ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[99] 高山 渚 さんのスレッド <官僚論・東大論
日時: 2009/08/29 20:24
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2900  日本の教育の見直し 
□投稿者/ 高山 渚 -(2008/02/10(Sun) 11:27:01) [ID:xRpRbi5Z]

親記事
引用
日本の教育は一日でも早く革命的改革が必要な国家事業だと私は思います。

日本の教育は入学試験に合格するための受験教育に過ぎません。そしてその弊害を象徴的に示す最近の新聞・雑誌の記事を二つあげてみます。

一つは、日経新聞でJFE(日本鋼管と川崎製鉄の合弁)が官需減少のため海外からごみ処理プラントを受注したところ受注に見合う技術レベルが追いつかず大幅の赤字損失を計上した。また石川島播磨重工の発電用ボイラーも荏原の廃棄物処理施設も結局、見積もりに見合う技術的裏づけがなく海外受注したものの解約や工事の遅れで大幅な損失を出しているというものです。

もう一つは、週刊文春の記事で、千名の女性からみた嫌いな大学アンケートで、1位東大176票、2位早稲田138票、3位慶応89標、4位京大29票で、その理由はいずれも「自分は頭が良いという自己中心的価値観」ということに集約され、いずれも自分の同門と群れを作っている(企業や官庁にはびこる学閥の原点)という指摘です。多くの大学卒がいる中で、京大は除外できても、上位3校は10%以上の人が不快に感じ、少なくとも尊敬されない人間集団であり、この国の難関校なるものの教育の実態を極めて良く示す証拠でもあります。

この一見全く無関係に見える現象こそが、喫緊に革命的な改善を加えなければならない日本の教育の姿を表しています。そして入学試験の点数の高さのみに関心を奪われた難関校の当事者自身が、入試点数が高ければ我が校は超一流と鼻を高くし、自分の学校の教育内容などどうでもよいという極めて愚かで低級な、これを愚劣と言いますが、愚劣人間によって日本の教育が荒廃させられていることを私たちは確認することができます。

最初の記事は、戦後の日本の高度経済成長を支えたものが高品質の製品製造を可能にした技術教育、職業教育を受けた技術者でした。しかし、この30年間の間に難関東大を頂点とする受験教育にこれらの生徒が巻き込まれ、内容のない大学教育の犠牲になったことを示しているのです。

日本の労働生産性を見ると、いまや先進30カ国中19位です。大学卒が多い第三次産業のサービス業は最下位なのです。しかし製造業の第二次産業がアメリカに次いで第2位なので、全体で19位にとどまっているに過ぎません。日本を支える産業が農業などの一次産業や製造業の2次産業であるのもかかわらず、受験名門合格を最優先させる教育改革などまさに狂気の沙汰であることを申し上げたいと思います。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.18 )
日時: 2009/08/29 21:07
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2386  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/10/08(Mon) 13:05:50) [ID:xRpRbi5Z]

Res82
引用
東大の学問について触れさせて頂きます。
日本人は独創性がないのでノーベル賞が取れないと言われた時期がありました。主に東大卒の評論家が言ったことですが、これが事実ではなかった例を挙げます。

ノーベル賞は1900年に創設されましたが、実はこの第一回受賞者の有力候補者の中に日本人がおりました。北里柴三郎です。彼は熊本医学校から東京医学校(東大医学部の前身)に入学しましたが、試験が苦手で卒業まで通常の倍の8年を費やしました。今なら東大の1次試験にも合格できないでしょうが、草創期なので入学することが出来たのです。卒業後、東大を追われるようにドイツのコッホの下へ留学します。コッホはパスツールと並んで細菌学の父と呼ばれる大学者ですがここでコレラ菌を発見し、ベーリングと共同で抗血清療法を発明しました。今なら誰でも知っている病原菌の抗体療法のことです。

