ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.115 )
日時: 2009/11/26 15:38
名前: 満天下有人

「sharinchさん投稿NO.114へのレス」

・・・アソシアシオンの概念を理解するには、「アソシアシオンで読み解くフランス史」や、「フランス地域民主主義の政治論」など多々ありますが、フランス社会の発展を参考にされるのが良ろしいかと思います、何かヒントが見つかるのでは・・・

・・・ただし、19世紀半ばの農村を中心に考えられたもので、でもフランス初期の社会主義がマルクスと違う発想で何を理想としていたかは、あなたの唯物民主主義の参考になるのでは・・・マルクスの概念底流にもアソシアシオンが感じられますが、ご存知の通り彼の場合はそれを超えて史的唯物観に到達し、階級闘争でしか資本の本能を根こそぎ取り除くことは出来ないという思想に発展・・・

・・・先にパレート最適論で、パレートは数学者から経済学に入った切っ掛けは均衡論の元祖ワルラスとの出会いだったと紹介しました・・・このワルラスも協同組合論を展開し実践したようですが、それは組合というより個々人の「結合」組織的なものの中で、資本と労働の一体化というようなものを構想していたと思われます・・・資本主が単独で生産販売などを行なえば、剰余価値の蓄積に励むだけになる・・・

具体的には組合員労働者がアソシアシオンの金庫に少しずつ貯蓄して行き、それを資本に組み入れて資本と労働の一体化を図るというものですが、まあ19世紀の経済のパイが小さい頃は、それでも間に合ったかも知れません、現代は様相がかなり違いますから、そんなかったるいことでは追いつきません・・・

そこで私は、そのような形を促進するにはどうしても政府の支援が初期段階では欠かせないと思う次第(ただし前提として政府に国の形を根本的に変えるという意志があっての話)・・・現在でも労働組合による持株制度もありますが、それは資本と労働の一体化という理念からではなく、要するに資本主義を前提にした不労所得願望であり、資本と労働の一体化を望むというようなものではありませんしね・・・第一、組合というそのものが資本の側からすれば、全員参加型の経営を望んでいるわけではなく代議員の参加に限定し、かつ組合側もそれを是認しているわけですからね・・・

労働の能力格差による職種配置とか、アソシアシオンの概念はあくまで資本と労働の一体化を図る理念ですから、そこまでは考えていなかったと思います、あくまで生産関係の大枠としての理念でしたから・・・

・・・個々人が結合する場合でも、利己心を先ず捨象し個々人の理念をどこまで共通なものとして抽出し結合させ得るか、そこが「唯物民主主義」の要になって来ますね・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存