ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.74 )
日時: 2009/11/18 00:32
名前: 役立ちの住人

お返事ありがとうございます。

先ず。賞金を狙っているというのは、何のことでしょうか?

私はまじめにお話をさせていただきたいと思っています。
そういった何の根拠も無い思い込みに、簡単にとらわれてしまう姿勢は、何を考える上でも、間違いの基になります。

社会や人間といった大きな課題であればなおのこと。
時には、たった一つの根拠の無い思い込みが、思想全体をゆがめてしまうことさえあります。
多くの歴史事実が、そうした事例を物語っています。

根拠のある話、建設的な話をしましょう。


はじめに、、規制緩和策に対する批判という主題で話されているということは良く解りますが。
その先の展開、対象となる理想論が、まだよく見えてきません。
したがって、個々のお話に対する意味の確認と、私の考えを紹介するという形にさせていただきます。
揚げ足取りのような印象になれば、なにとぞご容赦ください。

>工業化された社会では農林水産天産物だけでは食べて行けない。

この原因は、日本人の土地をめぐる価値観にあります。
理論的には、工業の生産性向上は、農業にも大きな利益をもたらします。
未だ円の弱かった時代には実感として感じられたはずです。

日本で、逆の結果になったのは、技術の工場で大きく生産性を上げた工業に対して、
農業では、土地そのものの経済的価値に対して、あまりにも高い地価と土地市場の硬直化を主な原因として、主に土地による制限のため生産性が上げられなかったことによるものです。
土地問題に市場原理が働きさえすれば、工業は労働力を確保しながら、農業は就農人口を減らし結果として生産性を伸ばし、工業、農業共に大きく生産性を上げることができたでしょう。

今からでも、土地をめぐる構造的な問題、その基になる文化的な価値観、そうしたものを変えることで、農業生産性は大きく伸ばすことが可能です。

理論的には簡単なこと、明白なことですが、そこまでする切迫性があるかどうかが一番大きな課題だと思います。


>自由な共生社会というような形も想定できると思います・・・

満天下有人さんを含めここで出会う多くの目上の方々の発想の根底に、資本論の影響を強く感じます。
こうした本来は善でも悪でもない方法論に、頭ごなしに善悪の区別をつけてしまう社会の風潮。
坊主憎けりゃ袈裟まで・・・のような社会の風潮により大きな問題を私は感じます。
あくまでも目的は、大衆の幸せにあるわけですから、どのような考え方も有効なものは最大限に取り入れて行くべきです。

自由な共生社会とは、要するに社会主義の本来的な理想、目標であったものと同じものであると考えても差し支えないでしょうか?
旧ソ連でも当初こうした考え方から国づくりが行われていたようです。
国家による統制経済との併用であったようですが、初期の段階では、こうした考え方は大きな効果を生み出したようで、社会の効率すなわち国力の面では資本主義を凌ぐ高さを発揮した時期もあったようです。
これは、理論的にも整合性があります。

社会的な自由の喪失に関しては、民主主義の問題ですので、社会主義国家、自由主義国家といった経済体制は確かに関係ないと思います。
それはその通りなのですが、自由市場の長所は消費者主義にありますが、社会主義の長所は、責任の共有であると思います。

経済活動の責任と利益を個人が負うか、それとも共生会社が負うか、それとも社会全体が負うかということです。

付加価値の配分を、どの段階で、誰が決めるのか、生産の配分は誰が決めるのか、誰がその責任すなわち、発生する富または負担を負うのか。
それによって想定される社会のあり方、形が随分違ってくることになります。

共生会社が負うという事になると、法人のあり方を変えた資本主義ともいえると思います。
社会が負うという事になると、民主主義の維持は今よりも遥かに難しくなります。


レス投稿、に対する返信です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存