ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.319 )
日時: 2010/03/19 00:21
名前: seijikeizai111

満天下有人さん、ご質問ありがとうございます。


>>・・・全体としては仰る通りです、TV会社と自動車会社の例で説明されていることは、要するに総合すれば各段階での付加価値創出に見合って、通貨は発行されているわけですね、そこを細かく説明されたのだと思います・・・

>>そこで、原理原則は分かりますが、現実に即してちょっと分かりにくい説明があるので、質問させてください・・・掲示板では誰しも言葉足らずになり、後で読み返すと、もっと的確な用語を使えば良かったかなと、文脈が分かりにくかったかなと思うことは誰しも同じで、読む側にとっては分からないこともしばしば起こる、その程度での質問として受け留めて下さい・・・

>>>・・・付加価値創出の段階で通貨は既に手当てされるわけですが「これが正当な通貨が生まれて通貨が償却されるまでの流れである」という箇所の、通貨の「償却」という意味が分かりませんので、砕いて教えてください・・・


通貨は、生まれては消え、生まれては消えしています。
通常、通貨は銀行が貸し出しすることにより生まれ、返済されて消えます。

誰かが適当に配っているのではありません。

琵琶湖の水と同じで、流れ込む水と流れ出る水があるのですが、見た目には同じ水がとどまっているように見えます。

世間に流通している通貨も同じです。


例でいうと、最初通貨は何もありませんでした。
A社からC商社へ、B社からD商社への販売代金を1億円づつとします。
お金がないので手形です。

銀行が手形を割り引いて、A社とB社に1億円づつの貸し出しをしました。
その時点で2億円の通貨が生まれました。

2億円の通貨は給与として支払われ、それぞれの販売代金としてC商社D商社に入り、手形の代金としてA社B社に支払われました。
A社B社は銀行に返済しました。
通貨は、なくなりました。お金が消えました。

こんな取引が日本国中でたくさん繰り返し行われているので、あたかも同じお金があるように見えています。



>>>・・・「最後に売れ残る商品に対する通貨の手当ても必要となり、そのための通貨発行手当ても要する」・・・これは当然ですね、通貨は原則GDPをベースに発行されていますから、付加価値創出の過程での各段階における必要通貨は既に発行され、かつ最終段階での完成品が売れ残るとしても、GDPにおける在庫投資をベースに通貨は既に発行されていると思います・・・


私があげた例でいえば、
D商社がB社から自動車を買わなかったとします。

B社は、手形がないので銀行借入できません。銀行は、D社が買うことで商品に価値があると判断しているからです。
融資が受けられないので、B社は給料が払えません。
給料が払われないので、B社の社員はテレビを買えません。
テレビも売れないので、C商社は手形が落とせません。
C商社の手形が落ちないので、A社は銀行に返済できません。

このままでは、A社もB社もC商社もD商社も倒産です。

A社の社員の給与は、使われずに銀行に預金として残っています。

国が、景気対策として国会議員に一人づつ車を買います、という政策をします。
財源は国債を発行します。銀行は、それを引き受けます。

ここでも通貨が生まれます。

B社は無事国に車が売れて、社員に給与を払いました。
社員は、テレビを買いました。

C社も手形を落とせました。A社も銀行に返済できました。

A社の社員の給与は、銀行に残ったままです。
その残高は、国債の残高と一致します。


これは悪いことですか。
ほっといたらよかったですか。




・・・「貯蓄された分はその分だけ需要を減らす」・・・この貯蓄された分というのは、国民所得計算における貯蓄という意味なのか、・・・後段で言われている「政府が国民に貯蓄を強いている」と言われている箇所を勘案すると、それが社会保障積立金を意味していると思うのですが、その部分が需要に向かわないから、需給ギャップが起る・・・

よって政府がそのギャップを埋めるために、それを裏付けにして国債発行するのに、何ら通貨の信任を揺るがすものではないから、どんどん国債発行しても問題は無い・・・ただし、使い道と財政規律を守った上で・・・

そのように理解してよろしいでしょうか



だいたいそれでよいのですが、誤解されないような注意点が二つあります

@・・・どんどん国債を発行しても問題はない、・・・
  というのは貯蓄相当分は、ということです。
A私のいう財政規律というのは、財政原則に反しない支出ということです。
税収の範囲の支出であるとか国債の発行が多いかどうかというのではありません。

財政原則は、繰り返しますが再掲します。
@国会の承認を得る。
A予算・会計は一つでなければならない。
B特定の収入と特定の支出とを結び付けてはいけない。
C量出制入(出を量って入を制する・・・入りを量って出を制するではない)。
Dお金儲けをしてはいけない。

この原則に従った支出をするということです。



・・・既に年金積立残高約130兆円のうち86兆円は国債、財投債に振り向けられております、・・・残り44兆円のうち34兆円は株式投資及び米国債で運用されていますが、国内需給ギャップを埋めるためにも、株式運用でなく国債購入に使え、という論旨であると理解してよろしいでしょうか・・・。



国債購入が目的ではありません。
誰かが使うようにすることが目的です。

その一つの方法として、政府が支出するということがあります。
その支出の方法としては、減税が一番いいと思います。
それも消費税や所得税など国民が自由に使える減税です。

先程の例でいえば、国が車を買い続けるなんてできません。
車を道路建設、ダム建設、空港建設に置き換えれば、公共事業依存経済です。
また、他にも特別会計まで含めれば200兆円の国の支出ですから、官需依存経済になっています。

需給ギャップをなくして、さらに国の関与をなくす、一石二鳥の政策が減税です。

減税も支出の一つです。


<<<とりあえず一つ返信します。>>>
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存