ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

沖縄での鳩山首相は、何を言ったか、何を言われたか ( No.418 )
日時: 2010/05/05 09:27
名前: 阿房の長命 ID:BgEQeNCw


ジャーナリスト岩上安身氏による
「沖縄入りした鳩山首相が、何を言ったか、何を言われたか」の全記録

さて、事実を報告するのが、まず最初。沖縄入りした鳩山首相が、何を言ったか、何を言われたか、全記録。まず、午前11時過ぎ、沖縄県庁の知事応接室において、仲井真知事と面会。20分ほど、非公開の会談があり、その後、報道陣にオープンにされた会談に。

知事が、黄色のかりゆしウエアを着た首相に社交辞令。知事は青のかりゆしを着ていた。県庁の外からは、首相を非難するシュプレヒコールが。 知事「この時期、総理自らご自身で沖縄県民の声を聞かれたいとして日程を考慮され、ご決断いただきましたこと深く敬意を表します」

知事「普天間での住民対話をはじめ、関係市町村長との懇談を通じ、沖縄の願い、そして思いをお酌み取り頂き、県民の納得いくのいく形で、普天間問題を解決していただくようお願いを申し上げる次第です」

知事「二点申し上げたい。第一は普天間飛行場の危険性を一日も早く除去していただきたい。県内では、4月25日の県民大会からもうかがえますよう、県外移設の実現を期待する声が高まっております。政府が県民の声を真摯に受け止め、普天間飛行場のの危険性の除去に取り組んでいただきたい」

知事「第2は、沖縄県民が負う過重な基地負担の大幅な軽減をお願い申し上げたい。沖縄県には在日米軍専用施設の約74%が存在し、県民生活や振興開発にさまざまな影響を与えていることから、この過重な基地負担を軽減することは県民の強い願いでございます」

「米軍基地に関係する課題としては5点。第1に米軍基地から派生する諸問題の解決促進だが、事件・事故が月に20数件、毎月、起こっている。航空機騒音も含めて軽減、われわれはゼロディフェクト運動を米軍でやってくれと米軍に申し入れている。長年にわたり落ち着いておりません」

「第2に米軍基地の整理縮小ですが、まず実現可能なものからぜひ一つ一つ取り組んでいただきたい。これちょっと時間がかかるようですから、ぜひ時間を掛けてでもお取り組みいただければと思います」

知事「米軍再編でグアム移転と、嘉手納飛行場より南の米軍施設区域の整理統合縮少、これをぜひを進めていただきたい。米軍再編の見直しなどを公約として掲げスタートされたが、県民の目に見える形での負担軽減がされるようお願いを申し上げます」。自公政権下で選出された知事も、グアム移転を。

「3番目ですが、日米地位協定の抜本的見直し、これも何十年もわたりわれわれ申し上げてきましたが、政権の公約で提起すると見直しを提起するという点に県民は大変実は期待を高めております」

「4つ目、沖縄県では陸域だけでなく海域も空域もかなり制約を受けている。日本全体の9割ぐらいが周辺の海、上の空も制約も受けている。ホテル訓練水域と称する制約で、漁船が迂回しないと目的地に行けないので、一部返還とか、ぜひ取り組んでいただきたい」。日本周辺の海・空の9割が制約…。

知事「もう一つは鳥島、久米島、射爆撃劇場とか実弾射撃とか爆撃の訓練場がある。久米島というのは観光地ですが、そのすぐ近いところで行われておりますし、島が変形して、影も形もなくなりそうだという危機感がありまして、鳥島・久米島射爆撃場の返還はぜひとりくんでいただきたい」

知事「最後に与那国島は、沖縄県の一番西にある島ですが、防空識別圏が、島の上を通っている。沖縄県民から見てもいかがなものか。自分の国の島の上の真ん中を通るような識別圏というのは、おかしいのでぜひ解消に取り組んで頂きたい、ということです」。

