ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

借り換え国債の発行は年間100兆円を超えている ( No.209 )
日時: 2019/04/10 14:30
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ntwZ.beE

借り換え国債とは、たとえば民間の企業などで1億円の借り入れをしたが期限までに返せなくなった。
そこで、その分を銀行から新たに借りて返したと言うこと。

返した分の借り入れは減るので、借入金の残高の合計は変わらない。
実際の返却が遅れていることと同じこと。
普通は、この様な手は何回も通じない(信用がない)が、政府・日銀のプレーは違う。
永久にでも続けられる。

そうなのです。
国債は毎年30〜50兆円発行していて、一般会計予算で償還に当てているのは20〜30兆円。
差し引き20兆円くらいは、毎年新たな借金を続けていることになる。

約束通り借金の返還を続けていても、新たな借金をつくるから、合計の負債はたまるばかり、それが1000兆円を越してしまった。
借金など返さないと開き直ればよいのだが、そうは行かず形式的には返し続けていることにしなければならない。

そこで当面の返済の為に上記の通り借り換え債を発行し、返したことにする。
これが借り換え債で年間、100兆円を超えることになった。

税収が50兆円、一般会計予算が100兆円の国で、普通国債を合わせると毎年150兆円の国債を発行している。
全てが可笑しい言えば可笑しい。
だが、それで30年、何事もなかった。
バブルの時代もあった。
要するに国債ではなく通貨の増刷(ヘリマネ)であれば、借金の影も形もなかったのである。


1000兆円でこれだから、後、20年もすれば、2000〜3000兆円の借金残高となり、借り換え債も200〜300兆円発行することになる。
まあね、心配しなくても銀行自身(政府・日銀)が勝手にやってくれるので債務者は痛くも痒くもない話。

要するに、ここ20年も30年も、これの繰り返しで実質通過の増刷をやってきたのである。
しかしながら、国の借金残高、1000兆円は、遊びに使ったわけでもなく、公共事事業、介護事業など事業費として消化された。
それだけの付加価値が国民に還元されてきたということで、会計上は損益は等しくカウントされる。

1000兆円の国の借金を裏返せば、国民一人当たり800万円ほどを国家に貸していることになり国民の資産であるという人もいるが、それは勝手すぎる。
その1000兆円は何某かの形で我々はすでに受け取っているのだ。

でも、それで何も問題ないでしょう。
我が国は借金が増えて破綻する騒いでいますが、具体的にはどのようなことが起きるというのでしょう。
何も起きない。
破綻すると言っても、その内容は誰も言わない。
債務者のほとんどは国民であり、国民がその金を返せと言わない限り何も起きない。

国民が実質800万円の金を国家に貸した覚えもない。
国債とは、こういうもの。

こともとヘリマネであるのだ。
ヘリマネが過ぎると破綻すると言っているのか金融関係者の机上の論理だけである。
将来、破綻するなら1000兆円の債務を抱えた現在でも何かが起きているはず。

デフレ状態で生活は芳しくないが、経済がましてや国家が破綻するなど言われても実感はない。
破綻と言えば現在でも破綻しているとも言える。
政府の無策の為に。

まあね、ギリシャのように借金を海外に頼ったりしていると話は別であるが、そのギリシャでも、通貨の増刷で債権者に返してやれば良いのだが、EUに加盟しているために勝手にユーロが印刷できない。

この様に金融施策で国家を締め付けるのが金融マフィア、ユダ菌の正体であるのだ。
1000兆円の借金が3000兆円になろうとも、5000兆円になろうとも心配御無用。
否、
もっと積極的に国家の債務を減らし国民生活を豊かにしよう。
国債は全て我々の生活の為に消費されるのであり借金だけが溜まるのではない。

都合の良いことに、その借金は返さなくても誰も損害はうけないのだ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存