ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2767] 楽しく糾弾しましょう(音楽がダウンロードできます) 管弦楽編
日時: 2017/11/06 12:50
名前: topics editor ID:z5ZqiEqI

管弦楽曲としては、

交響曲
協奏曲
序曲、演奏会用序曲、劇付随音楽、交響詩
舞曲、組曲、ウィンナ・ワルツ

が主な分野であるが、これらの内から交響曲と協奏曲を除いたものを指して用いられることもある。また、これらの分野の中間的な存在の作品もある。
これらの作品は、専用の音楽ホールの舞台で演奏されるのが普通である。
加えて、オペラ、バレエ、演劇の伴奏として管弦楽が用いられる。この場合は、管弦楽は脇役であり、舞台から一段下がった場所(オーケストラピットと言う)で演奏されることが多い。
いずれの場合も、指揮者を用いるのが普通である。


このシリーズには次のものがあります。

管弦楽編
オペラ・シャンソン編
ピアノ・ギター・その他編
映画音楽編
ジャズ・ポップ・カントリー・R&B・その他編
流行歌・日本の歌編
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

バーンスタイン ( No.15 )
日時: 2017/12/15 19:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:L37FtLtY

アメリカの指揮者,作曲家(1919−1990)。

バーンスタインは、アメリカで初めて国際的に名乗りを上げた指揮者である。それまで、アメリカ人が著名なプロオーケストラで指揮を執ることはなかった。

そして彼は作曲家でもあり、数々の宗教的交響曲や映画音楽を残した。ミュージカルで著名な「ウエスト・サイド・ストーリー」や、「キャンディード」で既に彼の音楽に親しんでいる者もいるかもしれない。また、映画音楽においてはアカデミー賞音楽賞を受賞した。このようにバーンスタインは、アメリカのクラシック界の地位向上だけでなく文化的にも大きく貢献している。

ちなみにバーンスタインにはピアノの才能もあった。かつて大学時代はピアノに傾倒し、プロのピアニストとしてキャリアを歩んだ。指揮者時代、ピアノ奏者として聴衆の前で協奏曲を演奏することもあった。

カラヤンとバーンスタインは全く性格の異なる指揮者であり、同時期に活躍した指揮者としてよく比較される。マーラーは厳格で指示的な指揮者である一方、バーンスタインは感情を前面に押し出した表情豊かな指揮をする。

彼の曲目で代表的なのが、マーラーである。バーンスタインはマーラーの曲について「自分が作曲したようだ」というコメントも残している。ちなみにマーラーも、ロマン派後期の作曲家であり指揮者である。



バーンスタイン: 交響曲 第1番「エレミア」(1942) バーンスタイン 1977

https://www.youtube.com/watch?v=-ycyu6yHMX8


バーンスタイン: 交響曲 第2番「不安の時代」バーンスタイン 1977

https://www.youtube.com/watch?v=KIrtI59mfa0



「ウエスト・サイド・ストーリー」からシンフォニック・ダンス バ―ンスタイン 1976

https://www.youtube.com/watch?v=X8qM1ZCoQls



レナード・バーンスタイン /「オン・ザ・タウン」より 3つのダンス・エピソード(吹奏楽版)

https://www.youtube.com/watch?v=ZUFhwQiETrw



<キャンディード>序曲

https://www.youtube.com/watch?v=y4-Fi3tZ0ow
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存