ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.85 )
日時: 2009/11/19 22:13
名前: 満天下有人

「農業の生産性」・国際戦略物資にされる基本食糧(3)

・・・「マルサスの悪魔がやってくる」という有名なセリフまで生んだ、人口論のマルサス・・・基本食糧が戦略物資として利用された第一次穀物戦争・・・
動機はナポレオン戦争にあった・・・
そもそもマルサスは周知のとおり、人口のネズミ算的増加を予測し、基本食糧は国家保護の下に行なうべしとの論者であった・・・これに対しリカードは、アダムスミスの流れに沿って自由市場を唱え、国際比較生産費論をひっさげて安く買えるところからは安く買えという論でマルサス理論に対抗・・・

・・・ナポレオン戦争前は欧州本土の安い小麦を英国は輸入していた・・・ところがナポレオンに対抗して海上封鎖を行なったものの、国内農業育成を怠ったために価格が急上昇、それよりも物そのものが手に入らない・・・満州事変に突入した頃のわが国状況と良く似ている・・・

戦争により一旦途絶えた輸入も戦争終結により再開、これで英国の食糧自給率は40まで激減、安いものが手に入るのは良いが、一旦緩急あるときは国民を養えない・・・これに懲りた英政府(地主階級を中心に)穀物法を施行して輸入禁止措置を取ったが、激減した耕作地面積400万ヘクタールを元の1800万ヘクタールに戻すのに約30年を費やしている・・・

第二次穀物戦争は1973年のニクソンによる Grain Export Ban=穀物輸出禁止令がある・・・これは旧ソ連穀倉地帯のウクライナが大干ばつに襲われ、しかし人工衛星もない時代でありかつ、ソ連が鉄のカーテンを下ろしていたから情報が遮断されていた・・・あの頃の米国収穫は大豊作が予想され、シカゴ先物穀物相場は下落に続く下落状態・・・それが突然急上昇を始めた・・・確か秘密裏における米ソ密約で小麦中心に2500万トンがソ連向けとなり(当時の世界穀物の貿易輸出可能量は1億トン、いかにデカイ数字であったか)小麦1ブッシエル/$1が一気に$4まで急上昇したという記憶がある・・・大豆など$2が$13まで上昇・・・わが国では豆腐が食べられなくなるのではという不安感に襲われたとも聞く・・・

・・・米ソ、表向きは冷戦関係にあったのに、何故契約が成立したのか・・・当時世界の穀物流通を牛耳っていた米穀物メジャー5社は、カーギル1社だけが米国人・・・後4社は全部、非公開のユダヤ資本である・・・

そのうちの1社コンチネンタル創業者も、ポーランド時代に迫害を受けて、助けてくれたソ連人が後にソ連食糧公団総裁にまで出世、昔の恩を返したというわけだ・・・この前後のスパイ絡みのことをノンフイクション小説にしたら、面白いといつも思いながら、未だ実現せず(笑)・・・

結局ニクソンは、他国への輸出を禁止してまでケンカ相手ソ連と裏で握手したのは、どういう裏算用があったのか、未だ謎である・・・今になって推定されることは多分、イスラエル問題が絡んでニクソンも米国内ユダヤ名誉毀損同盟・ADLなどのかなり強い圧力があったものと思う・・・
結果事実は一つ・・・ある国は原油、食糧などについては一旦緩急あれば他国のことなど構はなくなるということだ、自国利害を最優先する・・・1815年の英国穀物法成立しかり、食糧安全保障がいかに大事かが見える・・・

それはもう古い昔のことだと笑ってはいけない、2年前のシカゴ相場の急上昇で何が起ったか、世界諸国はいかなる対応に出たか、ついこの間のことである・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存