ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.84 )
日時: 2009/11/19 18:23
名前: 満天下有人


「農業の生産性」・・・国際関係の視点も含めてA

・・・わが国農業では、市場原理に従って食生活の向上に必要な主要穀物は輸入に依存して来ました・・・しかしそれが破綻しても大して気にする必要も無い・・・なぜなら基幹食料は「コメ」であるしほぼ100%国内で生産している、いざとなれば白米メシに魚の塩焼きで十分生きることができるし、メタポ防止にも貢献するし・・・(もっとも、その魚も高級化しておりますが)

どうしても畜産系蛋白が必要なら、畜産主要原料であるトウモロコシなど、休耕水田が相当あるのだから、これを転用して飼料イネの栽培や放牧も可能であるはず・・・

農業の衰退、輸入依存を気にする必要はないが、しかし同時に何故気にせねばならないか・・・それは工業化によって余剰農業労働を全部吸収できないという面、つまり農畜産従事者が食って行ける絶対的場が益々狭められてしまっていること・・・この問題は農畜産業に復帰しても生産性の向上だけではとてもじゃないがカバーできない・・・

休耕水田の畜産業への転用利用にしても、飼料原料から放牧までの一貫体制にするにしても、生産性はかなり期待できるにしても、平均的所得を得にくい、この補償をせねばならない、そこが新政権による農家直接補助金政策になったものと思います・・・

そして生産性とは関係なく農業面で無視できないのが、里山保護にも見られるように自然循環体系を守ること、治山治水の側面が無視できない・・・農業保護の別の側面があると思います・・・

・・・通常穀物1トン生産に要する水は平均で2dを要します、トウモロコシの場合は2d、コメでは約3dです、畜産物になると牛の場合は16トンと高くなる・・・アメリカではこの水の7%は化石層の化石水に頼っている、これが枯渇し始めてカナダの分を水泥棒してNAFTA北米自由貿易圏でありながら水紛争が絶えない・・・

ちなみに東大生産技術研究所での調査では、わが国が輸入する穀物・畜産物に要した水は年間427億トンになっていると言います、国内農業畜産に使う水の量は約550億dですから、いかに大量の水が輸入(ヴァーチャルウオーター)されているかが分かる・・・食糧価格は多分、使用水の量によって価格が左右される時代が来るかも知れない・・・

話が横路にそれましたが、最後に農業問題は、生産性による自由市場だけの問題に留まらない側面があります・・・それは国際市場に頼っていては、物そのものの量が確保できないリスクです・・・

・・・国内生産性の向上、その前に所得関係で国民層として保護せねばならない農業・・・それは工業産物と違う側面、先ず食べるものがないとどういうことになるか、その極面を見落としてはいけない、つまり生産性は考慮せねばならないが、それ以上に「物」そのものは輸入依存にせず極力国内生産で確保しておくことが極めて大事であると思います・・・

<(農業の生産性上げるのは)理論的に簡単なことですが、そこまでする“切迫性”があるかどうかが一番大きな課題だと思います>・・・

まさに問題はそこにあります・・・国際状況に疎い我が国では、相手の戦略による物資不足、とくに人間生活基幹である食糧も、比較生産費論によってカネ払って安いモノを買えば済むことだと思ってしまいます・・・これは「基本食糧が持つ戦略性」を認識していないからとも言えます、原油と食料は二大戦略物資であるという構図は、今だに変わっていない、グローバリの時代とは言え、基本構造は変わっていない・・・

・・・そして農業食糧は切迫性が出てからすぐに対応できない性質があることを認識していない・・・通貨破綻による切迫性は、土壌育成もコストも何も要しない紙幣を印刷すれば当面は急場をしのげますけど、食糧生産の復活はそうはいかない,時間がかかります・・・歴史的に過去二度もあった食糧穀物戦争、これをレビユーしながら戦略物資の構造を見、そして政治に絡む修正主義のことも次稿で・・・。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存