ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.5 )
日時: 2009/09/06 17:08
名前: ボノボ

遂犯無罪さん、こんにちは

あなたが言う、「遂犯無罪」とは、

どんな定義になるのですか。

メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.6 )
日時: 2009/09/06 19:00
名前: 遂犯無罪

私の造語ですが、犯行自体は認めるが犯罪を構成する要件が阻却されて無罪主張できる・・というものです。
例えば沈没船から脱出しようと他者を排除するなど“緊急避難”に際しての犯行は罪にならない。
また名誉毀損罪でも不可罰とされるための要件
(1)事実の公共性
(2)目的の公益性
(3)事実の真実性

当時に性悪女の策謀から屋根無しの身になる危急存亡に この女と共謀するフリン男への抗議は“緊急避難”であると主張。
また防犯協会役員・警友会会員のこの男は警察情報の入手が出来 愛人からの別れ話に激昂して暴行 この愛人からパトカーを呼ばれた犯罪事実の摘示など 阻却される(1)〜(3)を具備しています。
これらから無罪主張を考えたのですが、一審は事実調(証拠調べ)なく実刑、二審では虚偽告訴を証明する絶対的控訴理由となる弾劾証拠が弁護人の照会請求で出たのにも関らず、
高裁は弁護人を威喝してこの証拠提出を阻止した。
この背景は虚偽告訴事件を隠蔽するのと原審の公判調書改竄の事実からです、たぶんこの時には高裁・検察・弁護人は検事面前調書の偽造は推知していなかった、
弁護人の控訴理由は構成要件阻却原因に拠る無罪主張・・防犯協会員の男は公人の立場であり 犯罪事実の摘示は社会性・公益目的故に無罪主張というトリックをしたのです。
防犯協会員が公人である筈はなく これを主張すれば学会の池田の“月刊ペン事件”のように7年余も要する、そして弁護人は法廷で「正義感あっての犯行」下獄への餞で法曹三者が意思一致してイカサマ刑事裁判をしたのです。

検事調書の偽造署名から帰納法でも演繹法でも調書裁判の崩壊を証明できる ことは簡単明瞭 須崎に本人署名を確認させれば宜しい。

メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.7 )
日時: 2009/09/06 19:14
名前: ボノボ

遂犯無罪さん、

わたしは、わかりましたが、一般の人には無理でしょう。

弁護士同士の意見交換でも、こんな話し方はしませんから、

もっと、支持されるような話し方が望まれますね。

日本の裁判は、言われる通りだと思います。

その原因を追究しているのが、わたしです。

メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.8 )
日時: 2009/09/06 19:36
名前: 遂犯無罪

ありがとうございます 事件をネットに挙げて3年半になります 当初は意見メールを求めたのですが嫌がらせすら無く集客目的のスクラップ訴訟でアクセス維持をしています。
今はアナライザーを切っていますが記事を挙げれば必ずアクセスは上がります 事件の全貌を知るのは誣告者を提訴した民事裁判に関った4人の弁護士です 当方は未だに蚊帳の外(最重要の訴訟記録が渡されていない)なのです。

これは民事結審に際して代理人から帰国要請されたときの返答です この時に代理人は完勝を信じて疑わなかった 何しろ二年の審理で被害者(被告)が提出したのは裁判所から言われた陳述書のみ 反論もされない裁判で裁判長は原告の証拠総ての評価を回避して被告勝訴にしたのです。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/gairyaku002.jpg.html

最も問題視するのは 刑事二審 虚偽告訴を証明する証拠が出たなら「公訴棄却 また一審に差戻し」を主張すべきです これ以外は無いのです。
ところが弁護人は構成要件阻却原因で真実性の立証を求めた 裁判所は真実性の立証を赦さない判決にした。
これが法曹三者のトリックと云うのです まあアホ風情ゆえに騙せると思ったのでしょうネ
メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.9 )
日時: 2009/09/07 06:44
名前: 遂犯無罪

