ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2714] 加計学園獣医学部の収支決算書   安倍のお友達になればこんなことができるのですよ
日時: 2017/06/13 19:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:qNRShQcY

建設が進む加計学園獣医学部キャンパスの画像を見てみたが、

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%8A%A0%E8%A8%88%E5%AD%A6%E5%9C%92%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E9%83%A8%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9

あれで100億もかかるとは思えない。
私は建築設計士、建物の事になると少しは解る。
さっそく計算をしてみた。

獣医学部棟   13600u  26.6億円
獣医学教育病院  7600u  15.0億円
管理棟      4900u  10.0億円
大動物実習施設  1220u  2.0億円
大講義棟     717u   1.4億円
体育館     2800u    5.1億円    
外部付帯工事(駐車場共)   10.0億円 
  
          建設計   70.1億円

医療機器・備品        10.0億円
開校準備費           5.0億円

                 その他計   15.0億円

土地代(周囲の路線価は3〜4万円/u)
168000u×3万円=50.4億円           0.0億円
であるが、なぜか市の査定は37.0億円となっている。

              総事業費      85.1億円


これに対して加計学園では総事業費を    192.0億円としている。

また今治市からは、建設補助金として    67.0億円が供与される。
                     (96.0億円と言う話もある)
96.0億円であれば、それだけで10億円ほどの金があまる。
総事業費を膨らましているのは森友学園と同じように、今治市以外から補助金を取るためにやっているのだろう。

おそらく文部科学省からは10億円以上の補助金が出るのではないか。
補助金は我々の知らない補助金があるのでその他の補助金も10億にはなるのではないか。

一体いくらの税金を盗み、どれだけ貯めこむつもりか。
96+50(実質の土地代)+10+10=166.0億(盗んだ金)
総事業費            85.1億

なんと80億円の金を貯めこむことになる。
土地代は現物支給なので現金は30億円であるが。
安倍のお友達になればこんな事ができるのですよ。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

正義の見方! 会計検査院の猿芝居 ( No.1 )
日時: 2017/11/24 00:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Zrfg6Z1k

今日になって会計検査院の報告がでた。


学校法人・森友学園(大阪市)への国有地の売却問題で、契約の経緯を検証している会計検査院が、8億2千万円の値引きの理由となった地中のごみの量について「十分な根拠が確認できない」などとの見解をまとめたことがわかった。国会で問題視された売却価格の妥当性に疑問を投げかける内容で、これまで「法令に基づき適切に処理した」としてきた政府の責任が問われそうだ。

森友用地のごみの深さ、業者「平均3メートル妥当」 会計検査院に試算提出
首相、森友・加計「丁寧な説明を重ねてきた」代表質問
 検査院が調べたのは、大阪府豊中市内の8770平方メートルの国有地の売却の経緯。森友学園は当初、小学校建設用地として賃借していた。だが、校舎建設工事中の2016年3月、地中深くにごみが見つかったと国に申告し、土地を買い取ると申し出た。国はごみの量を1万9520トンと推計し、同年6月、鑑定価格9億5600万円から撤去費用8億1900万円などを差し引いて1億3400万円で売却した。

 ごみの量は、国有地処分を担当する財務省の近畿財務局から依頼を受け、土地を所有する国土交通省大阪航空局が試算。09年度に国交省がこの土地で行った68カ所の地中調査の結果から、ごみの撤去が必要な範囲を敷地面積の約6割に絞り、最大で深さ9・9メートル、混入率47・1%でごみが存在するとされた。

 関係者によると、検査院は大阪航空局が使った過去の地下調査結果から、ごみの深さや混入率を検証。いずれも、同局が算出した数値の根拠が十分に確認できなかったという。

 国は売却時、1トンあたり2万2500円の処分単価をごみの量に掛け合わせて処分費用を算出した。ごみの量の根拠が不十分と指摘される見通しとなったことで、売却価格の妥当性が揺らぐことになりそうだ。

 この国有地売却をめぐっては、値引きの根拠が不明として今年2月以降の国会で野党が厳しく追及。検査院は3月、国会の要請を受けて契約の経緯や売却価格の妥当性などを調べていた。森友学園の籠池泰典・前理事長らと安倍晋三首相や妻の昭恵氏らとの関係が売却にどう影響したかも国会で指摘されたが、検査院の報告では触れられない見通し。


(実際の金の動き)

