ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[627] 21世紀よ、正気に戻れ
日時: 2010/05/18 06:22
名前: 満天下有人

「21世紀よ、正気に戻れ」

・・・旧スレッド「当代世間裏算用」が消えてしまった、何らかの事情があるのかも知れない・・・

江戸時代浮世草紙作家・井原西鶴は、年末大晦日に帳尻を合わせる庶民の、むしろ善良なる慌しさを愉快に表現した面もあった・・・西鶴は、この世が余りにも裏算用で動いていることに嘆いて、当代世間裏算用を消してしまったのかも知れない・・・

戦争の世紀と言われた20世紀、その大晦日は既に過ぎ去ったというのに、この代は政治、経済、社会、全ての分野にわたって未だに、スス払いが終っていない・・・

・・・いや益々ススが溜まり始めている・・・ススは溜まってしまうと、こびりついてそう簡単に払うことが難しくなるものだ・・・あちこちに見られるスス溜まり現象、内だけでなく世界もそうだ・・・

・・・旧当代世間裏算用は、庶民経済をベースに、経済学の怠慢なるテーマから色々問題を提起してみた・・・紙切れ紙幣発行権者たちが、「忌まわしい金(きん)」として忌み嫌った兌換裏付けとしての金を排除し、紙切れ同士の戦いに世界を転換させたものの、次から次へと問題が起こり、後を絶たない・・・

・・・一昨日NY金は、史上最高値の$1200/トロイオンスをつけてしまった・・・経済価値とは一体どこにあるのか、深遠な様相を再提起しているやに感じるけど、その上に立つ政治、社会にも、追い切れないほどにススが舞って混迷の度を深めている・・・

・・・ススは誰が溜め込んでいるのか、取り払うべきのところ、更にそれをこびりつかせようとしている・・・払うのは誰がやるべきか・・・糾弾箒は何本も用意せねばなるまい・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

メディアや文化人が「小沢一郎支援」側に次々と転向している。 ( No.327 )
日時: 2010/12/17 22:42
名前: 阿房の長命 ID:TR00KkX6

メディアや文化人が「小沢一郎支援」側に次々と転向している。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20101211/1292050078 山崎行太郎 「毒蛇山荘日記」より転載

 民主党代表選挙において菅直人を支持した民主党議員達の多くは、おそらく新聞、テレビ、そしてその周辺で言論活動に携わる能天気な「文化人」(笑)たちが、こぞって「小沢一郎批判」派であり、つまり「菅直人支持」派だと勘違いしたことが、その「菅直人支持」の主な動機だったと思われるが、実は彼等の見立てとは大きく異なり、

まともな「メディア」や「文化人」たちは、「検察の暴走」や「検察審査会の暗部」「マスコミの情報操作」という現実を知るまでもなく、内心は「小沢一郎支持」派であり、そして今や、実質的には「小沢一郎応援団」「小沢政権待望論」派であることが、次第に明らかになりつつある、と言っていい。

たとえば、先ごろ、豊島公会堂の小沢支援シンポジウムや日比谷公会堂の三井環支援シンポジウム等に結集した文化人、ジャーナリストたち、あるいは「植草一秀・副島隆彦講演会」に結集した人たちは言うまでもなく、そして僕はあまり好きではないし、

言論人としても、学者思想家としても評価していないが、一応、メディアの世界では、「脳科学者」としてそれなりに有名人であるところの茂木健一郎までもが、最近、「週刊朝日」の企画で、小沢一郎と対談し、意気投合したそうである

が、これらの例が示すように、メディアも文化人、ジャーナリストたちも、その多くが、公然と「小沢一郎支持」を表明、あるいは「小沢一郎支持派」に転向しつつある。

むろん、これはほんの一部であって、小沢一郎支持を公言する文化人やジャーナリストは、以前から少なくない。
逆に、ことここにいたって、未だに「菅直人首相支持」を公言する「文化人」は、絶無に近い。言い換えれば、今、「菅直人首相支持」を公言する文化人がいたら、それはそれで、まことに「見上げたもの」と言うほかはない。

つまり、今や、「孤立無援」「支持率低下」「選挙惨敗」の現実に直面し、苦悩しているのは、菅直人とその支持グループである。

菅直人首相等が、なりふりかまわず、社民党との連立を模索したり、あるいは自民党との大連立を模索したり、という支離滅裂な行動に走らざるをえないのは、もはや政権担当能力を完全に喪失し、実質的に無政府状態寸前に陥っているからだ。

衆議院の解散・総選挙も近いのではないか、と噂されるようになった昨今、菅直人陣営の民主党議員たちは、おそらく自分達の政治生命が危機に曝されていることを肌身に感じていることだろう。

さて、茂木健一郎が、さっそく小沢一郎との対談の模様をブログ「クオリア日記」に書いているようだから、参考までに引用しておこう。

もはや、「小沢一郎」というシンボルは、マスコミや文化人、ジャーナリストが捏造した「悪のシンボル」ではないどころか、日本の混迷と迷走を打開してくれるかもしれない「救世主のシンボル」へと変わりつつあることが分かるだろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存