ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3155] 物申す或る作家の私見<田中角栄論
日時: 2019/05/13 16:20
名前: 平岡幸夫 ID:Wr8eJ26Q メールを送信する
参照: http://yukio_664@yahoo,co,jp/

私達は今現在という現実の歴史の中にその身をおいているその現在という私達にとって身近な歴史的現実が某国(アメリカ)の策略で我が国でただ一人天才であり宰相でもあった角栄氏を収賄容疑の名のもとに立件逮捕に至らしめた我が国の司法界(最高裁判所並びに検事局)を以て葬り去ッたことは許されるべきでない____等しくその意見に同調する
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 物申す或る作家の私見 ( No.2 )
日時: 2019/05/13 18:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LUA81qjA

NO 1のレスから、

田中角栄は、池田を大蔵省時代から認めており、池田内閣の蔵相になれるように画策していたようである。
そこで田中に助け船を出したのが大平正芳、池田も大平も心から日本の将来を案じて政治に当たっていた人物。
総理になったときに三木武夫を組んだのも、三木は戦後の政治家として清廉潔白さではトップに上げられる人物。

若き日の田中を支えた人物が、この様な人たちであったことは運も良かったのであろうし、田中が彼等の信頼を受けうる人物でもあったと言うことである。
現在の腐れ政治屋共の権力闘争とは質が全く違っている。

その田中の政治家としての信念の強さは、アメリカ、ロシア、中国との交渉においても日本の立場は十分に貫きとおしている。
はじめる前から逃げ腰の安倍、なんかとは比べることも控えたい。

対官僚の姿勢においても、若くして、しかもはじめて重要ポスト大蔵省を押さえきった。
金も使ったようだが、その手練管は、現代のクソ政治屋共には全くない。
現代内閣の大臣共は、霞ヶ関におんぶにだっこ、であり、彼等を使いきる意思すらない。

その田中の人となりは、各人の感想を掲載しているが、
おごり高ぶることなく、常に国家国民の目線で、責任転嫁をする卑怯な人間ではなかった。

その豪快さと金の力が田中の勢力をトンでもなく大きくした。

現代の政治屋共の中に、どの様な面でも田中と比較できる奴などいない。
田中角栄のような人物が現れなければ、腐った日本の政治は変わらない。

衆参同日選挙を狙ったり、政策抜きの野党共闘を言ったり、選挙で勝つことが何よりも気にかかる腐れ政治屋、政党などいらないのである。


メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存