やつらは現役です
一審のイカサマをしたのが現在 東京高裁刑事部総括判事・原田國男 抗議書を送付しましたが回答はありません。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/harada.jpg.html

一審の法廷検事 元最高検検事で今は富山地検検事正 これも求釈明書を送ったが無視です。
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000160902030001

二審で隠蔽工作をした元仙台高裁長官・佐藤文哉で公判調書改竄の前科がある 勲章を貰い学習院法科大学の教授となりその後にくたばった。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/fumiya.jpg.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%96%87%E5%93%89

因みに隠蔽幇助弁護人は白鳥麗子弁護士と事務所を開き現在は民事のみされているようです。
http://partnerslaw.jp/
メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.10 )
日時: 2009/09/08 13:10
名前: 遂犯無罪

虚偽告訴の手口
刑事事件とは総てハレンチ事件であるが 再審事件ゆえに知られたくない恥部をも明かさなければならない。
これが甲第2号証 当時の旅券の出入国記録の複写を証拠提出したが これを出せば弁護士の虚偽告訴幇助が証明されるゆえに没却したようだ。
検事調書の偽造署名から帰納法でも演繹法でも調書裁判の崩壊を証明できる ことは簡単明瞭 須崎に本人署名を確認させれば宜しい。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/090907.jpg.html
メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.11 )
日時: 2009/09/10 20:09
名前: 遂犯無罪

記者クラブの負担を発表者側に押し付けることができるのは発表者側が弱い立場にあるためでしょう。メディアは排他的な記者クラブを形成することによって情報の流通を独占的に支配し、発表者側に対して有利な立場を得ることが出来ます。記者クラブという仕組みを通してしか発表できない発表者側は悪く書かれないようにするため、彼らの機嫌をとらざるを得ないというわけです。
http://homepage2.nifty.com/kamitsuki/index.htm

被告・讀賣との争点は「オチンチンナショナリズムを打倒せよ!」 これは猥褻か 公益(防犯協会員)目的か 今も原告の主張は「真実を言い当てて妙なり」
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/yomiuri001.jpg.html
メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.12 )
日時: 2009/09/11 16:28
名前: 遂犯無罪

反論もできない須崎の陳述書では虚偽の書証を提出した 争うまでもなくこんなものを撒いても他者には意味不明 
これは佐藤登宅(須崎の潜伏先)に無言で投函しただけ 声での威喝はバカがすること 
未決控訴中に須崎は差押してこの譲受人は佐藤登 さぞかし怯え続けているだろう
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/090911.jpg.html
メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.13 )
日時: 2009/09/12 21:36
名前: 遂犯無罪

先ほどに13年前の春を回顧せざるを得ないことに遭遇しました 警察の留置所で米5sを万引きした男と同房になりました 彼は何故か黒のステージ衣装を着ており押し黙る彼から事情を訊きました。
彼曰く 音大出のピアニストだが近年のカラオケから生演奏が少なくなり食生に困窮しての犯行とか これを聞いて起訴猶予となった彼に友人から現金4万を届けて貰った。
この男は当方の一回で結審の裁判傍聴に来ていた 判決日も来た 満期出獄して知ったが一回の公判の情状証人に立った友人のN氏に当方からの依頼と偽り3万円を受取っていた こんな事は知らないからこのN氏から不信感を持たれた。

満期出獄してこの男・牛尾善昭の行方を住民票交付して捜した 牛尾は現金を差し入れたアパートを追い出され他所に移っていた この時に当方は裁判所脇の橋の下暮らしで越冬を迎える困窮時であった。
牛尾の部屋に押しかけたが狭い室内に描きかけの稚拙な油絵多数があった 不審に思い訊ねたところ今度は画家で売り絵をしていると言う こんな落書き売れず筈は無く二、三の古典の画家の名を挙げて聞いたがやはり知らない。

