ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.290 )
日時: 2010/03/09 09:10
名前: 満天下有人

朝日記事「悪夢・20xx年日本破綻、消費税25%」B

・・・前置きが長くなってしまった・・・以下朝日記事全文引用するが、その前に財政規律なるスレッドで国債は借金ではないという論を拝見したことがあったが、借金を「収入」と見なす財政当局のいわば、共産国家経済思想みたいな考えがこんな朝日記事の導火線になったということを指摘しておきたい・・・
国家形態全部が共産経済体制ならともかくも、民は資本主義経済下に置かれているというのに・・・

『20xx年・・・。
ある週末の夜、首相官邸の記者会見場は熱気に満ちていた。緊急会見に臨んだ首相が震えた声で切り出した。「国民の皆様、深刻なお話を申し上げねばなりません。日本の財政は破綻の危機です。本日国際通貨基金IMFに緊急支援を要請し、関係国と協議に入りました。

挙国一致内閣で危機を乗り切るため、野党各党に政権協議を呼びかけます。』

(独白:よく言うよ、20xx年でなく明日にやっても良いくらいの問題だろうが・・・渡部ジジイと麻生密談も、この伏線か・・・麻生が首相時代にIMFに10兆円拠出するとG20で宣言していたのは、この日のための前払いお布施だったとでも言うのか・・・なのに山積する国内問題でも何を鍵として何をしようとしているのか、言うことがテンデバラバラ・・・国民に居場所をというのは、塗炭の苦しみの場ということか・・・)

『続いて財務大臣が「前年度比5%以上の歳出削減を5年間続ける」などの「財政再建緊急プラン」を公表した。極秘に練り上げたプランだ。数ヶ月前から国債の引受け先を決める入札が不調に終るようになり、海外の市場関係者の間に「日本は投資先として危険」とのレポートも出回っていた。』

(独白:よく言うよ、国債入札割れの兆しは小泉内閣発足直後の04年にもあった・・・当時の谷ガキ財務大臣・現ジミン総裁と福井日銀総裁が国内大口国債買い手の中から大手銀行、証券各社25社を指定し、いかにも格好良い国債市場特別参加者なる名称をつけて差別化を謀ったことがあった・・・

・・・何のことはない、入札札割れが起りかかったので体裁の良い名前をつけて実のところは、これに参加しないと国債自由市場で採算の良い分野への参加権を剥奪するという脅しが含まれていた・・・続いて財務省は海外引受け先探しに行脚、低利回りのためにほとんどの国が引き受け拒否・・・裏返せば高利回り=長期金利高騰なら引受け先があるということになるが、これは国債価格暴落、ルーブル危機を発生させたソ連、ロシアと同じ構図になり、GDPの200%もの発行残高を抱える円の暴落を招き、破綻することでは同じになる・・・詳しくは後に譲るとして)

更に5%歳出削減くらいでは、焼け石に水なること小学生算数でもすぐに答えが出る・・・要するにもっと広範なグランドデザインの下で一気にやらねばならないことを、それがないから破綻処置の構図も、単純になってしまう・・・言いたくても言えない状況にあることは分かるとしても、こんなxx年での大胆な国家破綻物語を書くにしては、大胆な発想が無い・・・)

・・・(続く)。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存