ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.75 )
日時: 2009/11/18 08:31
名前: 満天下有人

・・・今日は所用外出のため、疑問に思われていることのさわりの部分だけ取り敢えずお答えし、細かくは別投稿にします・・・

・・・ノーベル平和賞の賞金狙いとは、天の橋立さんに対するレスです・・・
氏が、冗談交じりに<ともにノーベル平和賞ものの課題であると思います。老体に鞭打って狙ってみますか!ヒッヒッヒ>なるユーモア交じりの皮肉に対し、私も<それにしては賞金が小さいですな>と、ユーモアの積りでレスしたものです、それだけのことです・・・

・・・<満天下有人さんを含めここで出会う多くの目上の方々の発想の根底に、資本論の影響を強く感じます。こうした本来は善でも悪でもない方法論に、頭ごなしに善悪の区別をつけてしまう社会の風潮。坊主憎けりゃ袈裟まで・・・のような社会の風潮により大きな問題を私は感じます。あくまでも目的は、大衆の幸せにあるわけですから、どのような考え方も有効なものは最大限に取り入れて行くべきです。>・・・

・・・これは、現状を憂いて、ではどうすべきかを考えるとき、それぞれのアプローチの仕方の違いでしょう・・・何がおかしいのか分析して行くと、待てよ、この矛盾は誰か先哲が既に分析していたな、ああ、あれは資本論だったな、ひっくり返して読み返して見るに、正にその通だな・・・

共産主義的政治論は抜きにして社会構造のどこにネックがあるのか、科学的に鳥瞰してみると、新自由主義であれ新古典派であれ、金融資本であれ産業資本であれ、資本論が喝破していたその通りであると・・・総社会的な価値認識、価値と使用価値の乖離、貨幣を媒介しての価値観の歪み等々、その分析手法はよく矛盾を見抜いている・・・

・・・そう思うことが「影響を受けている」と見るか、現代の矛盾解明の手法として用いていると見るか、これはもうそれぞれの感じ方、見方によりますから、不毛の平行線を辿るだけなので、深入りは避けます・・・

ただヤフー投稿以来掲示板への投稿も約8年になりますが、どこの場合でも、現状資本の歪みについて批判すると必ずマルクス主義者、果ては共産主義者、サヨなどという批判に出会います・・・これもわが国の一つの傾向ですね・・・影響など受ける以前に分析して行くと奇妙に資本論の分析に限りなく一致してくるだけのことです・・・

さてそこからどうすべきか・・・資本論はまさしく経済の哲学的側面からも「客観的な」分析はやっている・・・しかしなあ、人間というものは、利己心とか、むしろ形而上的世界の生き物でもあるし、客観的な事実はそうであっても、だから冷たい分析と実行手法だけでは、そう簡単に世の中おさまるものでもないだろうし・・・

よって<その先の展開、対象となる理想論が見えて>来ない、暗中模索しているわけですから・・・でも先ずは現状おかしいことは指摘する、それなしで理想を構築することは足なし幽霊のようなものであると、少なくとも私はそう考えております・・・

そうでないと正に<たった一つの“根拠の無い”思い込みが、思想全体をゆがめてしまう>・・・

私はそうならないように、極力「根拠」を実証して批判することを心がけております・・・よって現代の矛盾は決して思い込みによるものではないと思います・・・まさに<多くの歴史的事実が事例を物語って>いるわけですから・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存