ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.49 )
日時: 2009/11/07 21:10
名前: 満天下有人

・・・仰っている趣意が平等を求められているのか公平を求められているのか、少し理解しにくい点もありますが、総論としては、何もかもを一度ぶち壊して新たな制度を創り上げる方が、すっきりするとは思うものの、これは、これからの国の新たな形という、最も根本的で最も理念的な哲学が、衆意として醸成されない限り始まらないことで、遠大な話になりますから横に置くとしましょう・・・

・・・貧困度の問題については、相対感覚で貧困を「感じて」いるだけということもあるでしょう、しかし問題は派遣村などという成長期では想像もできなかった状況が出現し絶対貧困が増加しているところにあると思います・・・

どうしてこんなことになってしまったのか、その前に、何故さような現象があってはならないか、そこら辺のことを考えて見るに、極端な貧富の拡大は国を、いや社会全体をすさんだ風潮に変えてしまうという事にあると思います・・・一国に限定して風景を見るだけでも国家の活力を削ぎ、自殺、孤独死、虐待、犯罪が多発して市民社会の土台を掘り崩して行く・・・

市民社会というものは、社会的ネットワークで構成されているものと思います・・・個々の価値観、親子関係、友人関係、所得関係、取引関係、病気、等々、・・・このネットのどれにでも穴が空きそれが拡大して行くと、社会制度が壊れて行くでしょう、退廃ムードが醸成され負の緊張感が社会を覆ってしまう・・・

その現象が出初めているのが昨今の、わが国だけではない世界的潮流になっているものと思います・・・私はいつも何だかだ云っても、社会安定の土台は経済が担っていると考えている者ですが、経済的な困窮は人を社会の網の目からドロップさせ孤立に追いやってしまい、それが集大成されてくると醜い国の姿になってしまう・・・実際に目の辺りにできる貧困国は多々あります・・・わが国の国民で良かったなと思う経験は度々ありますが、貧困国に限らずアメリカもそんな光景が拡大されており、しかしわが国がその方向に向かっていないという保証はない状況が出ている・・・

・・・最も懸念されるのは若い世代での貧困の広がりでしょう、本人の将来を奪うだけでなく、直裁的には国家存立の将来の基盤である税や社会保障制度の担い手を失くして行くことになります・・・<私は生活保護や失業保険、年金等に関しても、全て廃止を前提に社会制度を再構築する必要があると考えます>と言われる形が想像できませんが、ある意味平等な社会でやって行けとも聞こえますが、実際には少しムリなことで、やはり税を通じての「公平な」所得再分配しか手がないと思います・・・

平等に国民一人一人に10万円をということでは、労働を通じての社会の発展性に対する潜在意欲の問題も生じて来ますから、やはり雇用を安定させることで所得を安定させることが第一義であろうかと・・・その所得に対する公平な税制で以って公平な再配分を行なうのが国家の仕事でありましょう・・・子供手当てなど、ある項目についてだけの再配分でなく、仕事も無い、何も無い状況をカバーする総合的な税の理念から再出発すべきで、その意味では一度制度をぶち壊して見ることも必要でしょう・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存