鳩山首相「今日は沖縄をお邪魔させていただき、仲井真知事はじめ皆様方とお話しさせていただく機会を誠に光栄に思っています。政治的には、このような時期に沖縄を訪れるのは無謀ではないかとか、いろいろお話しいただいておりました…」

首相「このような時だからこそやはり、沖縄の県民の皆様方の声を直接的に、あるいは間接的にぜひ拝聴させていただきたいと、その一心で参りましたことをどうか、ご迷惑をお掛けてしておりますが、ご容赦を願えればと思っております」立ち上がり、手をとり、慇懃すぎる、いつもの鳩山節。

首相「仲井真知事から、ご歓迎の言葉をいただきまして誠に光栄に思っております。普天間の基地の移設の問題に関して、仲井真知事をはじめ大変皆様方がご苦労されていかれる中で、特に旧政権、いわゆる現行案、あるいは現行案の修正というところまで参られた経緯を申し上げたいと思っております」

首相「新しい政権を造らせて頂く時に、国外、最低でも県外が望ましいということを私からも申し上げたこともございます。今、外でもシュプレヒコールがございますが、県民の皆様方の思いは、国外、あるいは県外に移設をという大きなお気持ちになっておられることを理解をいたしております」

知事「辺野古に立たせていただいた時にそのような思いを私も感じたところでして、大変ご苦労されておられるところ、新政権として、五月末まで、新たな考え方をまとめるべく、お願いを申し上げ、皆さん方に大変多大なご迷惑をおかけしたことを申し訳なく思っております」

首相「率直に沖縄県民の皆様方にもこのような立場から、お詫びを申し上げなければならない、という想いでおじゃまをしたところでございます。私として、知事からのお話を一つひとつ、できる限り丁寧に、そのお気持ちを学ばせて頂いて、答えができるように努力をして参りたいと思っております」

首相「ご案内のように、(県の要望については)すべてをパッケージとして解決をいたすということが大事なことだと、そのようにも思っておりまして、努力を傾注してまいりたいと思っております」。じれったい美辞麗句。

首相「普天間のことに関して申し上げれば、さまざま、例えば海外という話もなかったわけではありませんが、現実に、日米の同盟関係を考えた時に、また、近隣諸国との関係を考えた時に、必ずしもそれは、抑止力という観点からは難しいという思いになりました」。ついに鳩山首相、膝を屈す。

首相「となりますと県外、あるいは、ということで、いろいろと努力をしてきているところでございますが、すべてを県外ということはなかなか、現実問題として難しいということに直面をしております」

首相「一番大事なことは普天間の危険性の早急の除去ということ、ご負担をできる限り減らすように最大限努力することが一番重要と思っておりまして、パッケージとして果たせさせて頂くことで、沖縄の皆さま方にも、またご負担をお願いしなければならないなと、今日もまいった次第でございます」

首相「ただ県民の皆さん方のさまざまなお気持ちもおありだと思っておりますので、きょうは県民の皆さまのお気持ちをしっかりと受け止めさせていただく機会にしたいと思っております。住民の皆様方との対話集会も、名護の市長、宜野湾の市長とも、いろいろとお気持ちを学ばせて頂きれば」

ああ、しんどい。事実を全部伝えると言っても、しんどい…。鳩山さんが、閣僚の中では、最後の最後まで、一人粘って、県内移設に抵抗していたのは事実ではあるが、こうなってはすべての言葉が空々しく響く。書いていて、虚しい…。でも、続ける。記録する。

首相の言葉の後、しばらく沈黙…。知事「市町村長さんとか、普天間地域の皆さん、名護の皆さんと、お会いになりますよね。この間の、県民大会の思いというのが率直な県民の声ですから、そういう部分が強く総理にお願いが出てくると思います。ぜひきちっと受け止めていただきればと思います」

