ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.295 )
日時: 2010/03/10 15:44
名前: 天橋立の愚痴人間

阿房の長命 さん、

>ですから、長いものに巻かれるような風潮を大事にする一方で、出るくいはことごとく打たれております。つまり上から出された物事は大事に扱うけれども、下からの進言や提言はことごとく捨て去られる傾向がのこっております。

>今までの発展期のIT技術の中にも、アメリカ発となったCPUは、元をただせば日本人のSさんというかたの発案であり、某半導体企業は役に立たないという理由で取り上げませんでした。こうした例は数限りなくあります。


直接の政治の話ではありませんが、上記に指摘されていることは、ことの大小に関わらず、日本の隅々で起こっています。

これなどは、行政相手に仕事をしている殆どの方は判っておられると思います。
私が仕事(建築設計)で付き合う相手も、一旦決まった役所の方針を守ることばかりに精をだし、専門職として委嘱された私の意見を、重大なことになるほど理解しようとはしません。

私の意見を聞くということは、大きな方針の変更を余儀なくされ、担当者としてそれを上司に伝えることに躊躇するのです。

まず直接の担当者が、その上の係長に言うにも勇気が必要で、この難関に挑戦できる根性の持ち主は非常に少ないです。

それがなっても、今度は係長が課長に進言するとは限りません。
大きな予算のことに絡むと、部長た他の関係部署の幹部の調整が必要ですが、まずこのような方向へ発展することはありません。

何でも、かんでも再検討する必要はないのですが、特に大きな問題の再検討をなぜしないのか。
役所という組織は、民間と違い業績を上げる必要はなく、単に組織を守るものが優秀とされているようでして、要領の良いイエスマンが好ましい職員とされているようです。

物事に突き当たり反省し成長をすることがないので、何時まで経っても社会の現実に正しく対応できない、実に非効率な組織であります。

教師の世界もそうですが、社会と隔離された組織の人間が、社会のことに口出しても始まらないのです。

教師で世界でも、行政の世界でも、雇用のありようを根本から変えて、新規採用の半分は民間から中途採用するシステムに転換すればよいのです。

従来の閉鎖社会が、自分たちの固有の権利であるというような認識を打ち砕く必要があります。

誰でも「ここらでしばらく公務員でもやってみるか」と言うような発想で有意な人材が集まるように出来るはずです。

営利企業ではない行政ならではの人事が行えるはずなのです。
要するに、死に掛けている、死んだ組織を回復するには、血を入れ替えなければ出来ないということです。

さしずめ、私などは当市の建設課長くらいで雇っていただきましょうか。
これだけで、市の建設行政はずっとか風通しがよくなり、改革できると思っています。

官僚国家の弊害は、霞ヶ関だけの問題ではありません。
昔から言われているように、行政を「お上」と認識する我々の意識の改善と共に、名実共に行政組織のありようを考え直す必要があるのですが ?


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存