ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.222 )
日時: 2010/01/31 22:31
名前: 満天下有人

「政治に懸ける花言葉」

・・・8年前、ネットで知り合い、投稿を始めるきっかけになった、樹木や花に詳しい方のブログを一年ぶりに覗いたら、山吹の花について解説されていた・・・

・・・「ヤマブキは、南九州で3月下旬から開花しはじめ、桜前線を追いかけるように日本列島を北上し、関東地方では4月中旬、北海道南部では5月末に花を咲かせる。

中国名「棣棠」
  「棣」テイは、 にわうめ、郁李。
  「テイトウ」とは山野に自生する落葉低木、「やまぶき」だ。

平安初期の漢和辞書「新撰字鏡」には、「その枝柔軟にして風に随って振れゆらぐ、故に山振りと名づく」とあり、古くはヤマブキに対して、山振の字が当てられたと思われる。

「隶」タイは逮の原字で、およぶ、そこまで届く。
  木+隶・・・ 次々に花が並んで列をなす木の意。
  でもね、ななへやへ咲きは実を付けないけど、一重の花は、ちゃんと実をつけるんだ。」

なるほど、太田道灌が寒村で雨に会い、傘を借りようと農家の軒先に立ったとき、娘さんが差し出した山吹は、多重花弁であったか・・・

・・・七重八重 花は咲けども 実の(蓑)一つだに無きぞ 哀しき・・・

花弁は山吹色と言われ、江戸小判の色の例えに使われる・・・世は七重八重に咲き乱れ順調に回っているけど、うちにはお貸しする蓑(傘)の一つも無く、まことに哀しゆうございますと、謙虚なお断りの気持ちがよく滲み出た名句だ・・・

・・・政治は山吹色のお金の出所を巡って、七重八重の追求だ・・・木+隶、次々に花が並んで列をなす木、花弁は一つでも「実」をちゃんと付ける・・・七重八重の追求が結果として「実」の一つだに無きぞ哀しくもなるか・・・

・・・子供の頃よく耳にした童謡、黄金虫(こがねむし)は 金持ちだ 金蔵建てた蔵建てた 子供に水飴買ってきた・・・というのもあったな・・・

・・・政治とカネの問題は、先ずは鳩山、小沢が自ら提案しているように、企業献金を禁止するのが一番効果的だろう、小鳩をカネ問題で攻めるジミン、元はと言えば自分たちが最も恩恵を受けるように創ったものであろう、だから政治資金を追求しながら、一方で企業献金廃止には反対するという支離滅裂な咲き方をする・・・

・・・黄金虫が買ってくれる水飴の味が忘れられないのであろう・・・まことに「七重八重 花は咲けども 実の一つだに 無きぞ」哀しくなる・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存