ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.73 )
日時: 2009/11/17 19:28
名前: 満天下有人

「レス投稿」B

「法人税減税」

・・・国際競争力を高める名目での法人税減税は、引き下げ競争激化をもたらし、最後はどちらも法人税0という結果を生み、私は感心しません・・・
  
そこに至るシミュレーション算定は面倒なので省きますが、どうしても法人税減税ならば、昭和30年台にあった輸出奨励金制度を復活させる方が良いし、税制面からの競争力強化は0サムゲームに陥る・・・、第一GDPに占める貿易収支は僅か2%ですね・・・それなら国内産業保護に精力を向けた方が余程効率的であります・・・
ただし国際会議がどこまでグローバリ弊害を認識しているかによって、補助金とか奨励金を認める合意を得るのは困難でしょう・・・

・・・でも現実にわが国法人税はそんなに高いのか・・・2年前のデーターで少し古いですが、わが国の法人税はずっと下げられて来て実効税率は、法人事業税5%が損金参入可ですから39%くらいでしょうか・・・

米国40.75 ドイツ38.91 フランス33.83 中国33%・・・米国税率はそんなに差があるわけでもないのに、自動車産業が現地進出したのはむしろ為替レートによるわが国の外貨準備の増大が原因であったし、中国もむしろ税率の差というよりは、低賃金による競争力の部分が大きいと思えます・・・

仮に中国と法人税を同じにしたとして、わが国の繊維産業にせよ何にせよ、国産産業が復活すれば何よりです、一度実験してみるのも悪くはない・・・でもわが国のも一つの特殊性,巨大な国家負債がどうしてもネックになって来る・・・

ま、税率の格差を競うと最後はどちらも法人税0になるまで競争が続き、それならそれで法人税は撤廃してしまへば良い、しかしそこを何で埋めるかの問題が生じて来る・・・既にわが国の家計に対する課税最低額は世界比でかなり低い(それだけ納税額が大きくなる)・・・

夫婦子供2人:日本325万円、米369、英327、独491、仏387・・・とまあ、ざっとこんな具合ですな・・・おまけに住居費、電気ガス、食料など、先進諸国の倍から3倍くらいです・・・

・・・巨額財政赤字、それが毎日毎日増加して行く、それが減税の足かせとなりあれこれ障害が多々あるなら、国際競争力なり何にせよ、一定の与えられた旧枠組みの中で、目先現象を解決すると言うより、あっと驚く抜本的な政策をやらない限り、どうにもならない・・・
先ずは国債を燃やしてしまって新円を発行し、その影響排除のため一時的に外部とも遮断して旧資本主義にさようならして、新たな共生国家を目指すとか思いきったことをやらないと・・・でないと、何も変わらない・・・、目先対処療法だけでは破綻するのは目に見えていますから・・・仕分け作業はそれはそれなりに必要、でもその先のことが国家戦略としてどうも見えない・・・

・・・まあ財政破綻にしても案外ノンキに構えているのは、いざ鎌倉の覚悟が既に極秘で了解があると見ます・・・でないと、一般会計に占める国債費、もう青天井になって、少々の成長率ではカバーなど到底不可能です・・・これだけははっきり断言できる・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存