ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[950] 『公務員ムダ論』 ━━ 不況時代の公務員のあり方
日時: 2011/02/16 20:18
名前: 福岡 政行 ID:du9chzx.


 福岡 政行・・・1945年、東京生まれ。白鷗大学法学部教授。
立命館大学客員教授。政治学専攻。
 NPO「アシストの会」事務局長。早稲田大学政治経済学部卒
業、同大学院政治学研究科博士課程課程修了ののちに明治学
院大学法学部非常勤講師。
 駒澤大学法学部助教授などを経て現職。テレビ朝日系「TVタッ
クル」をはじめ、テレビ・ラジオにおける鋭い政治分析でファンも
多い。

 『公務員ムダ論』 ━━ 不況時代の公務員のあり方

                             (角川書店より)

 平成22年は、昭和の元号で85年となる。戦後65年の節目の年
となる。私は昭和20年生まれで、今年65歳の高齢者になる。

 民主党政権になって平成21年の暮れに向かって、景気の低迷
により、国税収入が急減していることが報道された。当初予算
の46兆円から37兆円台になるという試算である。実に9兆円近い
減収であり、2年前から比較すれば18兆円近い約3割の税減収で
ある。

 もちろん地方の税収も、ほぼパラレルな関係で減収となる。地方
税全体で約40兆円が35〜36兆円となる。
 民間の会社ならば当然のことながら、賃金カットやボーナスカット
である。昨年冬のボーナス支給は、全労働者の半数と言われてい
る。一部上場企業でも約15%のボーナスカットという発表があった。
 
公務員は、0.2%のカットであり、5%程度となる。15%と5%で
は3倍の落差である。
 公務員が国民全体の奉仕者(憲法15条)≠ナあるならば、20
%カットが当然のことになろう。

 とにかくムダ遣いであり、お役所仕事であり、経済悪化に鈍感である。
税収が急減する中で、日本は超高齢社会を迎えようとしている。団塊の
世代が、あと3年経つと高齢者になる。その数は200万人以上であり、
一方、生まれる赤ちゃんは年間106万人程度である。人口が減って、超
高齢社会では、経済の活性化は生まれない。

 そして、当然のことながら、社会保障は拡大する。景気回復は期待でき
ない。もちろん、自然増収は期待できない。財務省は、予算編成上さらな
る国債の増発を避ける大方針となっている。

 平成22年度の国債発行額は50兆円以上となる可能性もある。いよい
よ日本の借金は、国と地方合わせて1000兆円に迫る。

 このような中で、公務員の総人件費は、35兆円と言われる。
 さらに、問題となっている独立行政法人や公益法人、そして地方の外郭
団体・第三セクターの外出し公務員・隠れ公務員の人件費を加えれば37
〜38兆円と言われている。

 国と地方の全税収・75兆円(2010年度の予想)の半分となる。なんの
ための労働者の血税なのか。

 コツコツと働き、額に汗して働き、税金を納めている労働者よりも、税金
を給与にしている公務員の方が、はるかに高いということは、どう考えても
おかしい。不自然であり、道理に反すると言える。

 本書を書きたいという原点は、ここにある。それも全税収(税金)の半分
となれば、抜本的な改革が、そして事業仕分けが必要となるだろう。

 民主党のマニフェストは、究極のバラマキ公約と言われる。
 しかし、現実に政権を担って、マニフェストの忠実なる実行は不可能となる。
 財源が無い。財源不足でバラマキ公約という、究極のジレンマの中で民主
党政権は苦しんでいる。
 
 限られた税金という財源をどのように効率よく使うのか。政治の課
題は重いものである。政治の文化は、ガラリと変わったような気がす
る。しかし、今の政治の構図をよく見てみると、やはり政治の中心に
官僚が位置しているようなきがする。

 自民党政権時代は、霞ヶ関と自民党が癒着状態にあり、政官業の
ゴールデントライアングルがムダな公共事業を大量に造出してきた。

 経済も人口も右肩上がりの時代は、それでもまだ許容されるものも
あった。しかし、平成の時代に入って、GDPも500兆を推移し、低成
長とマイナス成長が交互に繰り返されている。人口の増加も止まり、
人口減社会となり、官僚主権国家日本は、自民党政権とともに、その
幕を閉じようとしている。

