ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

突破者になったか ( No.65 )
日時: 2010/05/10 06:04
名前: 遂犯無罪 ID:dFWvEG8I

近時 再審無罪判決が続いている また過去の冤罪事件の見直しがされ 続々と再審請求が出されつつある
この検察・裁判所が包囲され情況は 手前味噌だが当方の事件に基因すると 出獄時から12年以上も思い続けてきた
被疑者 証人等の 供述証拠のみを有罪証拠とする 権力のでっち上げ  弾圧事件において  《調書の差し替え》《検事の証拠の偽造》を立証した本件は 司法を人民に取り戻す突破口となった

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100511-1.jpg.html
メンテ
裁判所の怪談 ( No.66 )
日時: 2010/05/10 20:11
名前: 遂犯無罪 ID:dFWvEG8I

墓場で四谷怪談 監獄で懲罰房 そして離人症検事とカルト検事  まだあった・・法廷では何も喋るなと口封じする手抜き国選弁護人 更に 被告人の利益よりも 裁判所に恭順な私選弁護人 
世の中に怖いものは多いが 精神科医が 本人の同意書もなく外科手術する・・これと全く同じことを 裁判所は国選弁護人選任でした 
この検事は離人症だと 心神喪失で情状酌量を訴えたのかな この検事さん実に運が悪いだけ
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/blog05.jpg.html
メンテ
これで何が判るのだろう ( No.67 )
日時: 2010/05/26 21:27
名前: 遂犯無罪 ID:juTACDb.

共同不法行為に拠る内縁関係の不当破棄・・虚偽告訴人の共謀を こんな情けない趣旨で始まった この訴訟は十数回の口頭弁論が開かれたらしい 本人訴訟でも弁論調書とは概ねこんなものだが 素人にはまるで暗号 
この9回期と10回期は原告尋問 次に二被告の尋問が4月と5月にされた

節穴節子こと中山節子裁判長は 証拠の評価を回避 更に 内縁関係にあったはともかく・・原告敗訴の政治的判決をした 先月に広島高裁から出戻って 立川家裁の総括判事になった さてこの仰天判決書を 初公開しましょうか
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100526.jpg.html
メンテ
どんなことをすると名誉毀損で実刑になるの? ( No.68 )
日時: 2010/05/31 00:15
名前: 遂犯無罪 ID:g./Pj5QI

名誉毀損で刑事告訴ってわりと成立しづらいですよね?
いつも思うのですが 民事裁判ならちょっとしたことでも 名誉毀損で訴訟問題になることも少なくはないと思いますが
いざ刑事裁判で実刑がくだるほどの名誉毀損って 一体どんなことをしたらなるのでしょう???

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100601.jpg.html
メンテ
濡れ衣 ( No.69 )
日時: 2010/06/04 10:47
名前: 遂犯無罪 ID:d/59Ypbw

裁判沙汰に関わると 必然的に疑心暗鬼・人間不信となります
先ほどに こんなものが届きました この方は行政相手に係争中です
まあ疑われるのは人格証拠からでしょうが 不快であります。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100604sjpg.html
メンテ
ちょっと理解できませんね ( No.70 )
日時: 2010/06/04 20:37
名前: 遂犯無罪 ID:d/59Ypbw

この市民団体は 裁判を正す会 設立から15年ほどになるかと
昨年末ごろの会報に 中井国家公安委員長からの礼状なるものが載りました
逮捕から14年が過ぎ 手持ちの資料からのHP掲載も終盤となり また居残っている誣告者を提訴した裁判は次回期の期日が未定など・・
また政局も波乱状態 公安委員長は閣僚でなく任期の問題もないかと 現政権下に於いて解決を図るべき司法犯罪です

>ちょっと理解できませんね
そうでしょう 朝のこのFaxに直ぐに抗議したのですが 今だに返信はありません そもそもFaxの発信先がどうのなんてことはおかしい 事件公表への合図です。
メンテ
弁護人は 何を知り怯えたのか ( No.71 )
日時: 2010/06/09 10:49
名前: 遂犯無罪

虚偽告訴を隠蔽すべく 起訴事実に触れず 争点を外す控訴事由とした 二審では公訴棄却と 訴追手続き打ち切りを主張すべきであった
判決時点でも絶対的控訴事由は余りあるほどにある そして決定的な弾劾証拠が照会請求で出た 釈放するしかない 
ところが弁護人が検事化して投獄を企てたのである 被告人に悟られないように この犯罪成立の構成要件に相当に焦心苦慮した様子である    


