ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[627] 21世紀よ、正気に戻れ
日時: 2010/05/18 06:22
名前: 満天下有人

「21世紀よ、正気に戻れ」

・・・旧スレッド「当代世間裏算用」が消えてしまった、何らかの事情があるのかも知れない・・・

江戸時代浮世草紙作家・井原西鶴は、年末大晦日に帳尻を合わせる庶民の、むしろ善良なる慌しさを愉快に表現した面もあった・・・西鶴は、この世が余りにも裏算用で動いていることに嘆いて、当代世間裏算用を消してしまったのかも知れない・・・

戦争の世紀と言われた20世紀、その大晦日は既に過ぎ去ったというのに、この代は政治、経済、社会、全ての分野にわたって未だに、スス払いが終っていない・・・

・・・いや益々ススが溜まり始めている・・・ススは溜まってしまうと、こびりついてそう簡単に払うことが難しくなるものだ・・・あちこちに見られるスス溜まり現象、内だけでなく世界もそうだ・・・

・・・旧当代世間裏算用は、庶民経済をベースに、経済学の怠慢なるテーマから色々問題を提起してみた・・・紙切れ紙幣発行権者たちが、「忌まわしい金(きん)」として忌み嫌った兌換裏付けとしての金を排除し、紙切れ同士の戦いに世界を転換させたものの、次から次へと問題が起こり、後を絶たない・・・

・・・一昨日NY金は、史上最高値の$1200/トロイオンスをつけてしまった・・・経済価値とは一体どこにあるのか、深遠な様相を再提起しているやに感じるけど、その上に立つ政治、社会にも、追い切れないほどにススが舞って混迷の度を深めている・・・

・・・ススは誰が溜め込んでいるのか、取り払うべきのところ、更にそれをこびりつかせようとしている・・・払うのは誰がやるべきか・・・糾弾箒は何本も用意せねばなるまい・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

鳩山調停をめぐる後藤謙次と菅直人の嘘 ( No.205 )
日時: 2010/09/02 13:57
名前: 阿房の長命 ID:wvFTZC6g

ファシズムの中の代表選 - 鳩山調停をめぐる後藤謙次と菅直人の嘘
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-368.htmlより転載

ファシズムの中の代表選_3「トロイカ復活」に動いた鳩山調停の失敗について、マスコミが説明している情報内容は腑に落ちないところがある。

後藤謙次の解説(報ステ)は作り話だ。報道では、小沢一郎が菅直人に求めた具体的条件は特になく、単に6月の「靜かにしていろ」の発言を謝罪するように輿石東から要請があっただけだとされている。

8/30の菅・鳩山会談でも、「トロイカ体制での挙党態勢」が言葉で確認されただけで、中身は具体的に詰められておらず、菅・鳩山の双方で「トロイカ体制」と「挙党態勢」の意味が全く違っていたという噴飯で茶番な話になっている。菅直人の方は、その意味を「小沢一郎を顧問会議の一員に据える」という棚上げ処分で理解していたと言う。

いくら鳩山由紀夫が貴族のボンボンでも、まさかこの了解で「挙党態勢」と「立候補取り下げ」の交渉を妥結させていたというのは、あまりに人をバカにしたおめでたい話だろう。あり得ない。党分裂が懸かった重大局面での膝詰め最終交渉である。

8/30夜の公邸での会談で、間違いなく人事の案件を詰めたはずで、仙谷由人と枝野幸男の更迭の確約を取りつけたのだろう。だからこそ「トロイカ体制」の言葉が会見で出たのであり、鳩山由紀夫はそれを小沢一郎に報告し、8/31の三者会談の席で菅直人に電話での最終確認を求めたのに違いない。

事実は、菅直人が一夜で翻心して、鳩山由紀夫を裏切ったのである。あるいは、菅直人は最初からその狡い奸計で鳩山由紀夫を騙したのだろう。菅直人らしい。

ファシズムの中の代表選_4菅直人は、嘘と詭弁で政界を生き抜き、権力を操縦する男である。「人事の話は一切していない」とする菅直人の弁解は嘘だ。普通の人間はそれを信用しない。そこまで鳩山由紀夫を粗忽で軽薄で軽信な人間だとは思わない。

菅直人の言葉を信用するのは、マスコミの報道に騙されるB層の人間である。騙された鳩山由紀夫は怒り心頭だろうし、ようやく、自分にも引導を渡して政界引退に追い込もうとしている菅直人の本音を思い知っただろう。人事の具体的中身がなければ、「挙党態勢」も「トロイカ体制」もないし、最初から交渉にはならない。

小沢一郎の立候補を降ろすためには、条件を提示せねばならぬのは当然ではないか。政治交渉なのだから。交渉とは取引だ。菅・鳩山会談は、小沢一郎の立候補を取りやめさせ、代表選を菅直人の無風再選にするための首脳会談である。

条件を提示しなければならないのは菅直人の方で、提示して鳩山由紀夫の仲裁を受けたのは菅直人の方である。鳩山由紀夫が8/30夜に得意満面だったのは、菅直人が人事で譲歩して、代表選が回避される確証を得たからだ。

ところが、マスコミは、条件闘争をしているのは小沢一郎の方で、ポストを要求しているのは小沢一郎の方だと言い、小沢一郎が主導して裏で汚い駆け引きをやっていると報道を浴びせている。「談合」のレッテルを小沢一郎に貼り付け、政策論争から逃げているというイメージを塗りつけている。マスコミの小沢一郎報道では、悉く事実が歪曲され捏造される。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存