ノーベル財団から日本の帝国学士院にその旨の照会があり、推薦書の要請がありましたが学士院は推薦状を書きませんでした。帝国学士院は言わずと知れた東大の牙城です。北里は日本医学界を代表する東大医学部と当時の軍医の最高峰でもあった森鴎外の学説と真っ向から対立していました。東大と森鴎外は日本人に多い脚気は細菌によると唱えていました。北里はそれを実験的に否定していたのです。

次は1910年の鈴木梅太郎のビタミンB1の発見です。これは脚気が細菌ではなく栄養素欠乏で起こる病気であり、ビタミンという栄養素を世界最初に発見したものでした。鈴木梅太郎は東大農学部出身であったため、またも医学部の森鴎外は農学者が病気治療につながる業績を上げることは絶対に認めたくなかったと伝えられ、鈴木梅太郎の受賞も消えました。

その次は1914年と18年の2回ノーベル賞候補になった野口英世です。彼の業績は申すまでもありませんが、梅毒スピロヘータの発見とその神経麻痺の因果関係の発見という、今でも目もくらむような業績でした。昨年のノーベル賞は胃のピロリ菌発見者が受賞しています。しかし野口は小学校から日本医科大の前身の医学校で勉強させて貰い、当時の試験制度で19歳にして医師国家試験に合格する神童でしたが、学歴と生来の女遊びが大好きという不良であったことから帝国学士院の推薦は貰えず、2度とも見送られました。彼は京都帝大からすぐに医学博士を授与されますが、東大は彼が世界的に有名になった後で不思議にも理学博士の学位を授与しています。つまり東大は彼を医師とは認めなかったのです。

何とも凄まじい学閥意識と人を見る目のなさでしょうか。試験秀才エリートともてはやす事は森鴎外のような優れた作家の目ですら曇らすのです。日本の科学研究は東大が独占する、いや他者にはやらせないという意識が確立されていました。ノーベル賞の先陣は戦後すぐ京都大の湯川秀樹によってなされました。学界を牛耳ってはみたものの東大主流にはノーベル賞クラスの研究は生まれなかったのです。

東大卒はソニーの前身に努めた江崎玲於奈が取りますが、東大ではなく、彼はアメリカIBMへ渡り、半導体の研究でノーベル賞を受賞したのです。当時、もう一人有力候補がいました。光通信や発光ダイオードの発明者である東北大の西沢潤一です。現在のノーベル賞候補の青色ダイオード発明者の徳島大卒中村修二に先駆けて赤と黄色の発明者ですが、江崎がまだ受賞する前の西沢の論文は東大主導の日本の学会では否定されていました。これもアメリカで高い評価を受け、江崎の受賞後に西沢は学士院賞を受賞しました。

科学研究は研究費がなければ出来ません。アメリカと日本の差は研究費の差と言われ。従って論文の発表数は研究費に比例するとも言われます。日本の学会で他を圧倒する研究実績を示す有力な方法は何でしょうか。そうです、研究費に差をつけることです。次に示すのは2004年度の朝日新聞の大学ランキングの資料です。資料では左2列のみ掲載されていました。

 科研費獲得ランク 論文数ランク  論文経費ランク
1位 東 大 185億6900万円   1位 東 大 3,661件  1位 阪 大 255万円/件
2位 京 大  94億4800万円  2位 京 大 2,972件  2位 東北大 274万円/件
3位 阪 大  71億6900万円  3位 阪 大 2,814件  3位 京 大 318万円/件
4位 東北大  69億500万円   4位 東北大 2,525件  4位 東 大 507万円/件

左の2つから、やはり東大はすごい、科研費選抜でも論文数でも他を圧倒しているという結論になります。しかしそれでは1論文の経費はどうかと言えば、右端のようにこの順位は見事に逆転するのです。東大は阪大や東北大の2倍もの金がかかっています。文部省と東大のみならず朝日新聞も一心同体になって国民を欺き続けて来た証拠です。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存