邪推と認定するからには そうした証拠が要る だから被告人尋問で供述証拠を捏造した 原田國男裁判長も当然に共犯者なのである
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100610.jpg.html
メンテ
日本の八百長裁判 ( No.72 )
日時: 2010/06/25 12:46
名前: 遂犯無罪 ID:M7n5PNYs

日本の刑事・民事裁判は高度に組織化された欺罔(インチキ・イカサマ)の制度です
司法警察官 検察官 裁判官 書記官 弁護士の騙しの手口を書証で証明しました

裁判はすべて事前に裁判官、検察官、弁護士が話し合いをして判決は事前に決まっている、デキレースだと聞いたのですが本当ですか???

裁判長と検察官は 弁護人を威圧してのトリック控訴事由 そして裁判官は論旨を量刑不当主張にする また検察官は誣告夫婦の被害者感情を陳述 こうして虚偽告訴事件を闇に葬った 日本の裁判は八百長なのです
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100625.jpg.html
メンテ
弁護士の存在 ( No.73 )
日時: 2010/06/27 13:45
名前: 遂犯無罪 ID:h44IiImQ

法的規制力のある第三者機関の監視管理が司法界にも不可欠です
私の事件の ことの始まりは内妻と警察関係者から受けた不法行為 これに相手方が警察を介在させ 職務違反行為で抑圧してきた 積年の性悪女への怨念と 少々の公益目的から 起訴されて事の是非を社会に告発しようとしたのです

ところが精密司法と思っていた刑事裁判は イカサマ手続きをする八百長裁判 これを刑事告訴しても 司法犯罪は受理捜査せず 訴追する機関はありません

当方にとっての事件解決は簡単至極であります ただ検面調書の本人署名を誣告者に検認させるだけで一件落着です
しかし偽造署名された誣告者を何度も提訴しても 国選代理人が就き 被告との弁論も適わず門前払い
更に国は虚偽dv被害者にして所在を隠す たまげたのは 面識のない♂がこの被害者申告をしていることです

これでは外圧に頼るしかありません やはり国連自由権規約委員会へに救済申し立てするしかありません しかし日本はこの個人通報制度に加入していない まずここから始めなくてはならない 願わずして社会運動家もどきになってしまった

但し 司法業界に無知な私の行動は蛮勇そのもので 突破しての解体屋に過ぎない これ以上は必要がない存在で むしろ邪魔である

百年に一度あるか否かの この果実を検証・改革するのは法律家です
満期出獄して 誣告者双方を提訴した代理人法律事務所の当時の所長は 現在に国民救援会会長となり また個人通報制度批准への活動をする国際人権活動委員会議長です
http://www.d-b.ne.jp/ooisi32/ooisijiken/jiken127.htm
さらに現所長は冤罪事件支援の前衛で活動しています

誣告幇助をさせられたのも弁護士ならば この解明に動くのも弁護士です
弁護士批判が難しいとはこのことです 峻別する冷静さが必要です
メンテ
郵政と裁判所の犯罪 ( No.74 )
日時: 2010/07/05 22:03
名前: 遂犯無罪 ID:x0cdEJ2A

ビックリ写真集の名の通り毎度に期待を裏切らないサプライズですが プロフィールを拝見したところ黒猫さんは科学者なのですか これも驚きました。
 
日本の法律はわざと小難しく装って社会科学とか云っていますが 空疎な内容を隠す欺罔そのものです これに気付いたのは刑事公判廷 起訴事実は時効完成事犯ゆえに公訴棄却主張をする積りでした。
ところが法廷検事・鶴田小夜子が読み上げた起訴事実は 起訴状にない貼紙の事犯 咄嗟のことで混乱したが 追起訴の意味が判って意見陳述しようとしたが結審されてしまった。 
二審では虚偽告訴を証明する弾劾証拠も出て釈放は必至で 徹底抗戦する積りが量刑不当の控訴事由に歪曲されてしまった。
 
近年の一連の訴訟沙汰は同じ事案を時間差を付けて進行する追試方式を執っています つまり法律が社会科学ならば同じ結論に至るかと しかしやはり裁判はイカサマでした 多少の射幸心も有っての訴訟沙汰ですが懲り懲りです 何はともあれ わがお粗末名損事件は日本版・ソーカル事件かと悦に入っています。
配達バイクの鞄の有無が当面の関心になりそうです。 
http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/07/post-233b.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存