ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.322 )
日時: 2010/03/19 19:45
名前: 満天下有人

「seijikeizaiさん、NO。319へのレス」B

(3)各政策論

減税政策論:前稿で政府と国民の収支関係を、親会社と子会社の関係に例えました・・・そこで、国民子会社がもっと利益を上げられるように(需要喚起)減税せよとの議論が出てまいります・・・<減税は政府支出である>、それはそうなのですが、ではどれくらい減税すればどれくらいの需要喚起効果があるのか、それで以って巨大負債を支え切れるのか、そこら辺の見積もりはいかがでしょうか・・・

・・・私は現代のデフレ論は需要の質が完全に変わってしまっている所を見落としているから、減税効果はあまりないとの見方をしております、結局のところ減税分通貨は金融市場に向かうだけになるでしょう・・・格差縮小のためなら勿論効果はあります、しかし、世界第二位の貯蓄性向を持つ我が国の場合、その効果はいかがでしょう、有効需要の質をかえる必要があります・・・

・・・キイポイントはわが国には何が無いのか、そこにあると思います、新エネルギー開発論であり、その裾野は自動車、電力、環境等々、広がりは大きいし、食糧問題もあり、あるいは失った繊維産業の復活であり、色々あると思います・・・その為に金融も含めて一時鎖国を要するというのが持論ですが、これは別テーマですから省略・・・

・・・民間シンクタンクの試算では需給デフレギヤップは金額換算で約30兆円くらいと計算しているようですが、現在でのデフレ理論もそれを埋める減税理論、経常収支論にせよ、そして日銀による貨幣供給の方法も、もはや古典の領域に入ったと思えて仕方がありません、・・・

経常収支論:米国債購入は米国に需要を移転したようなものだから、それを輸出でカバーするのは当然と言ったところで、その米国の需要が落ち込んでしまへば、古典的経常収支論も通用しなくなっておりますね・・・なのに鳩山首相は原発の輸出だぁ〜っ、と、コブシを振り上げるだけ(笑)・・・

・・・総合すると、需要喚起のための減税政策、金融政策による刺激も通用しない・・・それは需要に質の変化が起っているわけで、そこを見落としての古い成長論では、対処できない、故に国家換骨奪胎くらいのデザインを持ってしないと、各政策論もバンソウコ貼りに終ってしまいます・・・

国債問題にしても国民資産をバックにやれるところまでやる、それでその後はどうするんだという根本的グランドデザインも無い、そうなるまで資産を投入し増税でいらぬ苦労をするのは愚の骨頂であると、少なくとも私はそう思うのです・・・
政府は相変らずデザインなき施策を日銀に押し付ける、日銀は日銀で古い理屈の上でしか金融政策をやらない、いや法定通貨の縛りがあってやれない、ここにも根本的な問題が潜んでいますが、あらゆる事に革命を起こす動きもなく施政者、識者達は消費税増税のモルヒネ注射にしか頭が向かない・・・

・・・しかも船底に大きな穴を抱えたままで船長は、羅針盤も作っていない、デフレという濃い霧の中でどこに向けて舵を取っているのか、自分でも分かっていない・・・そんなこと小泉内閣の頃から見えていることなのに、乗客がまだ重油(国民預金残)を持っているから使ってしまへでは、ええい、座礁して難破したら、それはその時だというヤケクソ航海術ようようなものだと、私は思います・・・

別稿で鎖国論を申している意味は、残っている重油を使いきらずに、ボロ船は捨てて新造船でその残り重油を使った方がまだましだ、さような意味合いも込めています・・・
・・・患部が分かっている癌を先ず摘出してしまうことが肝要だと思います・・・もうあと暫くで崩壊することが分かっていて摘出せずに余命だけの抗がん剤(国債増発や金融政策、増税の処方箋)を打つのは、ムダ金になってしまう・・・
癌でも内臓壁に入り込んで少々の検査ではキャッチできないものがある、スキルス性癌と言うやつで、国際関係に当てはめると、今は目に見えないが、外から必ず仕掛けられる攻撃がある、ましてや患部を摘出していない状態でその攻撃を受けると、ひとたまりもない・・・

・・・1億総思考停止になるまえに、カンフル注射だけで患部を抑えることが出来るのか、それほどに患部は小さいのか、そこをよくわきまえた処方箋が求められますね・・・。

PS:仰る財政規律のことは承知しております・・・故に財政法、日銀法で厳しい縛りが掛けられているわけですが、それを無視して、しかも使い方を間違えているのがけしからんのですね・・・これはまた別テーマで個別に糾弾せねばなりません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存