ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.321 )
日時: 2010/03/19 19:39
名前: 満天下有人

「seijikeizaiさんNO.319へのレス」A

(2)不況対策(資金繰り)としての金融政策と本来の財政政策(国民金融資産を裏付けとする国債発行)との混同

・・・不況による信用連鎖の崩壊で、A、B、C、D社全部が連鎖倒産し、「A社の社員給与だけが」預金として残るという前提が、よく分かりません、まあ細かいことは横において、後段で国民金融資産ギリギリまで国債発行しても構わないとの論のようですから、A社社員にのこる預金とは、象徴的に国民全預金のことを指しているものと理解しておきましょう・・・

・・・しかし倒産回避のための資金手当てはむしろ、国債よりも日銀などが金融政策としてやるべき範疇であり、現に一昨日、新型買いオペとして資金供給を0.1%、3カ月延長でやるとして供給量を20兆円まで増額しておりますね・・・

横道になりますが、何が新型かというと、別に新型でも何でもなく、日銀に聞きますとマスコミが勝手に名づけたらしいのですが、要は短期金利は通常オーバーナイトコール市場で日々動くものを、今回は3カ月固定するというだけのことです・・・

・・・問題は資金が銀行に供給されるために、いつもそこでふん詰まってしまい、末端まで血液が回らない、その銀行はタダみたいな資金流入はもっけの幸いで、末端に供給するリスクを避けて、末端には流さずに内外金融市場で運用してしまう(その点に限って言えば、銀行で貨幣が貨幣を生んでいるとは、言えますけど)・・・

別稿でヘリマネのことをまた書かせて頂きますが、このような銀行救済や保護だけに向けられる通貨供給こそ、ヘリマネの一種であると思いますね・・・FRBベン・バーナンキ議長が、ヘリコプター・ベンと揶揄されているように・・・

話を戻して、国会議員に車を買わせろという気持ちは良く分かります・・・しかし、それを国債で手当てせよという論には賛同致しかねます・・・国会費用及び官僚経費は既に赤字国債発行で賄はれております・・・GDPに占める政府消費支出は既に80兆円もあります・・・新たに赤字国債発行して買わせるのでなく、既に手当てされている政府消費支出80兆円の一部を、車現物支給すれば良いでしょう(笑)、給料はTVで払うとか(笑)・・・

・・・国民金融資産預金目一杯まで国債発行しても良いとの論、なかなか度胸がありますね(笑)・・・理論上ではそれは構わないし、第一マクロ経済方程式でのI(投資)=S(貯蓄)なる理論は、財政投資は一国の国民の富をバックに行われる・・・負でなく正なる裏付けで国家経済政策が行われることに何も問題はありません、だが現実はそうなっていない所に問題がありますね・・・

・・・ペーパー上では資産負債がバランスしておれば、その範囲内での金使いは一向に構わないわけですが、国家の場合、既に約278兆円の債務超過になっております・・・国民資産を子会社に例えて、そこでの預金資産に余りがあるから、親会社はいくらでも使っても良いとなると、いかなる結末になるか、自明の理であると思うのです・・・そして親会社の決算が毎年悪いから、子会社国民よ、お前たちのために営業しているのだから(社会保障費などの補填)、預金少くなくなったら、給料減らすか(国民にとっては増税)して親に貢げ、あるいは親会社へのに貢ぎ料を下げるから(減税)もっと稼いで、そこから貢ぎ料を払え・・・目下はそんな光景ですね・・・

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存