首相「先程の知事のお話の、ホテル海域の問題とか、嘉手納以南の整理統合のお話、しっかりと承せていただきたい」

首相「日米の交渉事でございますが、できる限り、環境問題に関する日米地位協定のお話もいただきましたが、そういったことも含めてしっかりと、沖縄県民の皆様方のご負担をこれはパッケージの中で、できる限り軽減をさせていただけるような、努力を申し上げて参りたいと思います

知事「普天間基地だけでなくて、基地の運用、日々のオペレーションがありますね、これに伴って、音であるとか、結構事件事故とかありましてね、長年にわたって、県内の市町村が、毎年改善したいということで、政府及び米軍、アメリカ大使館とか横田基地とかにわれわれ参上して…」

知事「いままであんまり政府に取り合って頂けないもんですから、ぜひこの項目について、きちっとその、確かに時間のかかるものもあると思いますが、すぐ可能なものもあるんじゃないかと思っておりますので、ぜひ一回、改善を進めて頂ければありがたい、よろしくお願いいたします」

首相「そうですか、それいかんな」。知事「だいぶフラストレーションが、…一つ宜しくお願いします」。首相「誠心誠意努力をいたします。お約束をいたします」。知事「普天間の移設につきましても、マスコミの情報が先へ出るもんですから、われわれのところにも同時に情報が来るようにお願いします」

首相「おっしゃるとおりだと思います。まだ完全な政府案として、まとまっておらないものですから恐縮でございますが、できる限り、沖縄の知事をはじめ、県民の皆さんとともに解決をさせていただきたいと思っておりますので、そのようにいたします」。何、政府案、まだ、まとまってない??

知事「本当に、政権の公約っていうんですか、あれに沿った解決策というのに対する期待が非常に強いもんですから、ひとつぜひ、ぜひ公約に沿った解決策、満足いくと言いますか、納得いく解決策というのを一つぜひお示し願えれば、こんなうれしいことはございませんので、宜しくお願いしたい」

首相「政権として…」。知事「総理も、よくマスコミの皆さんから出ている「腹案」というのをですね、あるんだろうということ非常に皆さん期待が高いもんですから。よろしく一つ…」。首相「必ずそのようにいたします」。知事「ありがとうございます」。鳩山首相、何を「必ずする」のか。。。

グァム移転計画は、米国政府が、リーマンショックによって財政難に陥ったため、ひそかに見直しの可能性が。二つの戦争を遂行中の米国は、前線の戦費に金がかかり、後方の極東の基地移転などに金を使いたくない。

このまま沖縄に居座っておけば、日本が金を出し続けてくれる。そうした思惑が、国防総省内部では膨らんでいるという。他方、日本は自分がハンドルすると鼻息洗いキャンベル次官補を、冷ややかに見る目もある。

ジョセフ・ナイ、アイケンベリー、パッカードら。彼らを大学教授と侮ってはならない。キャンベルよりはるかに格上の、米国の戦略の奥の院。産軍学複合体の要である。彼らの間では、合意が形成されている。

「日本を追い詰めすぎて、日米関係を悪化させてはならない」。このコンセンサスは、彼らの間ではシェアされている。ここまでは、「日本は強く出れば、かならずねじ伏せられる」と、強引に事を進めてきたキャンベルに任せてきたが、膠着すれば、ナイら、穏健派が前にでてくる。

つまり、焦点は、永田町から、那覇や名護や宜野湾に移ったのだ。沖縄の人々が、どれだけ抵抗の意思を行動で示すか。すべてはそこにかかっている。どれだけマスコミが沖縄の人々の意思を小さく扱おうとしても、その抵抗の意思が示されれば、無視しきれなくなる。

日本は、キャンベルのような粗野なハンドラーズに、たやすく操られる国になってしまった。外務官僚が、この程度の人物と付き合い、ホイホイと言いなりになる、安っぽい国家に。

ナイや、パッカードや、アイケンベリーら、エスタブリッシュメントが共有する考えは、日本政府中枢、官邸にも届けられている。鳩山首相にも。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存