ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

1000兆円の借金について<マクロ経済論> おさらい ( No.202 )
日時: 2018/06/16 18:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:rFpNfvC6

1000兆円の借金が多いか、安全か!
漠然として解らないでしょう。そこでおさらいをしてみましょう。

日本の債務は既に1400兆円を超えているでしょう。
アメリカの債務も3000兆円ほど、中国も4000兆円の債務を抱えていると言います。
国家の債務と企業や家計簿の債務は明らかに異なります。
ギリシャなどは破綻したと言いますが、国が消滅した訳でもなく、国民が家(国)出した訳でもありません。


通貨(お金)は水や空気と同じく。通貨とは何かと考えるまでもなく、生きて行くために必要不可欠なものとなっている。
その通貨は何千年も前に物々交換の媒体として発祥し、始めは特別な貝殻とか石でした。
媒体にするには通貨自体に何らかの価値が無くてはなりません。
やがてメソポタミア文明圏では、自然の貝殻などに代わる硬貨を鋳造しこれに当てました。

中世には紙幣が登場しますが、やはり通貨自体に価値を持たせねばなりません。
通貨を広く流通させるには、それなりの通貨の価値を保証する機構が存在する必要があります。
ですので通貨の発行は国家やそれに代わる有力な組織が担う事になりました。
金本位制と言う言葉があります。
紙幣の価値を金の価格で裏打ちする事によって、その交換価格を通貨の価値の保証としました。

一方で、が飛躍的に増えると共に通貨の信用度を確保するために通貨の管理制度が発達してきました。
金本位制を取って通貨発行者は、発行する通貨に比例すて実際の金を貯蔵してきましたが、じっさいには採掘された全部の金を所有していても発行した通貨の全てを交換する訳にはいきません。
ですが産業革命を経て貨幣経済はどんどん増殖し、金本位制では意味がなくなり、信用通貨制度へ移行してきました。
その為にも通貨管理制度は重要な役割を果たさねばなりません。
具体的に言えばインフレを起こすと通貨の信用がなくなると言う事になり通貨制度自体が破綻します。
その国、地域の通貨制度が破綻すると、全ての経済的活動が成り立ちません。

ところで、現行の通貨管理制度のやり方が間違っていないかの検証をしてみましょう。
インフレを起こさないために各国は必至で通貨の信用度を確保しようとしていますが、その目安は、今でも通貨の兌換と言う事を主題にしています。

金本位制の時代は、兌換できる金の貯蔵に努めました。
現在はと言えば、通貨の発行量に見合う金融資産の確保を前提にしています。
通貨の発行と言う事は、会計的に発行者の負債と設定し、担保として国民の金融資産の量をみているのですが、実際に全国の国民の金融資産を抑える事は不可能です。

実際の国民経済を見ていましょう。

まずは、国民総資産という角度から。

この表は、企業会計における貸借対照表の作成と同じ意味を持ちます。単位は兆円で、平成22年度で見ています。


<資産の部(国民総資産)>
(非金融資産の内の生産資産)
在庫                 69.0
住宅                 350
住宅以外の固定資産         1129
無形固定資産             29
(非金融資産の内の有形非生産資産)
土地           1205
土地以外の有形非生産資産   2
(金融資産)
株式以外の金融資産    5302
株式            413

合計       8500兆円


<負債の部>
(負債)
その他の負債            490
保険・年金準備金          419
金融派生商品             63
株式・出資金      610
株式以外の金融商品    1267
借入れ金      1295

現金・預金      1330
正味資産      3036

 合計     8500兆円

(正味資産とは)

国あるいは各制度部門の所有する実物資産及び金融資産(株式を含む)の総額から、負債(株式を含む)の総額を差し引いたものを正味資産といい、国民あるいは制度部門貸借対照表のバランス項目である。国冨とは、国全体の正味資産であり、実物資産と大外純資産の合計に等しい。

22年度の数値を掲示されていますので、これを基に言いますと、正味資産3036兆円、これには在庫や固定資産が2764兆円ありますね。

これを分解しますと民間保有分2014兆円、*公的部門749兆円
この固定資産は、国家から見て現実に換金価値があるのは、国家デフオルトにより、総資産封鎖を実行した時で、そうとしても、民間の固定資産まで対象とする訳にも行かないでしょうから、これを差引くと正味資産は、1022兆円となります。ただこれには年金などの社会保障基金ネットで185兆円が含まれており、これを差引きますと837兆円です。後840兆円くらいは、ヘリマネ出来ますぞ(笑)。もっともこの額は、日銀統計国民一般家計現金預金額とほぼ一致しており、最悪これも差し出す覚悟で。


次には、実際の通貨の流れ(通貨管理の実態)を見てみましょう。

マネタリーベース(ベースマネー)とマネーストック(マネーサプライ)について

マネタリーベースは、マネーストック(世の中に出回っているお金の総額)の基となる通貨という意味で、ベースマネーとも呼んでいます。また、この通貨が大きな預金通貨を生み出す強い力を持っているという意味で、ハイパワードマネー(強権貨幣)と呼ぶ場合もあります。
マネタリーベースは、現金通貨(日銀券、補助貨幣)と、民間金融機関の法定準備預金(日銀当座預金)を合計して求めます。

マネーストックは、これまでマネーサプライ(通貨供給量、貨幣供給量)として統計が公表されてきました(下表)
マネーストックはマネタリーベースに累乗して現れます。

(M1) 
現金通貨と預金通貨を合計し、そこから調査対象金融機関保有の小切手・手形を差し引いたもの。対象金融機関は日本銀行(代理店預け金等)、国内銀行(ゆうちょ銀行を含む)、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫、その他金融機関(全国信用協同組合連合会、信用組合、労働金庫連合会、労働金庫、信用農業協同組合連合会、農業協同組合、信用漁業協同組合連合会、漁業協同組合)。※現金通貨 = 銀行券発行高 + 貨幣流通高※預金通貨 = 要求払預金(当座、普通、貯蓄、通知、別段、納税準備) - 調査対象金融機関の保有小切手・手形

(M2)
現金通貨と国内銀行等に預けられた預金を合計したもの。対象金融機関は日本銀行、ゆうちょ銀行以外の国内銀行、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫。
(M3)
M1 + 準通貨 + CD(譲渡性預金)。対象金融機関はM1と同じ。

※ これらのうち日銀はM3を最も代表的な統計と見なしている。

具体的に表すと次の様になります。

平成26年度のベースマネーは 209兆円
平成26年度のマネーストックは 863兆円
実際に市中で流通している日銀券は 98兆円


日銀はマネタリーベースの発行量の調整によって社会に出回るマネーストック(マネーサプライ)をコントロールしているのです。
また、マネーストックとは、現実に出回っている通貨の総量ではありません。


その日銀の通貨管理の指標として、次の経済の地論があります。

(続く)




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存