ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.288 )
日時: 2010/03/09 09:06
名前: 満天下有人

朝日記事「悪夢・20xx年日本破綻、消費税25%」@

・・・ボノボさんも触れておられたが、一昨日の朝日記事、何故この時期に、しかも一面扱いだから記事掲載の裏のシナリオが垣い間見える・・・

この財政破綻、国家破綻への道筋・・・8年前から折に触れ何度も書き、一部学者も言って来たことで、今更目新しい問題でもないが、大手紙が一面で取り扱ったところに、いよいよ切羽詰まった政府、と云うより、こんな状態にまで放置して来た旧大蔵、財務省が、マスコミを使って、責任は棚上げにして国民一般への危機意識植え付けを始めたということであろう・・・

・・・“責任は棚上げにして”と言い出すと少し酷な言い方になるかも知れない・・・

前稿でも触れた通り、貨幣と人間経済の関係は不思議なもので、その本質を見抜きそれを手品に変えたロスチャイルドは、大したものである・・・わが国では維新の時の岩倉使節団が500百日もかけて世界一周し、その時に中央銀行制度も知り、だがその手品カラクリに気がつかなかった、せいぜい高橋是清くらいが破綻の結末に気がついていたくらいだ・・・

・・・別にわが国だけでなく西欧先進国と言われる国でも、せっせとカラクリに励んだのだから、知らない大衆だけがいつも尻拭いの犠牲になっただけのことである、直近では小国だがアイスランドの破綻、ギリシャの国家破綻・・・国際金融資本と政府結託によるカラクリにまんまと乗せられてしまった・・・

前置きが長くなり恐縮ながら、昭和30年台の半ば、第一次安保闘争で世情が激動していた頃、世間で流行った歌があった・・・♪いちょうは何も知らないけれど・・・いちょうは手品師老いたるピエロ〜♪・・・そんな歌詞だったと思うが、これを別の意味に当てはめて、ははあ、世の中って手品で成り立っているのかもな、そんな感慨を覚えたことがあった・・・

記事を読んでいない方々には、何の話だか理解できない向きもあろうかと思うので、次に朝日記事一面全文と三面解説の主要部分をも紹介せねばならない・・・

“国民一般への危機意識を植え付け始めた”ということに関しての伏線は、菅直人財務大臣が最近盛んに消費税増税の議論を始めようと言い出している所にある・・・、これは財務官僚たちの相当な危機意識の表明なのだが、消費税増税の議論を始めようだけでは、国民一般からの反発を買うだけで実体が理解できない・・・

政府がいきなり実体を、と言っても心ある人たちには分かりきっていることなのだが、政府が正面きって言い出すと、株式市場、金融市場が今日明日にもパニックに陥り、社会保障分野も滅茶苦茶になってしまう・・・そこで朝日が気を利かして恐ろしい実体をドキュメント風に補足したのであろう・・・たまたまこの朝日記事の前日に私は、グランドデザイン無き新政権の政策をちょっぴり批判させて頂いた、しかしこの国家破綻に対し、仮にグランドデザインがあったとしても、政府としてはこれは口が裂けても言えることではない・・・戒厳令に等しいくらいの政策の下にある日突然言わねばならない、それが朝日が気を利かせて?シミュレートした物語だ・・・
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存