ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.301 )
日時: 2010/03/14 12:48
名前: 満天下有人

「再び小沢一郎論」A

・・・小沢独裁悪イメージで思い出されるのが、海部首相辞任の後の次期総裁選らびでした・・・小沢幹事長が総裁候補の宮澤、渡部美智雄、三塚を自分の事務所で面談するというあの場面、私も宮澤喜一が部屋に入っていきなり小沢に、よ〜、大幹事長と揶揄する場面をTVで見ておりました・・・

若造が先輩を呼びつけて面談するとは、思いあがりも甚だしいと、マスコミが一斉に非難しておりました・・・既に竹下派の実務をし切っていた大雑把金丸が、小沢の固辞にも関わらずやらされて、更に呼びつけるという形ではなく自分から三氏を訪問する、公平を期するためにホテルにしようと言うことだったのが、当日が大安吉日のためにどこも満杯・・・小沢が各氏の事務所に行くというのを三氏は逆に、推薦を受ける者が幹事長の所に出向くのはやぶさかではない・・・

渡部美智雄と小沢の事務所は同じビルだったので、小沢が行くというのに渡部がいや、そちらへ行くというのが真相であった・・・それを小沢に嫉妬心を持つ連中が、あたかも若造が呼びつけたという風潮をマスコミに流してしまった・・・

・・・小沢に、ほんとのことを言わないとあなたが益々損すると言っても小沢は、いや真相を言うと傷つく者が出る、私が我慢すれば済むことだ、オヤジから決して言い訳はするな、悪い評判が定着しても絶対に他人を批判するなと、厳しく育てられたもので、言い訳はみっともないと思っている・・・

こういう男なんですがね小沢は・・・海部失脚の後金丸が、小沢、お前やれと言っても小沢は先輩を差し置いて出来るものではないと、きっぱりした姿勢を崩さなかったのに、何で世間はかくも小沢を嫌うのでしょうかね・・・大雑把な金丸にしても、小沢は困難期に大胆な政策を取る能力があると見抜いていたようです・・・

「第二の遺恨型」
この代表が竹下と野中広務・・・竹下は金丸が小沢を幹事長に据えることに猛反対していた・・・建前上は主要ポスト経験の無い者を抜擢するのは党内秩序を乱すからと言うもの・・・本音では小沢が竹下流自社談合政治を密かに心よく思っていない、いずれ自分の政敵になる芽を摘んでおこうというのが、本音、そしてその通りになって行った・・・
平野氏が初めて参院選に立候補するとき、竹下、野中の思惑は小沢の監視役のつもりで平野氏の当選支援を行う・・・しかし平野氏は小沢の自社談合政治打破に共感して立候補したい、その悩みを小沢に打ち明けたら小沢は、いいじゃないですか、彼らの言う通りにして、後で革命を起こせばいい・・・実際にそのようになって小沢も平野も新政党を立ち上げることになる・・・これに対する竹下、野中の脈々と続く遺恨は、並大抵のものではない・・・
・・・大手マスコミや検察OBも入る情報調査・三宝会を竹下が作ったのはこの頃です、以後マスコミの小沢標的は今尚続き、反小沢派は何かにつけてこの会を利用しマスコミはそれでメシが食えるとして謀略を垂れ流す・・・これが昨今の小沢VS検察となっている・・・

「第三の恐怖型」
これは嫉妬型と遺恨型の合体型とも言える・・・マスコミを通じ小沢に抵抗する勢力が組織化され、小沢の改革によって既得権益が失われる恐怖をこの組織を通じて阻止する型・・・これは自民に多いでしょう、そして渡部恒三のようにその恐怖を分かち合う者が民主党内に拡散して来る・・・

・・・己の力量は棚に上げ、政治家になった以上総理総裁になりたい者は多々居る中で、小沢ほどそれを求めない政治家は希少です・・・自利などでは絶対動かない・・・
自民総裁谷ガキなどはあっさりなってしまうタイプで(笑)・・・それにしても与謝野、舛添あたりが何やらゴソゴソ動き出しているようですが、ポイントは外部要因でなく民主党そのものの中にあるように思います・・・しかし小沢は総理になるよりも、三流政治に睨みを利かす位置に居た方が良い・・・理念を言ったところで理解もされない、その実現にも妨害がかかって来るばかりですから・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存