寸借詐欺を追及したところ逃げ出して寸借詐欺を追及したところ恐喝されたと高尾警察に駆け込んだ 留置所での詐欺を説明して被害者の情状証人に確認 これで牛尾の詐欺が証明されたが時効の完成
ごく近くのワンルームに居た 少額返還訴訟を起しこの訴状と牛尾善昭の住民票をアップする 虚偽告訴の及ぼす害悪から思いがけない新ネタができた。
一階の右から二室目 相場では5万ほどか 
http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=35.662914,139.314283&spn=0,359.997715&z=19&cbll=35.663094,139.314331&panoid=XtRLV0nTQKnMFeepV8ylkQ&cbp=12,98.52,,0,5&pw=2

それに比べおいらのアパートは月額2万8千円 月一でパトカーや救急車が来るこの辺では知れ処。
http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=35.666527,139.317388&spn=0,359.997715&z=19&cbll=35.666462,139.317428&panoid=HUXOStaRDbm3eLJH8Lo0rw&cbp=12,45.44,,0,3.73&pw=2

刑事二審の弁護人は・・初犯で懲役とは刑務所に送ることで被告人を悪くする
・・と情状酌量を求めたが事実である。
犯罪事件を見ると被害者と称する側への懐疑が先立ち 犯罪者に同情を寄せてしまう また刑務所で知り合った男と出所後に付き合ったが肉親を恐喝して縁切れになってしまった 塀の中では誰も極普通に見えるが外に出ると悪人に戻る 加害者の激越な被害者感情で懲役送りされた怨念は深い。
メンテ
Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.14 )
日時: 2009/09/12 21:50
名前: 遂犯無罪

八方塞
怒りを持続するのは辛く人格まで変えてしまうものです 先日に誣告者を提訴した民事訴訟記録の謄写をしました。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/090911.jpg.html

この保存は5年間ですが この記録を甲号証に4年前に民事での偽証を提訴したことから後1年は破棄されません。
司法権力犯罪がされた本件は法曹三者が意思一致して隠蔽を続けます 十数年前に検面調書の偽造を急進的な反権力組織に相談したところ 解決までには30年かかる・・冗談ではなさそうな背筋が凍りつく話です。

来週から証拠の標目にある供述証人を順次に事実確認申立に呼び出します この調停の印紙は離婚などの三倍ですが訴訟に比べれば格安です パクられる高額印紙は懲り懲りです。
しかし申立書を書き出して気がついたのですが 今回に申立をする相手の名 はチエとありますが戸籍では“チヱ”なのです。
在檻中の同囚に“大田”の姓がおり 外部から信書に“太田”この一点の違いから渡されなかった 同姓同名ということもありこれは当然です。
まあこれも事実確認にしたいのですが主旨が違えば確認事項も増えて印紙は二倍になるのです これは弁護士への事実確認調停で知りました もちろん調停申立に一抹の期待もないのですが わがHPを知る国民の極々少数の方々への架橋とするものです。


検察官適格審査会に審査申立をして6年近くなります この故意的不作為を行政訴訟に訴える予定です。
徒労の裁判沙汰も外圧・第三の権力の後押しがあれば希望は見えてきます 当方も数人の著述業の方に声を掛けたのですが尻込みされてしまいました 告発本ゆえ少しの法律の知識があれば解り易い資料から素人でも書けると思います 第三者の見た事件像にすべきです。
どうですか手持ちの資料総てお渡しします ヤクザ・防犯協会員(高裁で認定)と抗争2年半 誣告で投獄 出獄して復讐劇に至る15年の一大スペクタル
八王子版・モンテ クリスト伯 ノンフィクションにしてエンタメ   “潜入被告人”こんな表題辺りでどなたか書いて戴けませんか。

なお 的外れな控訴趣意書ですが偽装失踪女が詐欺者であるのは言及しています 
これは女の警察調書で約一千万の受理を認めた供述をしているからです。
しかしこの警察調書は証拠提出されていませんが民事訴訟記録にはありました。
訴訟に関った弁護士が事件の真相を握っていますが 虚偽告訴の代理人の存在が ネックになっているのは確かです。
suihanmuzai@infoseek.jp
Fax 050-3426-1224
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存