ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

国債の話 ( No.208 )
日時: 2019/03/07 13:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gEC3y6yg

ひさしぶりにUPします。

日本国債は、日本国政府が発行する公債である。「国債ニ関スル法律」(明治39年法律第34号)に基づいて日本国の運営に必要な資金を集めるために発行される。

その発行額について
年毎の国債発行額         国債発行残高
2006年   27.5兆円      531兆円
2008年   33.2         545
2009年(民主党) 52.0      594
2010年     42.3       636
2011年     42.8       669
2012年     47.5       705
2016年     34.4       837
2018年              995

この他に、国債を償還するための財源不足を解決するために借換国債と言う1年ものの短期国債を発行していて、最近はこれが年間100兆円を越えている(日銀引き受け)。

日本銀行における国債の直接引受けは、財政法第5条により、原則として禁止されています(これを「国債の市中消化の原則」と言います)。

これは、中央銀行がいったん国債の引受けによって政府への資金供与を始めると、その国の政府の財政節度を失わせ、ひいては中央銀行通貨の増発に歯止めが掛からなくなり、悪性のインフレーションを引き起こすおそれがあるからです。そうなると、その国の通貨や経済運営そのものに対する国内外からの信頼も失われてしまいます。これは長い歴史から得られた貴重な経験であり、わが国だけでなく先進各国で中央銀行による国債引受けが制度的に禁止されているのもこのためです。

それでも、実際の国債保有者は
日銀  45.7%
市中銀行  41.2
海外    5.9
社会保障基金  4.7
投資信託・証券会社  2.0
その他(家計を含む) 0.5
となっている。
それは日銀が市中銀行から買い上げる為である。
日本銀行による国債引き受けを禁じた法律は実際にはザル法である。

国民は通常銀行にお金を預ける。
銀行は預かるだけでは意味が無いから運用しないといけない。
優良融資先は非常に限られるため、預金の多くを国債で運用してきた。
その国債は政府のマイナス金利政策の煽りでほとんど利益を生まない。
業を煮やした銀行は国債を売却して海外に投資先を求め始めている。
本来であれば大量に売却された国債は値を下げ、金利の急上昇を招くはずであった。
だがそれを阻止したのが日銀である。
日銀は国債下落を防ぐため毎年大量の国債を買い上げてきた。

日銀は、こうして市中銀行から国債を買い上げることで金融政策をとってきた。
また、日本銀行では、金融調節の結果として保有している国債のうち、償還期限が到来したものについては、財政法第5条ただし書きの規定に基づいて、国会の議決を経た金額の範囲内に限って、国による借換えに応じています。こうした国による借換えのための国債の引受けは、予め年度ごとに政策委員会の決定を経て行っています。

市中銀行の国債保有は41.2%、つまり410兆円分の国債を保有していることになる。
昔、国債の金利が高かった時代は、安定した融資先として国債購入は有難い存在であったが、現在は10年もので0.35%。
これでは金融業として成り立たない。
日銀と市中銀行の間には準備預金制度という仕組みがある。
準備預金制度は、金融機関が保有している顧客による預金引出しに備えるための支払準備金を法的に制度化し、預金の一定割合(準備預金率)を中央銀行に強制的に預入させる制度である。
市中銀行は政府から買った国債の一部を日銀に買ってもらって、それを準備預金に繰り入れている。
また、銀行の大量の国債保有は銀行の安定性を示し預金を確保するのに有効であった。
しかしながら国債金利の低下とともに、これも怪しくなってきている。

とまあ、こんなところで、国債発行と金融政策の間には、結果オウライの仕組みが隠されており、どこまで真実であるか解らない。
我が国の金融資産は証券なども含めて1300兆円とされている。
その中の410兆円を銀行が国債購入に使っているという話も信じがたい。
何かあるのではないか。
このような面倒くさいことをしなくても、国債を直接日銀が購入するようにすれば良いのである。

いずれにせよ、1000兆円の借金の話は、我々の日常感覚で考える必要など、さらさら無いのである。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存