ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.261 )
日時: 2010/02/27 09:02
名前: 満天下有人

「民意は常にヤヌスの陥穽に落とされる」@

・・・ヤヌスの陥穽なる本があるようだ、読んだことはないが、目次を見ると何を言いたいのか凡その見当はつく・・・

ヤヌスとは古代ローマ神話に出てくる顔が前と後に両面ある神・・・物事の始まりである入り口を司り、後の顔はその始まりの物事が正しく出て行くかどうかを司る守護神・・・

1966年にフランスの天文学者が発見した土星6番目の衛星に、この神の名がつけられている・・・ところが軌道半径が僅か50Kmしかない場所に元々同じ軌道スピードを持つ衛星・エピメテウスが回っていることから、最初のヤヌス衛星発見者は非常に良く似た衛星を取り違えたのではないかとも言われ、しかし1980年に米探査機ボイジャーが、そこにヤヌスとエピメテウスの二つの衛星が土星を軸に同じ軌道を同じスピードで回っていることを確認・・・

軌道半径が50Kmしかなく、4年に一度土星を軸にこの二つの衛星は上下が入れ代わるらしい・・・通常はどちらがどちらなのか非常に分かりにくく、入りと出が同じに見えるところから、このローマ古代神話の神・ヤヌスの名が付けられたのであろう・・・

・・・正の入り口と正の出口・・・表面上では同じに見えても実際は途中で入れ代わっている別の物体、事象・・・ヤヌスの陥穽とは、同じ正に見えても実は本質が途中で変えられている不正義に注意せよ、それを見抜けという暗示なのであろうか・・・

この書籍の中に、中央銀行を介しての貨幣発行のインイチキも書かれているようだが(これはむしろ「財政規律スレッド」の範疇なので略)、ここでも書いたようにロスチャイルド戦略の貨幣の歴史的端緒、国家政府に限りなく借金を持たせよからして、ヤヌスの陥穽をこれに当てはめる意味が良く分かる・・・入り口では近代経済における貨幣の役割正当性の下に、出口部分ではその正当性の結実として、近代経済社会のパイが大きくなった、だが入りと出の中で謀略が多々仕組まれた・・・陥穽とは正なるものに見せかけて実は途中で二次構造、二次組織を含ませて出すメタハということであろうか・・・

・・・政治に当てはまるヤヌスの陥穽は過去にも多々ある、今起っている現象では小沢に対するマスコミ&検察のやり方が、正にヤヌスの陥穽そのものだ・・・

・・・禁煙令を巡って天橋立さんが憤怒を吐露されている・・・

私も絶対、絶煙できない一人(笑)、怒りは怒髪天を突く思いだ(笑)・・・
だが、怒っていることは禁煙令のことではなく、健康心配などの正を掲げて実は、増税が主眼であったり、何よりもさような発想でしか交代後の政治が出来ず、小沢悪視が正であるように見せかけて実はおのれらの安住場所確保が主眼なのに、小沢追い落としが正なるものとして、出口をも正に見せかけているだけだ・・・その陥穽に民は既に落とされかかっている・・・

・・・昨年だったか、70歳も半ばになったことを理由に参院議員を辞められた平野貞夫さんが、小沢人格の本質と、それをあたかも二つの土星衛星が途中で軌道を入れ替える陥穽の如き、民主党内陥穽メタハについて、実態を吐露されている・・・(続く)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存