ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[35] 新しい日本のかたち
日時: 2009/08/03 07:48
名前: 天橋立の愚痴人間

政権交代後を睨み、50年100年先までの構想を探りたいと思います。

抽象的な紹介で申し訳けありませんが、此処も皆様の御意見で埋めていただきたいと思います。

私も、そのうちに力を入れて書き込みをしようと思います。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 新しい日本のかたち ( No.42 )
日時: 2012/12/20 12:35:36
名前: 天橋立の愚痴人間

地域循環型経済圏の構築について、もう少し説明したいと思います。

この地域と言う概念を、日本の地方へ当てはめることは、それだけを単純に見ていては非常に難しいのです。

先に言いました「食料鎖国」政策は、まだ具体的な方向が見えていますが、日本国内を、そのような(直接物資を特定しての)線引きは出来ないのです。

出来るとすれば、行政単位毎に自立可能な経済環境を念頭に再編し、その中でも富の再配分が図れるようにする事です。
具体的には、過疎化で悩む弱小地域と、それなりに活力が期待できる地域を組み合わせバランスをとること。
また、現況に拘らず、将来、地域の特性を促進するために国家の施策として支援するシステムを作ること。

農業に適している地域には、後で言います公共事業によって、インフラ整備を十分に実施する。
工場の設置も、国土の経済的バランスを考慮して進める施策をとる。

3つの骨格に「新しい国民生活の様式の展開」と書いておりますが、それは下記の様なことも含んでいます。

老人ホーム、豊かな人のセカンドハウス等を産業の育たない地域へ優先して設ける様に施策を講じる(強制ではなくて、メリットがあるように施策を講じる)。
平均寿命が伸びた現在、65〜75くらいまでの体力もある間のセカンドライフを楽しむために、安易に地方へ移り、後、生まれ育ったところへ帰られるというライフサイクルを可能にする環境を整備する。
要するに売買が容易なセカンドハウスを準備するか、もしくはレンタルを考える。
一方、大量の人を一時的にせよ地方へ迎えるためには医療、交通網などインフラの整備が必要です。
こうして、人口を流動化させることは、とりも直さず、国内での需要供給のバランスを保つ事が出来ます。

一部の事ですが、地方循環型経済圏が出来ると言うものです。
また、過疎化が激しく、行政にも住んでいる方にも厳しい環境を解消するためには、移住を勧めるということも手段であります。
自然の中で生活したいという人を無理やり移住せよというものではありません。

言いたいことは、国つくりを通して地域循環型経済圏と言うものを考えねば、足し算、引き算では実現できないと言う事です。
地域経済については、地域貨幣のことを言う方もいますが、地域の産物を地域で消費するように進めるためには、特定の商品に限り用いることも手段ではあると思います。

新しいエネルギーの開発が言われていますが、その施設の立地なども地域の経済環境のバランスを考慮して決めるのも良いでしょう。
このようなことを総合して進めることにより、地域の経済圏を作る事が出来るのです。
それには地方分権にこだわりすぎていると、それ自体が足かせとなり旨く行かないでしょう。

道州制による行政の再構築、地方分権は地域の経済的のバランスが取れた安定を基準にして判断すべきなのです。

もう一つ「 国家による直接の雇用の確保」と言いますのは、この過程で、インフラ整備のための公共事業を大量に発注し地域を中心に雇用を生み出す事により地域の需要を増やすと言う事です。

地域を充填にして都市部を見てないように思えますが、元々都市集中による弊害が原因であることも鑑み、逆に都市部の住民(仕事のない住民)に地方回帰を促すものです。
人口さえ、ある程度まとまれば、そこに色々な産業が生まれるのです。

景気と言うものは、必ずしも定量的に分析出来るものでもありません。
景気が景気を生むように、貨幣が順調に展開すれば、その経済圏自体が膨張すると言う事が考えられます(パイが大きくなる)。
それによってグローバル化の弊害(安い輸入品に悩まされること)も緩和されます。

しかしながら、ある程度は様子を見ていて輸入制限することは視野に入れておかないといけないでしょう。

今回は国内における、端末の地域経済圏について言いましたが、これも概念に過ぎません。
実現のためには、膨大な検証がいるでしょう。
私などが出来るはずはなく、この様なことこそ、頭だけは優秀な官僚を使えば良いのです。
あいつ等を100人ほど使い、3年も経てば、相当な試案を作ってくるでしょう。
こういうことは優秀で、頼りがいがあると思いませんか。

国家単位の経済圏、アジアなどと言う広範囲の経済圏の構想については、次にします。


最後に断って起きますが、この構想を説明すればするほど、現実離れしていると指摘される方が殆どですが、元々冒頭で断っていますように、50年100年先を睨んだものです。

5年や10年で結果が出るようなものを追っていては、何時までも社会は変わらず、資本主義のシステムと共に奈落の底へ沈むでしょう。

そうならないための施策は、全くないのか。と言う事に対する返答なのです。
最初にも断りましたが、この方向を目指すためには、我々自身の意識、価値観の転換が必要です。

いずれ、それも人々が受け入れざるを得ない事態がくるものと思っています。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存