ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.16 )
日時: 2009/10/17 08:50
名前: 満天下有人

omusubiさん

・・・ご心配ありがとうございます・・・

検診結論は15年前に自転車に跳ねられた損傷部分、骨盤に接する背骨髄管が加齢によって細くなっているというダブルパンチによるもののようです・・・これが下肢への血行障害を起こしている、不思議に痛みはないのですが、先日は突然、自分には下半身があるのかと思うくらい感覚が無くなってしまい往生しました・・・

・・・多分、三途の川を亘る時の、足なし幽霊の予行演習を仏がやらせたのだと思います(笑)・・・

進行した疾患も、痛みが無いなら切るより点滴による損傷箇所への点滴注射療法の方が良いという医師の判断に従うことにしました・・・ならば、大吟醸「浦霞」による治療の方が私には効果的、帰宅後試してみたら、下肢の感覚が戻ったような感じ(笑)・・・まあ、オフ会のチャンスはまだあると思いますよ(笑)・・・

・・・しかしまあ、具合悪い疾患を診るのが病院というものなのに、病院そのものが具合を悪くさせてしまいますね・・・朝10時に入って主治医に会えたのが夕方4時・・・前回検診から3カ月以上経過すると初診扱いになり、事前電話予約を入れても受け付けないし・・・

初診扱いになると、一から受付、一体何を調べているのか保険証を出して受付完了まで1時間!、多分厚生労働省が次から次へとチマチマした指示を出すから、PCシステムが戸惑っているやに感じましたね・・・特に高齢者の場合、別の保険制度が重なって二重システムになっておりますから・・・

・・・待ち時間の間、たまたま手にした週刊朝日に、政治主導の民主党政治に対する霞ヶ関官僚覆面座談会なる記事を目にしました・・・長妻厚労大臣、確か米国在住でも選挙権は日本に残されたおむすびさんの選挙区・東京7区でしたね、長妻さんは・・・

年金は専門だけど他は素人だから、レクチャーするのにすごい時間がかかり、大臣も疲労困ぱいで判断力が鈍っていると厚労官僚が批判しております・・・確かに、厚生労働省は年金、医療、雇用などなどカバーする範囲が広すぎて、一人の大臣がカバーするのはムリ・・・

逆に言えば、範囲が広いことと複雑システムによって、官僚たちは第三者が的確な判断を鈍らせ、自分たちが好き放題やれる場を作って来たということでしょう・・・私立大病院といえどもこれには逆らえない、お礼参りが待ってますからね・・・官僚覆面座談会の他の省庁の役人たちの民主党に対する感覚をざっと見ても、維新の時の天皇の官僚以来蓄積されてきた感覚を潰すのは、並大抵ではないなという印象です・・・

・・・彼らが言う不満は云ってみれば、役員が総入れ替えとなり新たな会社運営の方針が出された時、自分たちの実務が複雑化するという程度の、平社員の不満程度で、それ以上の国家国民に対する意識はまだまだ無いという感じです・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存