 しかし、民主党政権も財務省主導となり、政治の構図が一変したと
いう状況とは言えない。ましてや、労働組合連合≠フ組織内政治家
が、内閣の中心に位置している。民主党新人議員の選挙の主力部隊
は、自治労であったり、日教組であったり、連合の官公労系の組合が
主導権を握っている。

 本当に、民主党政権で日本が変わることができるのか、疑問は大き
くなる。

 国家公務員の人件費も2割カットとマニフェストには明記されているが
、国家公務員60万人の5倍近い地方公務員の人件費はどうするのか。
 独立行政法人や公益法人、さらに地方の外郭団体や地方の財団法人
の外出し公務員・隠れ公務員はどうするのか。

 給料も退職金も共済年金も、どのように減額していくのか。公務員の処
遇をどうするのか。総人件費35兆円を本当に2割カットできるのか。

 日本再生への一歩は、税金のムダを、どう省き、国民目線で弱い立場
の人々の暮らしをどう支え、どう守るのか。政権交代への期待の中で、ス
タートした民主党政権の最大の課題は、公務員天国をどのように変えて
いくかという一点であるといっても過言ではない。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

<人民殺害公務員を殺害せよ!> ( No.8 )
日時: 2011/02/18 16:48
名前: 山西一郎 ID:PSD50AVs

真理子の《脅迫》と《妄想》を裁きます。

>「真っ当な公務員の方たちが当たり前の仕事を出来る」
*現在「真っ当な公務員」とは、違法公務の内部告発と、人民の人権を侵害している公務員を攻撃している公務員のことであり、現在の《公務員全体主義》に対抗して、公僕として民主主義社会の主権者を護る事を「当たり前の仕事」に「出来」なければならないのです。

>「公務員の給与は、物価にスライドさせて欲しい」
*先に公務員の給与を、憲法が全国民の生存に保障している《生活保護費》と同額にし、全ての公的交付金・給与を「物価にスライド」すれば良いのであり、現時点において《税金ドロボウ》と言われる「公務員の給与」を「物価にスライドさせて欲しい」と言うのは、《税金強盗》にして「欲しい」と言うに等しいのです。

>「軍産複合マフィアの手口を知って、民営化の美名に騙されないよう」
*このバカ(真理子)は、「軍」が公務員であり、浪費している税金を一部の産業が吸収している事の認識も無いのであり、軍隊=自衛隊を無くせば「軍産複合マフィア」も無くなるのです。

>「軍産複合体を潤す新たな戦争ビジネス、狙いは『 内戦 』」
*このバカ(真理子)は、大規模武力闘争『 内戦 』を、日本国内でも志向しているが;
日本国内で公務員に対して必要なゲリラ、テロ等の《戦い》は「軍産複合体」では無いのです。

>「新潟大地震を事前に知り、何十億円も金儲けしている謎の存在」
*このバカ(真理子)は、天変地異を「事前に知」る賭博オカルト狂なのです。

したがって『公務員ムダ論』の本質とは:
毎日の日常生活と、生存のできる条件を現在、問題にすれば良いのであり;

自分の生存や生活を公務員に支配されては、自分の人間社会では無く、公務員の社会であり、自分の人生と命は唯一であり代替は無いことを常に念頭に置く必要があり;

そして、戦争も大虐殺も全て人間の心を失った極悪非道で人非人の公務員の行為なのであり;

これからの民主主義政治とは、公務員を徹底的に糾弾することと、いかに巧妙に殺害、撲滅、減少するかを考慮すれば良いのであり;

資本主義と公務員全体主義(社会主義)についての最終的判断として、人間永続の条件とは、人間の心を失った人民殺害大規模組織の公務員を信頼するのではなく;

個々の人民の、人間の心を持った盛衰《自由》のある資本活動でなければならないのです。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存