ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.134 )
日時: 2009/12/02 22:25
名前: 満天下有人

「sharinchiさん投稿NO。128へのレス」

・・・確かに民主党政権は自公政権の歪み是正政権の感じが強くなって来ましたね・・・政策を見るに、雇用問題などの格差是正を税や支え政策で繕うことが多く、将来の展望に些か不足感があります・・・よって資本主義の矛盾云々を通じての屋台創りはそもそも無いし、期待するのはムリでしょう・・・

是正政策ならそれはそれで構わないのですが、国家戦略室という斬新な機能を持つところが、今回の政府・日銀首脳緊急で日銀が出した金融政策を評価するという担当菅大臣のコメント、いささかがっかりしました・・・

白川総裁が出した緊急措置は、これまでと同じ陳腐な金融政策で、あんなの一時しのぎ以外の何物でもありません、それは日銀という部署の宿命的な限界というものでもある・・・

0.1%と言う低金利で銀行などの金融機関へわずか10兆円のお金を流すだけで、銀行など金融「資本」は、何も天下国家を憂いているわけでも何でもありませんからね・・・中央銀行がいくら天下国家のためにとした所で、資本はその本能で安全策を取りその中で利潤を上げる行動に出るだけです・・・

現に、一時1.5%まで上昇していた10年国債利回りが日銀政策発表の前に1.2%まで低下、明らかに市中金融機関が国債買いの動きを見せた(国債価格上昇すれば利回りは低下するわけですから)・・・

何度も云って来たことですが、政府が金融政策の出動を日銀に求める以上、新政権としての「国家戦略」と抱き合わせで金融政策を求めるべきで、それもなくわずか2.7兆円の補正予算で目先歪みの下支えだけしかない施政が鮮明になって来た・・・なのに銀行だけにお金がジャブつく政策を評価するなんて、旧来と何も変わるところがありません・・・全体としては旧大蔵省的動きに追随しているだけの感じも、だんだん強くなって来ました、税の議論を見ていると特にさように感じます・・・

為替市場、株式市場の一時的下支えの効果はあっても、いずれメッキは剥げます・・・まあ、1ドル50円くらいにまで行かないと戦略は出て来ないものか、そこで出るものは既に戦略でも何でもないと思います・・・

・・・話は変わりますが、唯物民主主義の概念の肉付けが増して幅が広くなりましたね・・・
現生産関係の上に立つ民主主義手法も、資本の「質」を変えない限り個々人の理想の「連帯」にも一定の限界が出て来ましょう・・・同時に民主主義の責任の範囲も明確にしておく必要があるのでは、えてして民主主義も無責任な体質を持っているものですから・・・

・・・アソシアシオンの概念では、資本の質を代えることと、同時に「連結連帯」の責任の所在の明確化が軸になっていたように思います・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存