ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ギリシャ暴動に見る国民経済A ( No.433 )
日時: 2010/05/06 22:00
名前: 満天下有人 ID:dlVkSVyY

・・・そもそも債務化された紙幣から利子なる名目で養分を吸い上げる行為そのものが、けしからんカラクリなのだが、巷間よく耳にする経済成長のための紙幣側面からの刺激策にしても、言って見ればホルモン注射を打って体重を増やしているようなものである、経済におけるメタポ成長なのである・・・

・・・債務の増加と共に、利子なる脂肪はどんどん溜まって行き、最後は脂肪倒れになる・・・不換紙幣なる便利なものが価値交換の媒体となり、金融工学と表裏一体となって、真の栄養でないホルモンによって経済という体を、図体だけ大きく見せかけて行き、必要とされる真の栄養が末梢神経に届かない・・・

ギリシャにその症状が端的に出てしまったが、一見資産に思える国債という債務証券が、債務通貨の増発を誘発して、それがまた付加価値創出に実質寄与しない行政なる臓器がこれを食って行く・・・限度を越えると国債も通貨も破綻してしまう症状をギリシャは、如実に示してくれた訳だ・・・

・・・現代の通貨が不換紙幣であるが故に、国債と併せてそのコントロールに神経を使っても使い過ぎることはない・・・

政府及び国家戦略相は、普天間問題で、自業自得の振り回され方、財政再建戦略を出す出すと言うだけで、先送りが延々と続く・・・ノンビリした構えに見えるが、ウルトラCの策でもあって、鷹揚なのかあるいは無策なのか・・・
通貨価値は世界に連動している、国内での国債消化がある大丈夫とでも思っているのか・・・債務通貨の原則、最後は国民資産で償却できるからと、安心しているのか、二枚舌使った普天間基地問題でも、国民はおとなしいからとなめているのか・・・下手するとギリシャのような暴動が起こらないとは言えないだろう・・・

・・・在日華僑紙がこんな記事を中国ブログに公開までされている・・・

「日本の破産」は単なる予測ではない、Xデー到来の可能性は十分ある」5月4日Record China

日本の破産はそれほど驚くような予測ではない」と題した記事を中国のブログサイトに発表した・・・

ギリシャの国債が格下げされたのを機に日経平均株価が急落し、一時は前日終値比で330円安まで値を下げ、2月5日に次ぐ今年2番目の下げ幅を記録したと報じた。ギリシャのような財政赤字問題は、実は日本にも存在すると専門家は指摘する。日本の国債は大部分が国内で消化されているため、ギリシャほど深刻な財政危機は起きないとの見方がこれまでは主流を占めていたが、高齢化や貯蓄率の低下により、そのリスクは日増しに増大し、いつ財政破綻を引き起こしてもおかしくない・・・」

・・・気味が悪いのは、わが国異常財政赤字をこれまで外国は余り触れなかったのに、先日は英国債格付社S&Pが日本国債の格をワンランク引き下げていたことなど、何だか少しづつ外国の目に止まり始めた感じを受けることだ・・・

・・・小沢がどうの、参院選の勝敗がどうの、鳩山は普天間問題で秘策を持っているとか、独法から少しばかり節約金を巻き上げたとか、そんなことで時間を食っている場合ではない・・・一体どうする積りなのか、さっぱり手ごたえがない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存