ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.27 )
日時: 2009/10/24 01:44
名前: 天橋立の愚痴人間

満天下有人 さん、貧困の問題、まだ途中かと思いますが、いたたまれないので口を挟ましていただきます。

貧困率の問題で、政府の認識を(15.7%)元に施策を考えるのと、24.6%、実に人口の1/4と捉えるのとでは対応の仕方が異なってくるはずです。

実際にはグローバル化が進んで起きる産業の空洞化に対応できる術を理論的にも実体的にも何も持っていないことは解ります。

そうかと言って、ずるずると誤魔化し続けていても状況は深刻になるばかりです。
先の世界の貧困率も、リーマンショックに端を発する、今回の世界不況は計算に入っていません。
それなのに、2000年と2007年では相当数値が悪くなってきています。

最初に定義された「経済学の怠慢」はまさに糾弾されるべきことだと思います。
ノーベル経済学賞など、過去20年間に与えた人間から全て取り上げて欲しいものです。

市場主義経済は、船頭も羅針盤も無く、強欲な船乗り達が徒党を組んで宝の島を求めて好きなように舵を切っている状態であると思います。

内需喚起だ、新しい産業などと、何の目途も無く喚いていますが、そんなもので多くの民を、無辜の民を救えるものではありません。

現在、1/4の貧困者が、そのうち1/2になるのもそんなに先のことではありません。
現在の福祉制度は、そんな状況を想定してはいません。

東京など大都市にいますと景気が良い光景も飛び込んできますので全体のことが認識しがたいと思います。
貧困者は、自分だけと思い込んでしまっているのでしょう。

でも田舎に住んでいますと、先ず全体が目に飛び込んできます。
最近、市の建物の設計を受注しました、昨日も市の建設関係者と打ち合わせとしましたが、上役ほど、予算のことでピリピリしています。
要するに、国から貰う補助金以外にとても市の財政から出せないと言うことです。

市民が疲弊にあえいでいますので、以前から赤字に悩む当市など、益々税収が逼迫し、固定資産税、市民税を上げてきましたが、それも限界に近く、どうにもならない状況に年々追い込まれているようです。

こう言う状況に対峙できる英雄は現われないのでしょうか。
これは民主党の政権交代などより何十倍も大きく困難な大事業です。

先の記事で図らずも、

>・・・直接カンフル剤と平行しても一つやるべきは、新たな需要が無いという側面、ここを開発する場合、私的個別資本では当然のことながら、利潤の目論見を中心にしか動かない・・・未来に焦点をおいた巨大プロジェクトとなると、市場主義だけではとてもじゃないが全体の底上げは不可能である

・・・ケインズが象徴的に言った、穴を掘ってその穴をまた埋めるのも有効需要を喚起するとは云え、それは極めて限定的なもので前世紀的であり、総社会的な底上げにはならない・・・

このように書かれていましたが、

もはや、そのケインズが言った「穴掘り作業」でも始め無ければならないのではないでしょうか。
何となれば、ケインズの穴掘り理論に匹敵する如何なる理論も出てきていないのです。

自民党の怠慢も腹が立ちましたが、経済学者の怠慢はそれ以上のものと思います。

奴等に代わって、満天下有人さんや、私などが乗り出そうと言うのですから!
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存