そう言うものであることを理解しなければならないと思います。

需要と供給とか言った範疇の論理が、無限に拡大して考えられるのでしょうか。
前途を悲観しすぎるのもどうかとは思うのですが、少なくとも今までの200年間と今後の100年とは様相が異なるものになるだろうくらいの算段が経済学にはないのでしょうか。

昨日の事ですか、経済の事を言っていたテレビで、我々はすでに豊富な生活用品を手にしている。
内需拡大と言って、庶民に何か買え、買えと言っても、庶民は無理して買う必要がないのである。

此処が問題なのです。
テレビ、電卓、電話などはすでに家族の数を上回るほどあります。下手をすれば自動車も家族の数うらい持っています。

住宅ローンの御蔭もあり多くの人が住宅を手に入れていますし、借家はすでに有り余っています。
衣類は納戸でカビが生えるくらい持っていて、食料は食べるよりも捨てる方が多いくらいです。

この様になってきた最大の根拠は、生産技術の発達なのです。
生産技術の発達は、価格を安価に誘導し、誰でも多くの商品を手に入れられるようになりました。

すでに先進諸国では、国内で必要な量の何倍もの生産力を持っています。
衣食住に関しては経済のパイは満杯なのです。
これに対して新しい製品開発が言われていますが、衣食住に関する商品が占めていたような量的な対応など出来るはずはありません。

それでも、今でも生産技術の開発、発達は止まらず、企業はそれを促しながら、実際には生産力(機械)に追い回される結果となっています。
業績を拡大して我が社のみが業界を制覇すると思い込んで、最後は破綻する競争に明け暮れているのです。

ビッグバンから宇宙は拡大を続けていると言う話は良く聞きます。
最近は宇宙の輪廻説なるものも囁かれているそうです。

よくは解りませんが、ビッグバン自身も繰り返し起きるものとすれば、輪廻の思想に近くなるのではないでしょうか。

経済でも、確かビッグバンなる言葉を使っていたようですが、宇宙科学が気付いたように、一方的な拡大が可能と考えるのは真理ではないと言う事に気がついて欲しいものです。

そうした認識に到達すれば、経済学も変ってくるのではないでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存