ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[627] 21世紀よ、正気に戻れ
日時: 2010/05/18 06:22
名前: 満天下有人

「21世紀よ、正気に戻れ」

・・・旧スレッド「当代世間裏算用」が消えてしまった、何らかの事情があるのかも知れない・・・

江戸時代浮世草紙作家・井原西鶴は、年末大晦日に帳尻を合わせる庶民の、むしろ善良なる慌しさを愉快に表現した面もあった・・・西鶴は、この世が余りにも裏算用で動いていることに嘆いて、当代世間裏算用を消してしまったのかも知れない・・・

戦争の世紀と言われた20世紀、その大晦日は既に過ぎ去ったというのに、この代は政治、経済、社会、全ての分野にわたって未だに、スス払いが終っていない・・・

・・・いや益々ススが溜まり始めている・・・ススは溜まってしまうと、こびりついてそう簡単に払うことが難しくなるものだ・・・あちこちに見られるスス溜まり現象、内だけでなく世界もそうだ・・・

・・・旧当代世間裏算用は、庶民経済をベースに、経済学の怠慢なるテーマから色々問題を提起してみた・・・紙切れ紙幣発行権者たちが、「忌まわしい金(きん)」として忌み嫌った兌換裏付けとしての金を排除し、紙切れ同士の戦いに世界を転換させたものの、次から次へと問題が起こり、後を絶たない・・・

・・・一昨日NY金は、史上最高値の$1200/トロイオンスをつけてしまった・・・経済価値とは一体どこにあるのか、深遠な様相を再提起しているやに感じるけど、その上に立つ政治、社会にも、追い切れないほどにススが舞って混迷の度を深めている・・・

・・・ススは誰が溜め込んでいるのか、取り払うべきのところ、更にそれをこびりつかせようとしている・・・払うのは誰がやるべきか・・・糾弾箒は何本も用意せねばなるまい・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

狼は嘘をつかなかった。 ( No.175 )
日時: 2010/08/21 17:21
名前: 阿房の長命 ID:8TLzEqF6

 一時は、テレビ討論慣れしない政治家を俎上にして、言いにくいことを言わせようとせかしたり、追い込むなどした狼少年は、答えに苦しむ権力者の表情を引き出して、視聴者の鬱憤をはらすひと時をつくり人気を得ていたときもあった。

しかし、強引な司会で人気が薄れてからは、テレビ出演も少なくなりラジオやローカル局での活動も、官房機密費をもらっていることがあきらかになるにつれ、一寸先は闇としょうする彼の永田町情報も、狼は嘘をつかないので、少年もやがて信用失墜の定めにあるようだ。

下記の情報は最近の田原総一郎の論説である。
http://opinion.infoseek.co.jp/article/982より転載

民主党代表選挙で菅直人は再任される◎田原総一朗=ジャーナリス

 九月の民主党代表選挙で、菅(直人総理)さんは勝利し、総理を留任すると、僕は思っている。

 民主党の枝野幸男幹事長、細野豪志幹事長代理、樽床伸二国会対策委員長、玄葉光一郎政調会長、官房長官の仙谷(由人)さんも続投だろう。なぜか。

 七月の参議院選挙で、いわゆる五五年体制(一九五五年体制)が終わったことが、非常にはっきりしたからだ。では、五五年体制とは何か。

 自民党と社会党の対立の時代だった。自民党は自由主義経済体制と日米安全保障条約の堅持、かたや社会党は社会主義経済体制の確立と日米安全保障条約の破棄と政策対峙があった。

 ところが、民主党と自民党に政策的な対立軸があるかといえば、それはない。

 両党とも、経済政策では景気浮揚を命題としており、法人税減税には賛成で、共産党のような「企業にもっと課税せよ」という主張はない。財政の健全化を目指すために、消費税率のアップについても、民主、自民両党とも賛成である。

 さらに、福祉政策についても基本的にはあまり変わりがない。民主党は福祉重視の大きな政府論であるが、競争も重要だと主張し、自民党は競争重視の小さな政府論だが、格差反対といい、競争重視の小さな政府論だとは明確にいい出せない。一方で、自民党は民主党の子ども手当に反対と主張するが、これは微細なことで、政策的にはほとんど相違がない。

 また、米軍普天間飛行場の辺野古沖移設に関しても、民主、自民ともに賛成だ。経済、消費税、福祉、安全保障における両党の政策に差はない。今後、違いを明確にしようとするが、容易に違いが浮かび上がるとは思えない。となればどうなるか。

 国民の気分によって投票行動が変わってくる。つまり、選挙における連勝はありえない。だから、昨年の衆議院選挙で勝利した民主党は、今年の参議院選挙では敗北した。

 参議院選挙の一人区は民主党の八勝二十一敗だったが、仮に十四勝十五敗だったとしても、民主党は単独では、参議院の過半数には達しなかった。次回の参議院選挙で民主党は、八十議席獲得というのは無理だろうから、少なくても、六年間は参議院でねじれ現象は起きる。ところが、現在のねじれ状況が終われば、今度は与党になった自民党にとってのねじれ現象が起きるのではないかと思う。つまり、僕は、ねじれ現象の常態化が日本の政界で起きるのではないかと考えている。

 数で勝負する時代は終わったということである。一つひとつの法案に対して、極めて真摯な議論が必要になってくる。巷間、政界再編成等といわれるが、それはなく、法案ごとに連携するパーシャル連合の時代になってくるだろう。ことによれば、選挙ごとに政権交代が起きる時代がやってくるかもしれない。選挙結果によって、党の代表を変える時代ではない。したがって、参議院選挙後、民主党首脳を批判する声は大きくならなかったのだ。

 だから、菅さんの交代もありえない。マスコミは小沢(一郎民主党前幹事長)さんを過大評価するが、政界の波乱を期待しているからだ。しかし、小沢さんが政界波乱のキーパーソンになることはない。

PS この論調は、大谷、高野、石見等、阿波狸仲良しクラブと同じ二項対立論調で浮世離れがしている。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存