ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間裏算用 ( No.89 )
日時: 2009/11/21 13:15
名前: 役立ちの住人


中小企業と大企業だけでなく、自由競争に関らない多くの企業団体がこの国にはあります。
自由競争に関らない企業は社会の生産性を大きく落とし、全体の競争力を下げているにもかかわらず。
国際間競争の犠牲になるのは、自由競争の中にある企業です。
しかもその中でも比較的競争力の小さな中小企業です。
競争力の高い企業は、一見するのとは逆に、社会を助けてくれています。

何が日本を苦しめているのかは、歴然としているのではないでしょうか?

一生懸命仕事をするお父さん、家族のためのやりくりに苦労するお母さん、仕事もせず金使いの荒い居候、
日本社会では、居候が実権を握っています。
今の日本は、お母さんに責任を負わせています。
賢い居候は、お父さんが資金源であることを知っているからです。
居候はその賢さゆえに子供たちを操り、子供たちは、小遣いの多いお父さんに責任があると考えるようになりました。
それが今の日本の状況です。

皆が小遣いを出し合い、お母さんを助けたところで、家族の生活は向上しません。
生活支援を要するような政策とは、お父さんとお母さんの小遣いの違いではありません。

居候に実権を与え、拡大してきたこれまでの政策、それが貧困を生み出しています。
市場原理の有効性を否定し、初めに保護ありきとした発想は、最終的に彼らだけを利することになるでしょう。

家族には、養わなくてはならない、おじいちゃんもおばあちゃんもいるのです。
お母さんのために分け合える小遣いも、もう残ってはいません。

居候から権力を取り戻し、彼らにアルバイトをさせなくてはなりません。





社会という概念で経済を捉えた時、社会としての生産性の低さが、生活水準を下げているのであって、支援をするしないは、社会全体の生活水準を回復する決定的な要素にはなりません。
社会の義務として必要なことです。

分配の改善は、一定の効果はあります。
分配の改善も、社会としての生産性の障害とならない範囲内で一定の効果を確保することが出来ます。
しかし決定的な効果にはなりません。

今日本は不況にあえいでいます。
不況が、安い中国などの製品を消費者に選ばせ、それがさらに所得の低下を招き、さらなる不況をおこす。
非常に単純ですが、実際に起こっていることを、正確に表現しています。

残念なのは、それをそのまま逆にすれば、日本経済は回復すると信じられていることです。
経済は難しくはありませんが、残念ながらそこまで簡単ではありません。

それでも国際社会を無視することに意義を感じるのであれば、それも選択肢になるかもしれません。
しかし、他に方法をなくした時の最終手段としてならありえます。

しかし日本には、これを乗り越える潜在的な能力があると考えています。

日本社会の問題点は、市場効果の理解不足にあります。

市場原理の効果は、今日までの日本の発展に大きな実績を残してきました。
日本だけでなく、中、先進国共通の社会制度です。

市場原理は大きな効果を持った手段です。
しかしこれはあくまでも手段でしかありません。アメリカのようにこれを目的であるかのような使い方をすることでは大きな矛盾を生じます。
しかし我々はどうでしょうか、アメリカから同じ手段と矛盾を取り入れたにも関らず、市場原理の有効性さえも十分に生かすことが出来ていません。
意味が十分理解されていないために、曖昧に制度が運用されています。

アメリカ型の金融搾取と大富豪主義、弱者の切り捨てという主に市場原理の拡大解釈による矛盾と、日本型の市場原理の効果を考えない無知による矛盾。
この二つが同時に日本社会を苦しめています。

我々の社会の問題はここにあります。

この二つの矛盾を、解決することで、日本経済は、劇的に回復することが出来ます。
自由主義経済を選択するのであれば、これが最善、唯一の選択肢になります。

社会全体としての生産性の改善は、結果的に個々の産業を助けることになります。
それでも助けられない部分には、公的助成の余力になります。

社会全体としての生産性向上を伴わなければ、何の結果も、手段も導き出すことが出来ません。
公的な助成をするにも、法的保護をするにも社会に余力が必要です。
単なる数字合わせでは、債務の増大または、相対的物価に反映されることになり、生活は改善しません。




社会の責任は、究極的には、必ず社会全体で負うことになります。
しかし、それまでの過程で、誰が責任すなわち利益と損失を負うか、ということが社会の分配、社会体制を決めます。
自由主義経済、社会主義経済の違いもまさにここにあります。

手段論の根本的要素です。
無視するわけにはいきません。

ましてや、違った前提の体制を、混同させて論じるわけにはいきません。
目標は同じであっても、それぞれに、有効な手段となりえる要素は、違ってくる場合が多いからです。



>・・・そこから生じて来る割り切れない利己心の最大公約数・・・せめて社会システムを構成して行くときは、共通部分の相互性を見つけ、それを最大多数の最大公約数に纏めて行くしか手がないでしょう・・・。

私の考えもここにあります。
しかし私は、個人という発想からではなく、社会、世界という発想から、個人の最大幸福を求めて行きます。

個人からはじめた時は、必ずどこかで理論の整合性が失われます。
何度試しても同じです。

逆に、社会からはじめた時は、回り道になることもありますが、個人の利益と社会の利益、双方の整合性が失われることはありません。
相互性を目指しただけ、とはそういう意味です。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存