ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2767] 楽しく糾弾しましょう(音楽がダウンロードできます) 管弦楽編
日時: 2017/11/06 12:50
名前: topics editor ID:z5ZqiEqI

管弦楽曲としては、

交響曲
協奏曲
序曲、演奏会用序曲、劇付随音楽、交響詩
舞曲、組曲、ウィンナ・ワルツ

が主な分野であるが、これらの内から交響曲と協奏曲を除いたものを指して用いられることもある。また、これらの分野の中間的な存在の作品もある。
これらの作品は、専用の音楽ホールの舞台で演奏されるのが普通である。
加えて、オペラ、バレエ、演劇の伴奏として管弦楽が用いられる。この場合は、管弦楽は脇役であり、舞台から一段下がった場所(オーケストラピットと言う)で演奏されることが多い。
いずれの場合も、指揮者を用いるのが普通である。


このシリーズには次のものがあります。

管弦楽編
オペラ・シャンソン編
ピアノ・ギター・その他編
映画音楽編
ジャズ・ポップ・カントリー・R&B・その他編
流行歌・日本の歌編
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ブラームス ( No.11 )
日時: 2017/11/06 00:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:z5ZqiEqI

北ドイツハンのブルグでコントラバス奏者の父の第二子として生まれたヨハネス・ブラームス(1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、大バッハ、ベートーヴェンを尊敬し、後期ロマン派において古典派的な手法を用いて作曲した保守派を代表する音楽家。

ブラームスが残した4曲の交響曲は、彼こそがベートーヴェンの正当な後継者と言わしめるほどであり、「三B大音楽家(大バッハ、ベートーヴェン、ブラームス)」と称されるまでになりました。

小さい頃から父に音楽教育を受けていたブラームスは、私立小学校に入学後、ピアノ教師コッセルからピアノ教育を学びます。

ブラームスは、神童と言われるほどピアノの上達が早く、わずか10歳で公開演奏を行いました。

その後ブラームスは、コッセルの師でピアニストのエドゥアルド・マルクスゼンから、厳格なほどピアノと作曲を学び、音楽の才能を開花させて行きます。

貧しい家庭に育ったブラームスは、1848年と翌年にピアノ演奏会を開催しますが、演奏生活だけでは家計を助けられないため、ダンス場やサロンなどで内職をしながらピアノ練習や作曲を続けました。

1853年ブラームスは、ハンガリーの亡命音楽家レメーニイの伴奏者として演奏旅行に出かけた際、当時の名ヴァイオリニストであるヨアヒムと知り合い、更に彼の紹介でシューマンやリストとも知り合います。

ブラームスは、リストとは気が合いませんでしたが、シューマン夫妻(シューマンの妻クララに対しては、終生プラトニック的な愛情を抱いていたと言われています)の厚情には感激し、シューマンの死後もその友情は変わりませんでした。

その間ブラームスは、「シューマン変奏曲」Op.9や「四つのバラード」Op.10などのピアノ曲を作曲しています。

1862年、ウィーンに永住したブラームスは、ジングアカデミーの指揮者となり、音楽家としての才能を認められ、多くの友人に恵まれました。

ブラームスは、1868年に「ドイツ鎮魂曲」を、1871年には「勝利の歌」や「運命の歌」を作曲し、ウィーン楽友教会の指揮者になります。

そして、1876年ブラームスは、ビューローが「ベートーヴェンの第10交響曲」であると絶賛した「交響曲第一番」を完成させました。

さらにブラームスは、1877年に「交響曲第二番」を、1883年に「交響曲第3番」を、そして1885年に最後の交響曲である「交響曲第4番」を発表しています。

また、1879年にブラームスは、ブレスラウ大学から名誉博士号を贈られたので、その返礼として「大学祝典序曲」も作曲しています。

1889年頃からブラームスは老いを感じるようになり、1891年の誕生日にはついに遺言状を書き、音楽活動に終止符を打つべく手稿を整理し始めました。

しかしブラームスは、マイニンゲンの名クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトの演奏に刺激を受け、再び作曲を開始します。

そしてブラームスは、「クラリネット五重奏曲」Op.115や「クラリネット三重奏曲」Op.114、「クラリネットソナタ」Op.120を作曲しますが、体力の衰えを感じると、やがて宗教的となり、1896年に「四つの厳粛なる歌」Op.121を作曲しました。

同年、クララの死亡を知ったブラームスは、かねてからの病状が悪化するなか、最後の作となる「コラール前奏曲」Op.122を作曲。

ブラームスは翌1897年4月3日、肝臓ガンによりウィーンで64歳の生涯を閉じます。

なお、ブラームスの遺体は、生前の希望通りベートーヴェンの眠る中央墓地に埋葬されました。

ヨハネス・ブラームスの作風
ブラームスの作風は、大バッハ、ベートーヴェン、モーツァルトに心酔していたこともあり、ロマン派において最も古典派に近い作曲家といわれています。

※ブラームスの他、ブルックナーやマーラーなどのようにロマン派であリながら古典派音楽を重んじる作曲家は新古典派と呼ばれていました。

ブラームスは、古典派的な作曲技法を用いており、特に、ソナタや交響曲、協奏曲などは、古典的な形式を採用しています。

歌劇を作曲するには音楽的な才能だけではなく、文学的な才能も必要であることを知っていたブラームスは、自分には歌劇を書き上げるだけの能力がないからと、ついに歌劇を作曲することはありませんでした。

更にブラームスは、ロマン派の特徴でもある、リストによって新分野が開拓された交響詩にも手を染めませんでした。


ヨハネス・ブラームスの代表曲

▼交響曲
・「第1番 ハ短調」op.68
  最終楽章は、ベートーヴェンの「第九」を思わせる作風です。
・「第2番 ニ長調」op.73
・「第3番 ヘ長調」op.90
・「第4番 ホ短調」op.98

▼協奏曲
・「ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調」op.15
・「ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調」op.83
・「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調」op.77
・「ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 イ短調」op.102

▼管弦楽曲
・「セレナーデ第1番 ニ長調」op.11
・「セレナーデ第2番 イ長調」op.16
・「ハイドンの主題による変奏曲 変ロ長調」op.56a
・「大学祝典序曲 ハ短調」op.80
・「悲劇的序曲 ニ短調」op.81





ブラームス「交響曲第1番」/小澤征爾 《天覧公演》

https://www.youtube.com/watch?v=7M7Q7BXh_is


ブラームス:交響曲第2番:アバド/ベルリンフィル

https://www.youtube.com/watch?v=wbhP6xsxXss


ブラームス:交響曲第3番ヘ長調 作品90 / 小澤征爾 指揮サイトウ・キネン・オーケストラ 1991年9月

https://www.youtube.com/watch?v=th4KrdyjSwM



ブラームス ピアノ協奏曲第1番 ポリーニ. アバド/ ウイーンフィルハーモニー

https://www.youtube.com/watch?v=459wyWaex50


ブラームス:セレナード第2番イ長調 op.16 / イシュトヴァン・ケルテス指揮ロンドン交響楽団 1967年12月

https://www.youtube.com/watch?v=cTUjVOAkRVk

メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存