ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.336 )
日時: 2010/03/25 12:54
名前: 満天下有人

「民主党瓦壊の足音」D

・・・小沢は大きく事を掴んでいる、そして天下の視点から理念を変えない、逆に騙され続けである、そこをあの住専騒乱時代の裏面から小沢の政治姿勢を検証して見たい・・・この国がいつまで立っても変わり得ないのは、小沢騙しと小沢追い落としの歴史と重なって来るから、不思議だ・・・

◎平成8年1月:住専国会

・・・貢ぎか毟り取られの体質か、プラザ合意の陰謀でわが国はバブル醸成に走り、平成2年に崩壊・・・金融機関の実情がどうなっているのか、数年に亘って厳しい調査も行われなかった・・・いや極秘にやってはいたのであろう、宮澤が手を打とうとした・・・その宮澤を小沢は見限っていた、宮澤内閣官房長官であった加藤紘一から持ち込まれる事前処理内容、それは宮澤の本心であったのかどうか、小沢にも分からなかったのであろうが、住専小手先処理でその他銀行問題に触れようとしない臭いものに蓋の加藤幹事長の案に疑義を感じたからであろう・・・

事実、その後、加藤幹事長と農林系金融機関との疑惑が浮上して、糸がもつれ橋本内閣に代わってからの住専問題浮上で、内閣崩壊の危機が訪れた・・・

高齢の方々には記憶に残っていると思いますが、その時既に、自民党のエサに乗った社会党は自社さ連立に参加、首相になった村山が、住専問題が吹き上がった前年の暮れ、伊豆長岡にさきがけから蔵相になった武村正義と密談、確か大晦日には同じ社会党の久保亘とも密談した小さい記事があった・・・

・・・その小さな記事を鮮明に覚えているが、阪神大震災で首相なのに社会党であるがために村山が、情報収集と自衛隊出動などにリーダーシップを発揮できない、後手後手に回った限界を悟って退陣の話し合いでもしているのだろうと、想像したものだ・・・年が明けて恒例の伊勢神宮参拝のとき村山の、退陣などしないとの強弁を聞いて、何かおかしいなと感じたものだ・・・その翌日に現実に退陣・・・後年あれこれ目にする資料を通じ、やはり住専問題に社会党では対処する能力が無い、自民の謀略に乗せられた、ここはさっさと逃げた方が良いとの判断が先行したのであろう・・・

ここから逆推定されることは、そもそも自民党が社会党に村山を首相にするとエサを撒き、社会党を小沢の元から引き離し自民に加えた謀略は、いずれ表に出る住専問題の矢面に村山を立てる、自民方式、というより橋本や加藤紘一が、己らのスキャンダルを表に出せないから、考えた末の住専処理方式を小沢が絶対に飲まない、その矢面に強引に立たせるために国会決議の数をそろえておかねばならない・・・そのための遠大な謀略が自社さ連立になった真相ではなかったか・・・

小沢は住専処理条件として、後で少し詳しく書くが、加藤のクビを出せとか野中のクビを出せとか、そんなチンケなものを条件にしたのではなかった・・・アメリカに騙され続け尚、貢ぐ体質が残るこの国の金融システム根本改造し、その上で不良債権処理しようという壮大なものであった・・・片や自民は、橋本,加藤のスキャンダル隠し、及び大蔵隠し(ノーパンシャブ問題も含む)を軸に、その範囲内での処理事項しか出してこない・・・小沢が飲むはずもない・・・

・・・新進党結成時、天下決定には理念達成のためには手続き上多数決を要する、新新党への社会党合流反対を押し切って小沢が社会党とも手を組み、そして小沢独裁などという表面理由をつけられて、その社会党も自民の手車に乗って小沢を裏切って行く・・・

今の民主党内における自民勢力と裏でつながる光景は、その当時の風景と全く同じである・・・先読みができない・・・できないからあたかも社会構造を変えるようなスローガンを打ちたてて政権を取ったものの、それが言葉だけのものであった化けの皮が剥がれつつある・・・日本一新などと言葉で言うのはたやすいが、命をかけ傷を負っても進む強靭さを要するものであろうに・・・それを発言封じだとか相談が無かったとかだけを、言うようじゃ、理念も無く何とも頼りない限りだ・・・そこを変えようとする小沢に世間までが足を引っ張る・・・変わり得ない体質が埋め込まれている・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存