ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.190 )
日時: 2009/12/25 22:30
名前: 天橋立の愚痴人間

少し長くなりますが、今日の出来事で世間の実体を述べてみます。

最近、思わぬことで700万円くらいの設計の仕事を入札で取りました。
当市では年間唯一の建築設計の入札です。

同業者との熾烈な競争を制して予定価格の半額で落札したしだいです。
これは2ヶ月くらい前の話しですが、市の支払いは、何と業務がすべて完成した来年の4月ごろになる予定です。

外注費なども支払う必要があり、700万の金を立替て支払う余裕が、現在はありません。
話しはこれからのことであります。

昔の国民金融公庫、現在は日本政策金融公庫と言います。
そこへ運転資金を借りに行くことにしました。

年末のこともあり、案に違わず結構人がいました。
金融公庫の若い担当者と面談し、30分ほど、いろいろと事情を聞かれました。

初めての融資の御願いでもありましたが、世に言う中小企業の経営者が平身低頭借り入れを御願いするなどの思いは浮かばず、国の制度を利用しに来てやったくらいの、掲示板とほぼ同じくらいでかい態度であったと思います。

必要なことの聞き取りを終えた最後に、斯の担当者氏が言う事には、貴方の事務所の経営を、今後どのように上向かせることが出来るか、経営者としての豊富を聞きたいと来ました。

一般的には当然な質問である事は解るのですが、私は思わぬ事を聞かれるものだ、と言う風に、改まって下記のごとく言い放ちました。

事業の業績の向上など、貴方、そんなものは考えもしてませんよ。
仕事は幾ら探してもないのである。
ないものを、とることも出来ず。
仕事がなければ、どのようにすれば企業体質の改善をして利益を上げ得るかなどのことは机上の空論も甚だしい。

最も、ないと言っても皆無ではない。
その少ない仕事を如何に取るかの問題で、すでに、この物件は、そう言う競争の中でとって来たもの。
今後も私は、殆どのそのような物件をとるつもりである。

こう言う環境で経営を行っている者に、貴方の言うような話は実に能テンキに思われる。
さらに言いたいのは、このような金庫があっても、救えるのは、仮にも競争に勝った私のような一部の業者だけである。

このように、説教たれて金を貸していただくことにしました。
まあ、私のようなものに出くわす担当者氏が気の毒であったかも知れません。




実際は、こんな陽気な借銭話しは殆どないことも書いておかねばなりません。
多くは、逃げ道なしの必死の形相で金融を頼みに来ているのです。


金融を緩和すれば景気が持ち直すと考えている連中は、こんな実相が解っているはずはないのです。
出先の窓口の担当者氏ですら、マニュアルに書いてある調書の問答を記憶していて、単純に繰り返しているのみです。

ついでに申しておきますと、朝一番であったので、女子社員が花瓶に生けた花を数箇所に置いて廻っていました。
経営に心配しない事業所は、こんなに余裕があるものかと、そんなに感傷的に見れなかったのは、貧乏人の僻みなのでしょう。





メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存