売却契約前に、国土交通省はゴミ処理の為に1億3100万円を支給していた。
契約金額は、土地評価額を9億5300万円(u当たり108000円)とした。この価格も既におかしい(公示価格ではなく路線価に近い)
さらには、ゴミ処理費に費用がかかるとして、8億1900万円の値引きをして、森友は1億3400万円を支払う事になった。
ところが、契約時に値引きした8億1900万円には、最初に支給した1億3100万円は含まれていない。
実際には森友は、その国有地を300万円で払下げられた事になる。


(ゴミの量)      売却土地のなかのゴミが埋まっているとした部分    平均深さ  ごみの量

国土交通省査定       47.1%                    3.8m    1万9520トン

会計検査院査定       31.7%                    2.0m    6196トン

※ 面積と深さを掛けてもゴミの量にはならないが、平均としているので実際はさらに計算根拠があるのであろう。

(ゴミ処理費の計算)

国土交通省査定      ゴミ処分費(産業廃棄物として指定の処理場費用) 22500×19520トン=4億3920万円
             積み込み・運搬費などが必要 (81900+13100)ー4億3920=5億1080万円はどのように考えているのか。

これに対して会計監査院は触れてはいないが、これを私が算出する。
方法は、私が仕事の上で、常に使っている公共事業の予算書の算出方法である。
これは国土交通省の指導で全国で共通するものである。

工事の概要
ゴミの量を19520トンとする。
ゴミの受け入れ地は片道30kmくらいのところにあるものとする。
搬出は10tダンプで行い、1台ダンプが1日に2往復できるとする。
積み込みは大型バックホー2台と手元作業員10人が当たる。

必要ダンプの延べ台数  19520÷10=2000台
1日に10台のダンプを雇い2往復するとして、作業に数は100日

(工事費内訳)

仮設工事   仮囲い           200万
       ガードマン 3人×100   500万円
       その他          300万円

バックホー(積み込み機械) 運転手共 2.5万円×100×2台  500万円
手元作業員      10人×100×15000          1500万円

10トンダンプ 4万円×2000台(運転手燃料共)        8000万円
ゴミ処理費(産業廃棄物処理費) 19520×1.2(平均)    2億3424万円
(産業廃棄物処理費は材質によりことなり、がれき類なら8000円/トン程度)

直接工事費計    3億4424万円
諸経費(25%)   8606万円
消費税(8%)    3442万円

合計       4億6472万円となります。   
ただし、これはゴミが実際に1万9520トンあった場合であり
6196トンであれば 4億6472÷19520×6196=1億4751万円と成ります。

最後に会計検査院のゴミの量の計算も怪しいもので、実際はさらに相当少ないものと思わます。
何故ならば、事後になってゴミの量など査定しなくても、ゴミ処理場へ持込んだゴミのすべては、マニュフェストと言う伝票に記録されていて、持ち込んだ日時も量も業者も、さらには何処の現場のものかも記録されています。

それを調べるだけで良いのに、態々、平均深さ2.0mなどと芝居をしているのです。
おそらく実際のゴミ処分には数千万円と言うところでしょうね。

日常、建設工事の監査をしている検査院が、この法律を知らないはずはなく、おそらく調べた結果、余りにも出鱈目であったので発表する事も出来ず、この程度であれば、検査院にも傷がつかず、国土交通省も何とか言い逃れすると踏んだのでしょうね。


(追伸 1)

最初に国土交通省が出した1億3100万円のゴミ処理費要は、当時としては、それですべて賄えると計算したものでしょう。
それも随分と水増しした。

さらに8億円あまりのゴミ処理費は、全てデッチ上げである、安倍が動いたとしか思われない。
もっと、助けてやれと!

無料で払下げろ!と

無料の場合もあるのです。

それは行政が、それなりの目的でつかうばあい。

 
(追伸 2)収支決算書

(収入)
文部科学省補助金  25億円÷3+α=8億5000万円
大阪府などの各種補助金      1億円(詳細不明)

              合計 9億5000万円 

(支出)

土地取得費    300万円
ゴミ処理費
校舎建設費 2500u×20万円=5億円
運動場など整備費      1億円
運営費、開校準備費     1億円
その他           1億円

都合    8億円ほどが事業費

開校の時点で、既に1億5000万円の貯蓄ができる。
その上に、財産として公示価格で言えば12億円ほどが手に入る。

如何でしょうか、
加計学園と同じ構図でしょう。

元手も無しに事業が出来、財産まで手に入る。
事業が成功しなくても、止めれば済む。

これが安倍のお友達の良いところ。


  


   
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存