ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[627] 21世紀よ、正気に戻れ
日時: 2010/05/18 06:22
名前: 満天下有人

「21世紀よ、正気に戻れ」

・・・旧スレッド「当代世間裏算用」が消えてしまった、何らかの事情があるのかも知れない・・・

江戸時代浮世草紙作家・井原西鶴は、年末大晦日に帳尻を合わせる庶民の、むしろ善良なる慌しさを愉快に表現した面もあった・・・西鶴は、この世が余りにも裏算用で動いていることに嘆いて、当代世間裏算用を消してしまったのかも知れない・・・

戦争の世紀と言われた20世紀、その大晦日は既に過ぎ去ったというのに、この代は政治、経済、社会、全ての分野にわたって未だに、スス払いが終っていない・・・

・・・いや益々ススが溜まり始めている・・・ススは溜まってしまうと、こびりついてそう簡単に払うことが難しくなるものだ・・・あちこちに見られるスス溜まり現象、内だけでなく世界もそうだ・・・

・・・旧当代世間裏算用は、庶民経済をベースに、経済学の怠慢なるテーマから色々問題を提起してみた・・・紙切れ紙幣発行権者たちが、「忌まわしい金(きん)」として忌み嫌った兌換裏付けとしての金を排除し、紙切れ同士の戦いに世界を転換させたものの、次から次へと問題が起こり、後を絶たない・・・

・・・一昨日NY金は、史上最高値の$1200/トロイオンスをつけてしまった・・・経済価値とは一体どこにあるのか、深遠な様相を再提起しているやに感じるけど、その上に立つ政治、社会にも、追い切れないほどにススが舞って混迷の度を深めている・・・

・・・ススは誰が溜め込んでいるのか、取り払うべきのところ、更にそれをこびりつかせようとしている・・・払うのは誰がやるべきか・・・糾弾箒は何本も用意せねばなるまい・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

「肉を切らせて小沢氏を断つ」陰謀に気づいた夜 ( No.291 )
日時: 2010/11/01 06:48
名前: 阿房の長命 ID:WCJYvdXM

検察・メディアの「肉を切らせて小沢氏を断つ」陰謀に気づいた夜
http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-361.html 世に噛む日々より転載

「どうして朝日が最前線記者による大阪地検の「FD改竄事件」スクープをもみ消さなかったのか」
これはどういう意味だろう?

「FD改竄事件」とは、言うまでもなく、村木さん冤罪事件で、大阪地検の前田主任検事が行った卑劣な犯罪だ。
それをスクープしたのは、地方新聞出身の板橋洋佳という記者。
「最前線記者」というのは、この「第一線の現場」で活動する板橋記者のことだろう。

この記者は、役所からのリークを右から左に受け流すだけの「ムーディ記者」とは違い、「永田町異聞」の新恭さんも評価する、自分の目と耳と足で取材する、本来の記者らしい記者であるらしい。
当然、その仕事自体は、GJだったのだが、不思議だったのは、検察と利害を共有しているはずの朝日の上層部が、よくもこんな、結果的に検察を追い詰めるような記事を認めたものだということだった。
おそらく、そういうことを言っているのだと思う。

次の、「まず『小沢失脚ありき』という裏権力の強固な意思から引き算をしていけば、見えてくる」の部分。
これは、よくわからないが、もしかしたら、検察は、すでに失点が明らかとなっていた「村木さん冤罪事件」を利用し、自らの立場を危うくしてでも、「小沢失脚」という最終目的を完遂させたかったのではないか、ということだと思う。
いわば、「肉を切らせて骨を断つ」作戦。

この事件によって、「検察不信」が世にひろまると、小沢氏にとって、どういう影響があるだろうか。
そう、「検察審査会」が、表向きでも表明している、検察批判が、お墨付きを与えられた格好になり、「村木さん事件の検察はひどい。だから、陸山会事件の検察の不起訴判断だって怪しいものだ」という屁理屈がはびこる空気が醸成される。
これは、第五検察審査会の「強制起訴」を後押しし、補強する材料となる。
そういう判断があったのではないか。



本来の構図である「小沢VS検察、第五検察審査会」が、「小沢、検察VS第五検察審査会」に捻じ曲げられてしまったのだ。
(いつだったか、「検察を手なずけた小沢」なる、噴飯もののツイートを見かけて、げんなりしたことがある)
第五検察審査会の「市民目線」は、一点の濁りも曇りもない、正義の視線であり、小沢、検察みたいな権力欲や自己保身とは違う。
つまるところ、朝日の社説やコラム(天声人語)は、一貫してそういうことを言っており、それは、検察の意を受けたものだ。
「FD改竄事件」の裁判がすすみ、前田主任検事に有罪判決が下って、「トカゲの尻尾切り」が終わると、「膿を出し切った検察の再出発」を寿ぐ記事が、いずれ書かれるのは間違いないだろう。


と、まあ、昨夜の酩酊、朦朧状態で書かれた自分のツイートを解釈してみた。
自分が書いたものを、自分で解釈したのは、初めてだ。
本当に情けない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存